三菱東京UFJ銀行のATM手数料・振込手数料を無料にする3つの方法

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行をメインバンクとして使っている人も多いと思います。

しかし、気になるのがATM手数料です。時間外手数料が取られたり、コンビニで出金をするとATM手数料も高くなってしまいます。

例えば飲み会の2次会に行く前や週末の予定など、お金が急に必要になる時に限って時間外手数料がかかったりしますよね。

三菱東京UFJ銀行のATM手数料は無料化できるのか

主婦

下記は、三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料表です。

三菱東京UFJ銀行のATM 入金 出金
8:45~21:00 0円 0円
それ以外の時間帯 100円+税 100円+税

ちなみに、提携先コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、E-net)で使った場合の手数料は以下のとおりです。

コンビニATM 入金 出金
8:45~18:00 100円+税 100円+税
それ以外の時間帯 200円+税 200円+税

1回あたりの時間外手数料は小さなものですが、年換算すると1年で利息以上のATM利用手数料を支払っていると思います。

逆に言うと、ATM手数料を無料にできれば大きな節約に繋がります。

今回は、三菱東京UFJ銀行のATM手数料を無料にする方法を5つ紹介します。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)で優遇を受ける

メインバンクプラス

三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金(メインバンク プラス)を使うと、取引状況に応じてATM手数料が無料になるなどの特典を受けることができます。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)の利用条件は、

の3つのうちいずれか1つでも条件を満たしていればOKです。つまり、多くの方がインターネットバンキング「三菱東京UFJダイレクト」(無料)に契約することで、スーパー普通預金(メインバンク プラス)が利用できるようになります。

※すでに初回登録が完了している場合、追加のお手続きは不要です。但し、、もしくは毎月末平日窓口営業日基準の預金残高等合計が1,000万円以上の方は、「三菱東京UFJダイレクト」のご契約および初回登録は不要です。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)には3つのステージがあり、それぞれ優遇特典が設けられています。

ホワイトステージの条件

  • インターネット通帳を利用する
  • 対象クレジットカード利用請求額の引落がある
  • 預金残高10万円以上

上記のうち、いずれか1つの条件を満たせばホワイトステージに昇格。

※対象となるクレジットカードはDCカード、NICOSカード、MUFGカード

優遇特典
三菱東京UFJ銀行の時間外ATM手数料が無料(つまり、三菱東京UFJ銀行のATMを使う限りは、いつ何回使っても手数料は0円となります)

昇格のポイント
紙の通帳を廃止してインターネット通帳に切り替えるか、10万円の預金がやりやすいと思います。

シルバーステージの条件

  • 給料受取口座に使う(月10万円以上の入金が必要)
  • NISA口座で投信積立を自動振替で継続購入する
  • 対象クレジットカード利用請求額の引落がある
  • 預金残高30万円以上

上記のうち、いずれか1つの条件を満たせばシルバーステージに昇格。

※対象となるクレジットカードはDCカード、NICOSカード、MUFGカード(スマート、イニシャル、ゴールド、ゴールドプレステージ、プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、ディズニー・デザイン、スヌーピーカード)、ICクレジットカード・スーパーICカード(クレジットカード機能)のみ

優遇特典
三菱東京UFJ銀行ATMの時間外手数料が無料、さらにコンビニATM利用手数料が毎月3回無料

昇格のポイント
三菱東京UFJ銀行を給与受け取り口座として設定するのが最もハードルが低いと思います。

プラチナステージの条件

  • 住宅ローンの借入残高が500万円以上
  • 預金残高500万円以上

上記のうち、いずれか1つの条件を満たせばプラチナステージに昇格。

優遇特典
三菱東京UFJ銀行ATMの時間外手数料が無料、さらにコンビニATM利用手数料が毎月3回無料、さらに三菱東京UFJダイレクト経由の他行あて振込手数料が毎月3回無料

昇格のポイント
頑張って500万円を貯めてください。。。

ATM相互利用ができる提携金融機関を利用する

イオン銀行

三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードが時間によって手数料無料で使えるのは、UFJのATMだけではありません。

ATM相互利用における提携がおこなわれている金融機関のATMで出金をした場合も、一部の時間に限りATM手数料が無料となっています。

平日8:45~18:00は無料
JAバンク、イオン銀行、三菱UFJ信託銀行、大正銀行

平日8:00~18:00は無料
十六銀行、愛知銀行、中京銀行、名古屋銀行、百五銀行

時間外や休日はATM手数料がかかってしまいますが、イオン銀行や三菱東京UFJ信託銀行のATMは使うシーンも多いと思います。

イオン銀行や三菱東京UFJ銀行では平日日中はATM手数料が無料だと覚えておくだけでも役立ちます。

デビットカードを使う方法もおすすめ

ATM手数料を無料にできるわけではありませんが、その他の方法としてデビット機能付きキャッシュカードを使う方法もおすすめです。

クレジットカードと同じように、お店やネット通販で「VISA」が使える場所で支払いに使うことができます。

クレジットカードは後日まとめて請求ですが、デビットカードは銀行口座からの即時引き落としなので、使ったお金がすぐに、手数料無料で三菱東京UFJ銀行の口座から引き落とされます。

ATMから現金を出金せずに買い物ができるので、三菱東京UFJ-VISAデビット中心の生活をするだけで、ATMに行く回数が確実に減ります

三菱東京UFJ-VISAデビットは年会費が1,000円+税必要ですが、

となっているので、デビットカードを積極的に使えば、実質無料で使うことが可能です。

コンビニATM中心ならネット銀行への切り替えも検討

ネット銀行

いかがでしたか?
三菱東京UFJ銀行はちょっとした工夫をするだけで、ATM手数料を無料にできます。

しかし、もしコンビニATMの利用が中心ならネット銀行への切り替えを検討してみても良いかもしれません。ネット銀行はコンビニATMの利用が無条件で無料となっているところも多いです。

例えば、ソニー銀行なら条件なしで毎月4回までATM手数料は無料です。auユーザー限定となりますが、じぶん銀行利用回数無制限で提携ATMが無料となっています。

イオンカードセレクト