ネット銀行活用法

三菱UFJダイレクトとは?申し込み方法から解約方法までを徹底解説

三菱UFJダイレクト

三菱UFJ銀行には、三菱UFJダイレクトという年会費無料のインターネットバンキングサービスがあります。

ATMに行かなくても、振込や預金などの取引がスマホやパソコンで行えて便利です。

さらに、振込手数料が無料になる取引もあります。

申し込み方も解約方法もシンプルなので、三菱UFJ銀行の口座を利用する際は登録することをおすすめします。

三菱UFJダイレクトとは

スマホで振込

三菱UFJダイレクトとは、スマホやパソコンからいつでも取引ができるサービスです。

スマホ用アプリがあるので、隙間時間に振込をしたりするのに便利なネットバンキングサービスです(→ネットバンキングとは)。

特に、三菱UFJダイレクトは取り扱っている取引内容が多いので、忙しくてなかなか店舗に行けない人にもおすすめです。

主に取り扱っているサービス内容は下記のとおりです。

■日常的な取引

  • 残高照会
  • インターネット通帳(Eco通帳)
  • 振込・振替

ATMに行かなくても残高を確認したり、振込ができるので、忙しい人にとってありがたいサービスです。

他にも、預金ローンの取引も可能です。

■貯金に関する取引

  • スーパー普通預金(メインバンクプラス)
  • 定期預金
  • 外貨預金
  • 投資信託(個人型確定拠出年金iDeCoなど)
  • 住宅ローン
  • カードローン
  • カブドットコム証券の金融商品仲介

残高を確認して、お金に余裕があるから定期預金に回す…というふうに、手軽に預金ができます。

また、スーパー普通預金(メインバンクプラス)というサービスを利用すると、各種手数料が更に安くなります(詳しくは後述)。

他には、下記のようなサービスが利用できます。

■その他(決済など)

  • 三菱UFJ-VISA(クレジットカード)会員専用サービス
  • 税金・公共料金支払い(ペイジーなど)
  • 外国送金
  • モバイルSuica(おサイフケータイ)チャージ
  • 宝くじ購入(ロト・ナンバーズ)

このようにさまざまな取引ができることに加えて、三菱UFJダイレクトには振込手数料が安くなるというメリットがあります。

振込手数料を無料にする方法

0円

三菱UFJダイレクトに登録してネットバンキングから振込をすると、ATMを利用時より振込手数料が安くなります。

ネットバンキングとATMの振込手数料の比較は下記の通りです(店舗窓口で振り込む場合は、ATM使用時より高い振込手数料が必要です)。

■振込手数料(税抜)

手数料 ネットバンキング ATM(カード) ATM(現金)
同一支店宛(3万円未満) 無料 無料 200円
同一支店宛(3万円~) 無料 無料 400円
他支店宛(3万円未満) 無料 100円 200円
他支店宛(3万円~) 無料 100円 400円
他行宛(3万円未満) 200円 250円 400円
他行宛(3万円~) 300円 400円 600円

上記の通り、三菱UFJ銀行間の振込はすべて振込手数料が無料になります。

しかし、ややハードルは高いものの、他行宛の振込手数料も無料にする方法もあります。

他行の振込手数料も無料になる「スーパー普通預金」

銀行イメージ

他行の振込手数料も無料にする方法とは、冒頭で少し紹介したスーパー普通預金(メインバンクプラス)でステータスを上げるというやり方です。

スーパー普通預金(メインバンクプラス)とは、三菱UFJダイレクトに登録した上で取引条件を満たすと各種手数料が優遇されるサービスです。

もちろん年会費などは無料です。通常の普通預金から切り替えることも可能です。

スーパー普通預金は、毎月の取引内容によって3つのステージホワイトステージ・シルバーステージ・プラチナステージ)に分類されており、ランクが上がると優遇内容が増えていきます。

他行宛の振込手数料が無料になるのは、最も高いランクのプラチナステージですが、その他のステージでも手数料の優遇を受けられます。

ホワイトステージ

まず、最もハードルが低いホワイトステージでは、三菱UFJ銀行のATM手数料が何度でも無料になります。

ホワイトステージ

■優遇内容

  • 三菱UFJ銀行のATM利用手数料が0円(回数無制限)

