ネット銀行活用法

みずほ銀行「MIZUHO Suica」がモバイルSuicaより向いている人とは

みずほSuicaイメージ

みずほSuicaは、カードを発行せずにSuica決済ができる電子マネーです。

今までは、クレジットカードがないとApple PayなどのモバイルSuicaが使えませんでした。

しかしみずほSuicaは、みずほ銀行の口座さえあればiPhoneでSuica決済ができます。

銀行口座から手数料無料でSuica決済ができる方法は今までなかったので、みずほSuicaはクレジットカードを持っていない人にもおすすめです。

もちろん通常のSuicaと同じく、電車の改札もiPhoneをかざすだけで通れるようになります。

電子マネーSuicaが使える店舗なら、チャージしたSuicaでショッピングも可能です。

MIZUHO SuicaをApple Payに登録すればクレジットカードと連動させることもできますが、どちらかというと銀行口座でSuicaを利用したい人向けです。

その理由もふくめて、みずほスイカのメリット・デメリットを解説します。

みずほSuicaとモバイルSuicaの違い

比較する女性

みずほSuicaは、従来の「モバイルSuica」とはまた別のサービスです。

みずほSuicaはiPhone向けサービスで、モバイルSuicaはiPhone・Androidで利用できるサービスです。

よって、iPhoneユーザーは「みずほSuica」と「モバイルSuica」を選べるようになりました。

みずほSuicaもモバイルSuicaも、エクスプレス登録で改札を通れるようになり、電子マネーとしてSuica決済が使える点などは同じです。

一番の違いは、チャージ方法です。

そこで、みずほSuicaとモバイルSuicaのチャージ方法を、下記の通り比較してみました。

■みずほSuicaとモバイルSuica(iPhone用)のチャージ方法比較

チャージ方法 モバイルSuica
(iPhone用)
みずほSuica
(iPhone用)
クレジットカード Apple Pay経由で可能
銀行口座から直接チャージ 一部有料 無料
オートチャージ ビューカード利用なら可能 ×
現金

みずほSuicaの一番のメリットは「銀行口座からの支払い」ができるという点ですが、実はモバイルSuicaも銀行口座からチャージすること自体はできます。

しかしモバイルSuicaは、銀行チャージをするたびに振込手数料がかかることが多いので、銀行口座からのチャージをメインにしたい人には不向きです。

みずほSuicaは、みずほ銀行の口座からのチャージを手数料無料でできます。

さらに、みずほWalletアプリでみずほSuicaを発行すると、自動的にApple PayのWALLETアプリにも追加されます(みずほWalletは、Apple Payと連動して利用するアプリです)。

Apple Payに登録しているクレジットカードからもみずほSuicaにチャージできるようになるので、「口座残高が足りない時は、クレジットカードで取り急ぎチャージ」という使い方もできます。

ただし、Apple PayはVISAカードでのチャージができないので、JCBMasterCardアメックスなどのクレジットカードを持っていることが条件になります。

その点、モバイルSuicaアプリはVISAをはじめとした主要クレジットカードがすべて使えるので、やはりクレジットカードメインでチャージしていきたい人はモバイルSuicaの方がおすすめです。

みずほSuicaのメリット

みずほSuicaには、銀行口座からチャージできる以外にもメリットがあります。

今まで現金主義だった人がもっと手軽に電車に乗れるようになるだけでなく、幅広い人が利用しやすいサービスとなっています。

銀行口座のみでSuica決済

通帳を持つ女性

前述の通り、みずほSuicaの最大のメリットは、銀行口座からの直接引き落としができることです。

イメージで言うと、「ATMからお金を引き出して、券売機からSuicaにチャージする」という手間をスキップして、銀行口座から直接現金をチャージするような感じです。

口座残高以上の支払いができず使いすぎの心配がないという点は、デビットカードと似ています。

みずほWalletアプリからSuicaの残高を確認して「そろそろチャージしなきゃ」と思ったら、そのままかんたんにチャージができるので、残高確認からチャージまでの操作が電車に乗っている間にすべて完結します。

個人的には、残高をアプリからすぐチェックできるという点も便利だと思います。

プラスチックカードのICカードだと残高を見るために券売機に行くのが面倒で、うっかり残高不足で改札に引っかかってしまう…というトラブルが起きやすいです。

アプリで残高がチェックできるようになれば、「そういえば、残高いくらだっけ?」と思った時にすぐチェックできるので、このような恥ずかしい経験を防ぐことができます。

「クレジットカードは使いすぎそうで不安」など、クレジットカードを登録できないことが理由でApple Payを使っていなかった人にとって、みずほSuicaは安心して使えるスマホ決済のひとつと言えます。

