ATM手数料無料!みずほマイレージクラブの特典を知らないと大損します

みずほ銀行

みずほ銀行を使うなら、みずほマイレージクラブへの入会(無料)をおすすめします。

みずほマイレージクラブの入会に費用はかからないのですが、取引状況に応じてATM手数料無料を始めとした「うれしい特典」による優遇が受けられる可能性があります。

下記の条件を満たすだけで、みずほ銀行をネット銀行並にお得に使うことが可能です。

みずほ銀行のATM手数料を無料にする方法

お得

みずほマイレージクラブでATM手数料無料などの優待を受けるには以下の条件が必要です。

これらの5つの条件のうち1つでも条件を満たしていれば優遇が受けられます

条件1:口座残高10万円以上
みずほ銀行だけでなく、みずほ信託銀行やみずほ証券の残高も合算できます。

条件2:みずほマイレージクラブカードの利用
毎月ごとの判定なので、毎月1回はクレジットカード(みずほマイレージクラブカード)を使う必要があります。

条件3:投資信託・外貨預金・金銭信託・公共債・株式などがある
みずほ銀行・みずほ証券・みずほ信託銀行のいずれかで上記の運用商品を保有していること。

条件4:カードローンや住宅ローンの借入がある
みずほ銀行カードローンや住宅ローンなどでお金を借りている方。

条件5:NISA口座を開設する
みずほグループの金融機関でNISA口座を開設する。

大切なポイントなのでもう一度言いますが、上記のうち1つでも条件を満たしていればOKです。

個人的に最もハードルが低いのは10万円の預金残高を作ることかなと思います。

みずほマイレージクラブの特典がすごすぎる

嬉しい

上記の中の1つの条件を満たすだけで、非常に価値のある優遇特典が受けられます。

特典1:みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料
みずほ銀行とイオン銀行のATMに限り、いつ何回使ってもATM手数料が0円となります。

特典2:コンビニATMの利用手数料が毎月4回まで無料
みずほ銀行が提携しているセブン銀行、ローソン、E-netのコンビニATMは毎月4回まで無料です。

特典3:みずほ銀行・イオン銀行ATMとインターネットバンキングからの本支店あて振込手数料が無料
つまり、みずほ銀行同士の振込手数料が0円になるということです。この特典は、取引状況に応じてさらにグレードアップします。

特典4:カード発行手数料が無料
新規・切り替え・再発行時。

特典5:年間100万円のキャッシュカード不正利用補償
キャッシュカードが不正利用され預金が引き出されても、年間100万円までを補償。

ATM手数料が無料になるだけでも嬉しいですが、振込手数料も一部無料化されるのが、みずほマイレージクラブのメリットです。

他行あて振込手数料も毎月4回まで無料

預金残高

さらに、「特典3」については取引状況に応じてグレードアップします。

具体的には、他行あて振込手数料が毎月最大4回まで無料となります。ここまでいくと、ネット銀行よりも条件が良いかもしれませんね。

他行あて振込手数料が毎月1回無料の条件
・預金残高50万円以上(みずほ銀行だけでなく、みずほ信託銀行やみずほ証券の残高も合算)
・みずほ銀行またはみずほ証券にNISA口座を開設

いずれか1つの条件を満たすだけで、他行あて振込手数料が毎月1回無料に!

ポイント
NISA口座の開設や維持費用はかからないので、口座を作っておくだけでも優遇特典が受けられます。

他行あて振込手数料が毎月4回無料の条件
・みずほ銀行・みずほ証券・みずほ信託銀行のいずれかで、外貨預金・金銭信託・公共債・株式などがある
・住宅ローンやカードローンで借入をしている(みずほグループ)
・預金残高500万円以上(みずほ銀行だけでなく、みずほ信託銀行やみずほ証券の残高も合算)
・みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を年間100万円以上利用する

いずれか1つの条件を満たすだけで、他行あて振込手数料が毎月4回無料に!

ポイント
外貨預金や投資信託といった運用商品を買うのが最もハードルの低い条件だと思います。

別途申込が必要

WEB申込

みずほマイレージクラブを利用するには、別途申込が必要です。

みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」に登録をしていれば、ネットからすぐに申し込めます。みずほダイレクトを利用していない方は、申込書類を送付して、みずほマイレージクラブに入会することも可能です。

もちろん、みずほマイレージクラブは入会金や年会費は一切かかりません。

みずほ銀行に関する記事

イオンカードセレクト