信用格付けの見方

格付け情報の見方

一部のネットバンクにも、格付けを取得している銀行があります。

格付けの方法は各機関によって多少の違いはありますが、基本的に「英語と数字は若いほど評価が高く、AAA(トリプルエー)など、数が多いほど良い」というのは各社共通しています。

スタンダード&プアーズ(S&P)

スタンダード&プアーズ(S&P)

スタンダード&プアーズは、アメリカの大手格付け機関です。
S&Pの相性で知られています。

長期個別債務格付け

AAA 当該金融債務を履行する債務者の能力は極めて高い。S&Pの最上位の個別債務格付け。
AA 当該金融債務を履行する債務者の能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。
A 当該金融債務を履行する債務者の能力は高いが、上位2 つの格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化の影響をやや受けやすい。
BBB 当該金融債務履行のための財務内容は適切であるが 、事業環境や経済状況の悪化によって当該債務を履行する能力が低下する可能性がより高い。
BB、B、CCC、CC、C 「BB」、「B」、「CCC」、「CC」、「C」に格付けされた債務は投機的要素が大きいとみなされる。この中で「BB」は投機的要素が最も小さく、「C」は投機的要素が最も大きいことを示す。これらの債務は、ある程度の質と債権者保護の要素を備えている場合もあるが、その効果は、不確実性の高さや事業環境悪化に対する脆弱さに打ち消されてしまう可能性がある。
BB 他の「投機的」格付けに比べて当該債務が不履行になる蓋然性は低いが、債務者は高い不確実性や、事業環境、金融情勢、または経済状況の悪化に対する脆弱性を有しており、状況によっては当該金融債務を履行する能力が不十分となる可能性がある。
B 債務者は現時点では当該金融債務を履行する能力を有しているが、当該債務が不履行になる蓋然性は「BB」に格付けされた債務よりも高い。事業環境、金融情勢、または経済状況が悪化した場合には、当該債務を履行する能力や意思が損なわれやすい。
CCC 当該債務が不履行になる蓋然性は現時点で高く、債務の履行は、良好な事業環境、金融情勢、および経済状況に依存している。事業環境、金融情勢、または経済状況が悪化した場合に、債務者が当該債務を履行する能力を失う可能性が高い。
CC 当該債務が不履行になる蓋然性は現時点で非常に高い。
C 当該債務が不履行になる蓋然性が現時点で非常に高い場合や、契約条件に基づき支払いが繰り延べられている場合、発行体が倒産申請あるいはそれに類似した手続きを取っているにもかかわらず当該債務に支払いの不履行が発生していない場合に「C」が付与される。また、優先株や劣後債務、そのほかの債務で、発行条件に基づき現金支払いが停止されているもの、または、優先株が経営難に伴う債務交換(ディストレスト・エクスチェンジ)の対象となり、それに伴いその一部または全部が額面を下回る金額で買い入れられるか、あるいは他の証券と交換され、新たな証券の総合的な価値が元の債務の額面を下回る場合にも「C」が付与されることがある。
D 当該債務の支払いが行われていないことを示す。当該債務の支払いが期日通り行われない場合、猶予期間にかかわらず5 営業日以内に支払いが行なわれるとスタンダード&プアーズが判断する場合を除いて「D」を用いる。また、倒産手続きの申請などが行われ、当該債務の支払いが危ぶまれる場合にも用いられる。経営難に伴う債務交換(ディストレスト・エクスチェンジ)が実施され、それによって当該債務の一部または全部が額面を下回る金額で買い入れられたり、あるいは他の証券と交換され、新たな証券の総合的な価値が元の債務の額面を下回る場合も、当該債務の格付けは「D」に引き下げられる。
NR 格付けの依頼がない、格付けを確定するには情報が不十分である、またはスタンダード&プアーズが方針として当該債務に格付けを付与していないことを表す。

「AA」から「CCC」までの格付けには、プラス記号またはマイナス記号が付されることがあり、それぞれ、各格付けカテゴリーの中での相対的な強さを表します。

短期個別債務格付け

A-1 S&Pの最上位の短期個別債務格付け。当該短期債務を履行する債務者の能力は高い。当該短期債務を履行する債務者の能力が極めて高いとみなされる場合には、プラス記号(+)が付される。
A-2 当該短期債務を履行する債務者の能力は十分にあるが、最上位の格付けに比べると、事業環境や経済状況の悪化の影響をやや受けやすい。
A-3 当該短期債務履行のための財務内容は適切であるが、事業環境や経済状況の悪化によって当該債務を履行する能力が低下する可能性がより高い。
B 「B」に格付けされた短期債務は脆弱で投機的要素が大きいとみなされる。債務者は現時点では当該金融債務を履行する能力を有しているものの、高い不確実性を抱えており、当該金融債務を履行する能力が不十分となる可能性がある。
C 当該短期債務が不履行になる蓋然性は現時点で高く、債務の履行は、良好な事業環境、金融情勢、および経済状況に依存している。
D 当該短期債務の支払いが行われていないことを示す。「D」は、当該債務の支払いが、定められた猶予期間内に行われるとスタンダード&プアーズが判断する場合を除き、期日通り支払いが行われない場合に用いられる。ただし、定められた猶予期間が5 営業日を超える場合には、5 営業日として扱う。また、倒産手続きの申請などが行われ、当該債務の支払いが危ぶまれる場合にも用いられる。

格付けアウトルック

ポジティブ 格付けが上方に向かう可能性を示す。
ネガティブ 格付けが下方に向かう可能性を示す。
安定的 格付けが安定的に推移しそうであることを示す。
方向性不確定 格付けが上方にも下方にも向かう可能性があることを示す。
N.M. 格付けの方向性に意味がないことを示す。

格付投資情報センター(R&I)

格付投資情報センター(R&I)

国内の大手格付会社で、日本経済新聞社の子会社です。

R&I 格付けの詳細はこちら。

発行体格付け

AAA 信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
AA 信用力は極めて高く、優れた要素がある。
A 信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
BBB 信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。
B 信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。
CCC 信用力に重大な問題があり、金融債務が不履行に陥る懸念が強い。
CC 発行体のすべての金融債務が不履行に陥る懸念が強い。
D 発行体のすべての金融債務が不履行に陥っているとR&Iが判断する格付。

日本格付研究所(JCR)

日本格付研究所(JCR)

R&Iと並んで国内では大手となる格付け会社です。

長期発行体格付け

AAA 債務履行の確実性が最も高い。
AA 債務履行の確実性は非常に高い。
A 債務履行の確実性は高い。
BBB 債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性がある。
BB 債務履行に当面問題はないが、将来まで確実であるとは言えない。
B 債務履行の確実性に乏しく、懸念される要素がある。
CCC 現在においても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある。
CC 債務不履行に陥る危険性が高い。
C 債務不履行に陥る危険性が極めて高い。
LD 一部の債務について約定どおりの債務履行を行っていないが、その他の債務については約定どおりの債務履行を行っていると JCR が判断している。
D 実質的にすべての金融債務が債務不履行に陥っているとJCRが判断している。

格付けを取得しているネット銀行は?
格付けを取得しているネット銀行をご覧ください。

イオンカードセレクト