楽天銀行フル活用!マネーブリッジのメリット・デメリット

マネーブリッジ

楽天銀行が提供している「マネーブリッジ」というサービスを使うと、普通預金金利を5倍に高めることができます

マネーブリッジの利用によって適用される優遇金利は、ネット銀行の中でも最高峰の高金利となります。

楽天マネーブリッジの優遇金利はマイナス金利影響下でも変わることなく、圧倒的な金利を提供し続けています

楽天銀行のマネーブリッジは完全無料で利用でき、デメリットはほとんどありません。利用すべきかしないべきかで迷ったら、間違いなくした方が良いと自信をもっておすすめできるサービスです。

マネーブリッジとは?

お得

マネーブリッジとは、楽天が運営しているネット証券「楽天証券」との連携サービスです。

マネーブリッジ(無料)に申し込む最大のメリットは「楽天銀行において特別優遇金利を受けられる」ことです。楽天銀行と証券の2つの金融サービスを使い「楽天グループのお得意様」となることで、金利を優遇してもらえると考えればわかりやすいと思います。

同様のサービスに、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金があります。

また、もう一つのメリットとして、楽天銀行の預金をワンクリックで楽天証券の口座に入金でき、株式や投資信託の購入代金に使うことができます。そして、株式などの売却によって得た証券口座のお金は、ワンクリックで楽天銀行の口座に戻すことができ、楽天証券から楽天銀行への即日出金をすることが可能となります。

これらの資金移動の際に必要な手数料はもちろん無料です。
銀行口座と証券口座の資金移動をスムーズに行うことができるというのも、マネーブリッジのメリットの一つです。

証券口座は使わなくても大丈夫

マネーブリッジの利用には楽天証券の口座開設(無料)が必須です。しかし、楽天証券の口座は開設手数料や維持費用などは一切かからないので安心です。

マネーブリッジを使うにあたっての条件も設けられていないので、株や投資信託に興味がなければ、証券口座は放置しておいてもOKです。

あくまでも、楽天証券口座を開設することだけが利用条件となっています。

マネーブリッジの登録方法

楽天証券に証券口座を開設(無料)

②楽天銀行に口座開設(無料)

③楽天銀行より「マネーブリッジ」の利用申込をおこなう。(登録無料)

この3ステップですぐに楽天マネーブリッジを利用することが可能となります。

リスクなし!元本保証なので安心

安心

マネーブリッジは、一般の普通預金や定期預金と同じく、預金保険制度(ペイオフ)の対象です。
つまり、元本保証で利用できます

株を買う必要もないので、資産が目減りすることもありませんし、楽天銀行や楽天証券がもし倒産してしまった場合でも、ペイオフによって普通預金と同様に、1,000万円までは保証される仕組みです。

マネーブリッジのリスクについて、もう少し詳しい説明は後述します。

マネーブリッジのメリット

マネーブリッジのメリットは金利優遇と楽天証券からの即日出金、この2つに尽きます。

定期預金を越えるマネーブリッジの優遇金利

金利アップ

マイナス金利が導入されたことで、普通預金金利はもちろん定期預金でもほとんど利息が期待できなくなりました。

しかし、楽天銀行のマネーブリッジはマイナス金利導入後もずっと変わらずに高金利を提供し続けています。

金利の高い銀行や定期預金を探さなくても、マネーブリッジを利用するだけで、どこの銀行にも負けないトップクラスの金利で資産を運用できるのは大きなメリットです。

定期預金と比較してみても、マネーブリッジの優遇金利の方が圧倒的に上回ります。

マネーブリッジの扱いはあくまでも「普通預金」なので、もちろん元本保証でリスクはありません。また、定期預金のように預金期間の縛りもないので、出金したい時にいつでも引き出せます。

利払いのタイミングは毎年3月末と9月末の年2回となりますが、運用期間は日割りなので流動的に入金・出金を繰り返していても確実に利息は積み上がります。

楽天証券と楽天銀行間の資金移動がスムーズに

スマホ

マネーブリッジのサービスの一つである「らくらく入出金」を使うことで、ワンクリックで楽天証券と楽天銀行の資金移動ができるようになります。

いずれの資金移動も24時間リアルタイムで行うことができ、また手数料も無料です。

銀行から楽天証券への入金には従来から「クイック入金」というものがありましたので、らくらく入出金によるメリットは薄いです。

しかし、楽天証券から楽天銀行への資金移動には「即日出金ができる」という大きなメリットがあります。

通常、楽天証券からの出金には3営業日程度の時間がかかります。連休などを挟むと証券口座から銀行への出金までに結構待たなくてはなりません。

しかし、マネーブリッジに登録しておくと楽天銀行への即日出金ができるので、その日のうちにATMから現金を出金したり、他の銀行への振込を実行することができます。

信用取引のリスクを軽減

株価暴落

「投資あんしんサービス」と呼ばれるものですが、これはメリットにもデメリットにもなるので、一概には良いとは言えません。というよりも、ここに楽天の狙いがあると言えます。

ちなみに、株式信用取引をしていない方にとっては無関係の話なので読み飛ばしてもらって構いません。

株式信用取引をしていると、保有株が大きく値下がりした時に証拠金維持率の低下や預かり金不足に陥る可能性があります。このような場合は、不足分を入金する「追証」が発生するのですが、この追証入金を楽天銀行から自動的に行えるというのが「投資あんしんサービス」です。

投資あんしんサービスによって、投資家は追証の不安をやわらげることができます。

このサービスがなぜ楽天にとってメリットがあるのかという点について説明しておきます。

株式市場が暴落すると、株式信用取引で追証を発生させる投資家が続出します。しかし、すべての投資家が追証を支払ってくれれば問題はないのですが、中には「払いたくても払えない」という方も少なからずいるわけです。

もちろん、楽天証券は追証を回収しますし、投資家には追証を支払う義務があるのですが、一度焦げ付いてしまったお金は回収が難しいというのが現実です。それに、株式市場が暴落すると、投資家は他の証券会社でも追証を発生させている可能性もあります。

そこで、そうした事態に確実かつ早期に追証を回収するために、「証拠金維持率の低下や預かり金不足によって追証が発生したら、すぐに楽天銀行の預金から回収させてもらいますよ」という契約をあらかじめ結んでおくのが、楽天側の狙いです。

楽天銀行を通じて高金利を提供しなければならない一方で、不測の事態に楽天証券はより確実に投資家から追証を回収できるというわけです。

もっとも、ここでの話は株式信用取引をしていない人には全く関係のない話ですし、リスクをコントロールしながら信用取引をしている分には気になるデメリットでも何でもありません。

マネーブリッジのデメリット

続いて、マネーブリッジのデメリットをまとめてみます。

といっても、マネーブリッジで預けているお金は元本保証ですし、「投資あんしんサービス」のデメリットについてはすでに説明したので、ほとんどデメリットはありません。

あえて言うなら、現金や投資資金を楽天証券と楽天銀行の中間となる「マネーブリッジ」に置いておかなければならないので、必然的に楽天銀行と楽天証券を使わなくてはならなくなってしまうということでしょうか。

デメリットといえば、その程度です。

楽天側のメリット

高金利を提供してでも、楽天がマネーブリッジのサービスを行う理由をまとめてみました。

楽天側にこれらのメリットがあるからこそ、マネーブリッジは提供されています。
逆に、楽天側のメリットを理解することで、マネーブリッジにリスクがなく、安心して使えるサービスだわかると思います。

楽天証券