じぶん銀行のBIG付き定期預金は本当にお得なのか検証した結果

BIG付き定期預金

じぶん銀行が国内初となる「BIG付き定期預金」をリリースしました。

以前から、定期預金の景品として宝くじを提供している銀行は存在したのですが、景品にBIGを採用したのはじぶん銀行が初です。

定期預金のお得な金利で運用しつつ、BIGで夢の6億円も狙えるというのが触れ込みですが、BIG付き定期預金は本当にお得なのか?調べてみました。

そもそもBIGって何?

BIG

BIGはtotoと並んで人気のある「スポーツくじ」です。正式名称はスポーツ振興投票券「BIG」です。キャリーオーバー続出なので知名度はそこそこあると思います。(が私は買ったことがないです。。)

totoはサッカーの試合結果を自分で予測するサッカーくじです。一方で、BIGは同じサッカーくじでも試合結果の予測はコンピューターがランダムに行います。

当たり外れは完全な運なのですが、くじの結果を見るためにサッカーの試合結果を気にする必要があるということで「スポーツ振興投票券」と言われているんですね。

1等で3億円、キャリーオーバーで最高6億円が当たる夢のくじだけに当選確率は低いものの、これまでに300本近い6億円長者が誕生しています。

自分で数字を決める「ナンバーズ」と、コンピューターがランダムに数字を選ぶ「ロト6」の違いに例えると分かりやすいと思います。

BIGは1口300円で購入できます。最近はネットでの販売も増えてきており、

でも24時間購入可能です。

BIG付き定期預金の特徴

BIG付き定期預金

BIG付き定期預金は、定期預金の景品としてBIGがもらえるというものです。

満期は1年定期となっており最低100万円から、100万円単位で受け付けています。若い方にとっては少しハードルが高い定期預金ですね。

BIG付き定期預金を組んでから1年後に満期が到来し、その時にBIGが100万円につき1口もらえる仕組みです。

BIGは1口300円で買えるので、1年定期で得られる利息に+300円を足したものが、BIG付き定期預金の実質的な利息として計算することができます。

計算した結果、BIG付き定期預金は損であると判明

記事執筆時点での情報となりますが、じぶん銀行の1年定期とBIG付き定期預金を比較してみました。その結果、BIG付き定期預金は損であることが判明しました。。。

1年定期(金利0.050%)
100万円を預けた場合の利息:
税引き前利息で500円(税引き後は399円)

300万円を預けた場合の利息:
税引き前利息で1,500円(税引き後は1,196円)

BIG付き定期預金(金利0.012%)
100万円を預けた場合の利息:
税引き前利息で119円(税引き後は96円)+BIG1口(300円)
合わせて396円相当。

300万円を預けた場合の利息:
税引き前利息で359円(税引き後は288円)+BIG3口(900円)
合わせて1,259円相当。

※記事執筆時点の情報です。

いずれのケースでも、通常の1年定期預金で得られる利息を下回っていることがわかります。これだと、普通の1年定期で運用して、それで得られた利息を使って自分でBIGを買った方がお得になりますね。。。

少し意外な結果となりましたが、上記の比較で言うと結論としては「じぶん銀行のBIG付き定期預金は買うな」ということになってしまいます。

景品付き定期預金は損であることが多い

宝くじ

以前、宝くじ付き定期預金などの金利もチェックしてみたことがあるのですが、その時も同様の結果になったと記憶しています。

「景品付き定期預金」と聞くとお得に見えますが、実際は素直に普通の定期預金を組んでおいた方がメリットが大きくなるケースが多いです。

宝くじは1口あたり300円なので、それを加味した上での比較を行い、どちらがお得なのか検証した上で最適な定期預金を選ぶことをおすすめします。

税引き後の利息を踏まえた金利シミュレーターは、ネット銀行100の活用術が提供している「銀行金利 利息計算シミュレーター」がおすすめです。

私もいつも使っているシミュレーターなので、是非ご活用ください。

イオンカードセレクト