13歳から利用できる

親子

みずほSuicaは13歳から利用できるので、子供用にも使えます。

モバイルSuicaも12歳から利用できるものの、クレジットカードは18歳からしか発行できないので、子供がiPhoneを持っていたとしても現金チャージしかできません。

みずほSuicaは、「18歳未満でクレジットカードがまだ作れない」という人もスマホ決済が使えるようになったことで、新しい支払いスタイルを生み出したとも言えます。

その他、みずほSuicaを利用できる条件は下記のとおりです。

■みずほSuicaの利用条件

  • 日本国内在住
  • 満13歳以上
  • みずほ銀行の普通預金口座を持っている

みずほ銀行の口座開設は、18歳未満の場合は親権者が代わりにインターネット申込を行うことで口座開設が可能です。

もちろん銀行の支店でも開設できますが、忙しくて窓口に行けなくても問題なく口座開設できます。

また、名義人が20歳以上なら口座開設アプリからネット完結できます。

店頭に行かなくて済む上に通帳やキャッシュカードが1週間ほど早く届くので、大人の人はアプリからの口座開設がおすすめです。

Apple Watchでも使える

スマートウォッチ

みずほSuicaは、Apple Watchでも問題なく使えます。

みずほSuica登録時に、「◯◯のApple Watch」という発行先を選べるので、そこから同期設定をするだけでOKです。

iPhoneとApple Watch、どちらでみずほSuicaを使っても同じ機能が使えるので安心です。

みずほ銀行で利用していたサービスを引き継げる

みずほダイレクト

すでにみずほ銀行の口座を持っている人は、みずほSuicaにすぐ登録できるだけでなく、すでに使っている一部サービスを引き継ぐこともできます。

たとえば、総合口座1つの中で複数の普通預金口座を持てる「複数口座」サービスも、みずほSuicaで引き続き利用できます。

交通費の引き落としは「交通費用」の口座、買い物などは「日常使い用」の口座から引き落とすなど、今までどおり資金管理ができます。

みずほ銀行のインターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」も利用できるので、みずほ銀行ユーザーはスムーズにみずほSuicaを導入しやすいと思います。

モバイルSuicaに負けるデメリット

一方、モバイルSuicaでは利用できて、みずほSuicaでは利用できないサービスも一部あります。

下記3点のデメリットを見て「不便すぎる…」と思った場合は、モバイルSuicaも比較検討することをおすすめします。

オートチャージ機能がない

驚く男性

まず、みずほSuicaはオートチャージ機能がありません。

オートチャージ機能が使えるのは、モバイルSuicaにJR東日本が発行しているクレジットカード「ビューカード」を登録した時のみです。

みずほSuicaもApple Payに登録してあるクレジットカードから都度のチャージはできますが、2018年10月時点ではApple Payのシステム自体がオートチャージに対応していません。

この特徴はチャージの手間がかかるというデメリットでもありますが、Suica決済の使いすぎを防止できるというメリットでもあります。

みずほSuicaは、「クレジットカードでオートチャージすると使いすぎが心配だけど、銀行口座からのチャージなら残高以上使うことがないから安心」と思える人に向いています。

また、ビューカードを持っていない、もしくは新しくクレジットカードを発行したくない人にとっても、みずほ銀行の口座があれば利用できるみずほSuicaは利用しやすいです。

みずほWalletアプリからのSuicaチャージは数秒で完了するので、今まで券売機などで現金チャージをしていた人にとっては十分な時短になると思います。

定期券や特急券は購入はできない

通勤イメージ

みずほSuicaは、定期券や特急券、グリーン券などを利用することはできません。

定期券を持ちたい場合は、カード式のSuicaとダブル使いするか、モバイルSuicaを利用することになります。

特急券やグリーン券は別途購入することもできますが、新幹線によく乗る人にとっては手間かもしれません。

モバイルSuicaでは、これらのきっぷも合わせて購入することができるので、遠方へ移動するのに便利です。

もしくは新幹線によく乗る人は、普段の移動はみずほSuica+新幹線に乗る時は早割などの割引があるEX予約ICカード、という組み合わせで使うのも良いと思います。

Suicaカードからの移行はできない

手でバツを作る男性

すでにプラスチックカードのSuicaを使っていたとしても、みずほSuicaにデータを引き継ぐことはできません。

たとえばすでにSuicaカードで定期を購入していた場合、定期エリアはそのままSuicaカードを使い、それ以外の移動はみずほSuica…というように、併用することになります。