■優遇条件(いずれか1つでOK)

  • インターネット通帳を利用
  • UFJグループのクレジッドカード利用料金の引き落とし
  • 預金残高10万円以上

インターネット通帳を利用するだけでも条件がクリアできるので、ネットバンキングだけでなく店舗ATM利用も便利になります。

シルバーステージ

次のシルバーステージでは、更にコンビニATMの手数料も無料になります。

シルバーステージ

■優遇内容

  • 三菱UFJ銀行のATM利用手数料が0円(回数無制限)
  • 提携先コンビニATM手数料が0円(月3回まで)

■優遇条件(いずれか1つでOK)

  • 給与受取(月10万円以上)
  • NISA口座の「投信つみたて」の自動振替
  • UFJグループのクレジッドカード利用料金の引き落とし
  • 預金残高30万円以上

月10万円以上の給与を受け取っていれば、給与口座に指定するだけでOKです。

NISA口座の振替を利用するだけでも条件をみたすので、投資をしている人にもおすすめです。

プラチナステージ

そして最もランクが高いプラチナステージになると、これまでの優遇に加えて他行宛の振込手数料が月3回まで無料になります。

プラチナステージ

■優遇内容

  • 三菱UFJ銀行のATM利用手数料が0円(回数無制限)
  • 提携先コンビニATM手数料が0円(月3回まで)
  • 三菱UFJダイレクトの他行宛振込手数料が0円(月3回まで)

■優遇条件(いずれか1つでOK)

  • 三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用
  • 借入残高500万円以上
  • 預金残高500万円以上

いわゆる大口顧客を優遇するサービスです。

定期預金などで500万円以上の貯金をする、もしくは三菱UFJ銀行でローンを組むと、ATM利用や振込時の手数料がほとんどかからなくなります。

三菱UFJダイレクトの申し込み方

女性

口座を持っている場合は、Webから最短3分で登録ができます。

■三菱UFJダイレクトの申し込み方(既に口座がある場合)

1.Webから申し込みフォームに記入(その際、通帳を用意)

2.1週間後、ご契約カードが郵送で届く

3.専用ページでご契約カードの裏の番号を入力し、お申込み完了

Web上で申込フォームに記入する際は、口座情報の確認が必要になるので、通帳を手元に用意しておく必要があります(通帳がない場合は別手続きが必要です)。

また、1の申し込みフォームに入力し終えたら、下記取引はすぐに利用できるようになります。

下記以外、たとえば振込などはご契約カードが届いて本登録をしてから利用できます。

  • 残高・入出金明細確認
  • 振替
  • 定期預金
  • 外貨預金
  • 投資信託

ちなみに、口座を持っていない場合は口座開設から始めることになります。

しかし、スマホの口座開設アプリから申し込むことができるので簡単です。約1ヶ月前後でキャッシュカードが届きます。

自宅でできる解約方法

三菱UFJダイレクトのネットバンキングの解約も、マイページから簡単に行うことができます。

■三菱UFJダイレクトの解約方法

マイページの「各種手続」(PCの場合は「すべてのメニュー一覧」)

ご利用口座(サービス指定口座)の登録・削除

ネットバンキングの解約手数料は掛かりません。

しかし前述の通り、三菱UFJダイレクトに登録しているだけで、スーパー普通預金の優遇対象になれるというメリットがあります。

ネットバンキングに抵抗がなく、特別な理由がないのであれば、登録しておいて損はないと思います。

提携ネット銀行「じぶん銀行」もおすすめ

じぶん銀行

もし店舗ATMにはあまり行かず、ネットバンキングを中心に利用するなら、ネット銀行もおすすめです。

三菱UFJ銀行は、携帯キャリアauを運営するKDDIと共同で「じぶん銀行」というネット銀行を立ち上げています。

じぶん銀行は三菱UFJ銀行への振込手数料が無料なので、ATMを利用する際も三菱UFJ銀行と同じように利用できます。

他行への振込手数料も最大5回まで無料になるなど、取引によっては三菱UFJ銀行より条件が良いです。

三菱UFJダイレクトと同じく、取引内容や額によってステージが上がるという仕組みです。

次は、じぶん銀行のお得な使い方に関する記事です。

ネット銀行についてはこちら

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る