カード型のSuicaは、Apple PayのWALLETアプリに直接取り込むこともできるので、すでにカードを持っていてクレジットカード支払いでもOKな人は、WALLETアプリ利用でも良いかもしれません。

また、モバイルSuicaなら複数のSuicaカードを管理・使い分けすることもできます。

口コミからも見える、みずほSuicaの良い点・悪い点

口コミ

ネット上やSNSでもみずほSuicaの口コミがいくつかあり、そこからもメリット・デメリットが見えてきました。

まず、いい口コミから見てみます。

ICOCAは、関西で使用している人が多い交通系ICカードで、券売機でクレジットカードチャージできる「クイックチャージ」という機能があります。

しかし、クイックチャージは西日本でしか利用できないので、関東では現金チャージをする必要があるという難点があります。

みずほSuicaは、全国どこでもスマホから銀行口座チャージができるので、いろいろなエリアに出かける人にとっても便利です。

2018年10月から、セブン銀行ATMでSuicaの現金チャージができるようになりました。みずほSuicaも問題なくチャージできるようです。

駅の券売機などに行かなくてもコンビニでチャージができるようになったことで、セブンイレブンユーザーや現金チャージをする人にとって便利になりました。

一方、ネガティブな口コミとして「みずほ銀行のオンラインサービスがメンテナンスに入り、みずほSuicaも使えなくなった」というトラブルについての声も多かったです。

過去に、みずほ銀行のオンラインサービスがメンテナンスのため臨時休業になった時、アプリからのみずほSuicaチャージができなくなるという出来事がありました。

現金を持っていた人は現金で支払い、Apple Payにクレジットカードを登録している人はそこからチャージして事なきを得たようです。

キャッシュレス生活に慣れて現金を持ち歩かなくなる人も増えていますが、このような万が一の時は、現金やクレジットカードが役立ちます。

このようなオンラインサービスのトラブルは今後改善されていくとは思いますが、不安な人は財布は持ち歩いておいた方が安心かもしれません。

結論:みずほSuicaは現金派・ライトユーザー向け

発券機イメージ

みずほSuicaの特徴をメリット・デメリットともに見たところ、みずほSuicaは今まで現金チャージ派だった人たまに電車に乗る人におすすめのサービス、という印象でした。

すでにモバイルSuicaでクレジットカードチャージをしている人は、そのままモバイルSuicaを使い続けても問題ないと思います。

また、出張や旅行で頻繁に電車に乗る人にとっては、特急券が利用できないという点が不便に感じると思います。

■MIZUHO Suicaが向いている人

  • クレジットカードを使わずにSuicaを利用したい
  • 定期券として使う予定がない
  • 新幹線に乗る機会が少ない

もしくは、「クレジットカードのショッピング代と交通費を分けて管理したい」という人や、「基本は銀行口座からチャージをしたいけど、口座残高がない時はクレジットカードを使いたい」という人にも、みずほSuicaがおすすめです。

冒頭でも触れたとおり、みずほSuicaは銀行口座からのチャージが完全無料で利用できるのが、モバイルSuicaにない一番のメリットです。

その特徴に魅力を感じるのであれば、利用する価値はあると思います。

みずほユーザー以外はモバイルSuica+デビットカードという手も

カードとスマホを持つ女性

もし、後払いのクレジットカードはなるべく使いたくないという場合は、モバイルSuicaをデビットカードで使うという選択肢もあります。

デビットカードは、カード決済をしたら銀行口座から即時引き落としとなるので、みずほSuicaと同じ感覚で利用できます。

Apple PayのWALLETアプリではデビットカードの登録ができませんが、モバイルSuicaにはデビットカードが登録可能です。

よって、「デビットカードを登録したモバイルSuica」をApple Payに取り込めば、クレジットカードではなくデビットカードでSuicaが利用できるようになります。

デビットカードを発行している銀行はどこでもOKなので、みずほ銀行の口座を持っていなくてもみずほSuicaのような使い方ができます。

また、大手銀行のデビットカードの中には、利用代金に対して0.5%前後のポイント還元があるものも多いので、実質の値引き効果もあります。

たとえば、ネット銀行の中で口座開設数No.1の楽天銀行では、デビットカードのポイント還元率が1%と、クレジットカード並みに高いです。

楽天銀行はJCB・VISA両方のデビットカードを発行していますが、JCBデビットが年会費無料なので気軽に持ちやすいです(→楽天銀行のデビットカード詳細はこちら)。

その他、ポイント還元率が高いデビットカードは下記コラムでまとめています。


デビットカードについて知りたい人向け:
デビットカードとは?知っておきたい3つのメリット・デメリット

その他関連記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る