ネット銀行活用法

JAネットバンクで振込などがスマホ完結できる 手数料やアプリは?

JAネットバンク

JAバンクには、スマホなどから取引を行うことができるネットバンキングサービス「JAネットバンク」があります。

JAバンクの店舗に行かなくても振込残高照会ができるので、とても便利です。

JAバンクは農協(農業協同組合)などのJAグループで運営する金融機関ですが、農業関係者でなくても口座は開設できます。

JAネットバンクで可能な取引

スマホで振込

JAネットバンクでは、JAバンクで取り扱う取引の一部がネットで扱えます。

取引可能なサービスは下記の通りです。

JAネットバンクの取引内容
  • 残高・入出金明細の照会
  • 振込(振替)
  • サービス利用状況の確認
  • 税金・各種料金の払込「ペイジー」
  • モバイルレジ

残高照会や振込のために、わざわざJAバンクまで足を運ばなくてもいいので、便利なサービスです。

ATMで行う取引がネットで完結

ビジネスウーマン

通常、JAバンクで振込や残高照会をする際は、ATMに足を運ぶ必要があります。

しかし、JAネットバンクではこれらの取引がスマホやパソコンで完結するのが、一番のメリットです。

同じJAバンクの支店宛の振込なら、ほとんどのJAで振込手数料も無料で取引できます。

ペイジー(Pay-easy)対応

ペイジー

JAネットバンクから、ペイジー(Pay-easy)によるネット支払が利用できます。

ペイジーとは、税金公共料金などを24時間365日支払えるサービスです。

たとえば請求書にペイジーマークが付いているものなら、指定の数字を入力するだけで簡単に振込ができます。

携帯電話代、生命保険代、自動車税など、支払いに利用できるシーンが多種多様なのがペイジーの特徴です。

ネット支払「モバイルレジ」が利用できる

モバイルレジ

JAネットバンクからは、普段の通販などのお買い物で使えるネット支払サービス「モバイルレジ」も利用できます。

モバイルレジとは、株式会社NTTデータが提供しているコンビニ支払請求書などをネット支払できるサービスです。

モバイルレジのロゴがある請求書のバーコードを専用アプリでスキャンすると、JAネットバンクから支払いができます。

ネット通販や携帯電話の料金を支払う際に、コンビニやJAバンクの店舗に行かなくてもいいので便利です。

JAネットバンクはネット上で利用開始できる

携帯を操作する男性

JAネットバンクは、JAバンクの口座を持っていればネット上で簡単にサービス利用をスタートできます。

JAバンクの口座を持っていない場合も、店頭に行かずに口座開設を申請できるメールオーダーシステムもあります。

メールオーダーシステムから口座開設の申請をすると、申込書類が郵送で届くので、それを返送することでキャッシュカードと通帳を受け取ることができます。

近くにJAバンクの店舗がない人や、忙しくて店舗に行けない人も安心です。

JAバンクのメリット

通帳を持つサラリーマン

JAネットバンクに申し込むためには、JAバンクの口座が必要です。

つまり、JAネットバンクの利用を開始すると、JAバンクのサービスも受けることができます。

JAバンクでは、普通貯金定期貯金、投資信託など、他の銀行で扱っている金融サービスも各種取りそろえています。

特に、特徴的なメリットは下記3点です。

■JAバンクの口座を持つメリット

  1. ATM手数料が無料の金融機関が多い
  2. 地方に店舗が多い
  3. ローン系商品が充実

ATM手数料が無料の金融機関が多い

ATM

JAバンクは手数料無料のATMが多く、土日や夜間のATM手数料も100~200円と安めです。

■平日ATM手数料が無料になる金融機関

  • JAバンク
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • JFマリンバンク

※平日の夜間(18時~)は、JFマリンバンク以外100円+税の手数料が掛かります

※土曜は9:00~14:00の間、三菱UFJ銀行以外はATM手数料無料です

上記すべてのATM台数を合わせると、全国で約7万台のATMが手数料無料で使えることになります。

特に、JAバンクのATMだけでなく、コンビニATMをよく行く人にも便利です(→コンビニATM手数料が無料の銀行比較はこちら)。

地方に店舗が多い

日本地図

メガバンクとは対照的に地方にも店舗が多いことも、地方に住んでいる人にとってメリットになります。

店舗数の規模は、ゆうちょ銀行に次ぐ大きさです。

JAの性質上、農業が盛んな地方に店舗が多いので、家の近くにJAの店舗がある人にとってはとても便利です。

ローン系商品が充実

住宅ローン

JAバンクは、ローン系の金融商品の種類が多いことも特徴です。

■住宅ローンのローン商品

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • カードローン
  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • フリーローン
  • 農業融資

さまざまな生活シーンでJAバンクのローンが役に立ちます。

JAネットバンクのデメリット

一方、JAネットバンクのデメリットは下記3点です。

結論から言うと、他社のネットバンキングサービスに比べると機能的にややお取ります。

■JAネットバンクのデメリット

  • 振込手数料が高い
  • 貯金(預金)はできない
  • スマホアプリがない

振込手数料が高い

スマホを見る

各JAによって異なりましますが、JAネットバンクの振込手数料はやや高めです。

他行では、月何回まで振込手数料無料、などの優遇があるケースもありますが、JAネットバンクにはそのようなサービスはありません。

一例として、JA東京中央とJA大阪信連で比較してみました。

■3万円以上を振り込む場合の手数料(税抜)

手数料 JA東京中央 JA大阪信連
当JA同一店内宛 0円 0円
当JA他店宛 200円 200円
同都道府県他JA宛 300円 200円
都道府県外JA宛 300円 200円
他行宛 300円 400円

特に、他行宛の振込にかかる手数料は、他行と比べても高いです。

だからと言ってJAグループ内の振込手数料が安いかというと、そこまで安いというわけでもないのが残念です。

たとえば、JA東京中央からJA大阪信連(都道府県外のJA)に振り込んだ場合も、振込手数料が300円かかります。

同じ金融機関への振込が無料の銀行が増えてきていることを思うと、振込手数料は高いと言わざるを得ません。

スマホから振込ができるのは便利ですが、振込をよくする人は他のネットバンキングを利用した方が良いかもしれません。

貯金(預金)はできない

貯金箱

JAネットバンクでは、定期貯金などのサービスは利用できません。

たとえば、JAネットバンクで残高を確認して「少し余裕があるから定期貯金に回そうかな」と思っても、そのままネット上で定期貯金に移すことはできません。

この場合、ATMやJAバンクの店舗に足を運ぶ必要が出てきます。

スマホアプリがない

ネットバンキングサービスを持つ銀行では、専用のネットアプリを公開しているケースが多いです。

しかし、JAネットバンクにはスマホアプリがないので、ブラウザからマイページを確認する必要があります。

JAネットバンクのマイページはスマホ対応しているので、スマホで見る分にも見やすいです。

しかし、アプリでの取引に慣れている人にとっては、少し不便に感じるかもしれません。

ネットバンクをメインに使うなら他の銀行がおすすめ

スマホとパソコン

JAネットバンクのサービス内容を見ると、ネットバンクの利便性はやや物足りないかもしれません。

JAバンクの便利さは、ネットサービスよりむしろ店舗数・利用できるATMの多さにあります。

なのでJAネットバンクは、身近にJAバンクの店舗がある人やコンビニATMをよく利用する人が、補助的に利用するツールとして考える方が良いかと思います。

もしネットバンキングを主に利用するならば、サービス内容が多いメガバンクがおすすめです。

もしくは、メガバンクに負けないくらい充実したサービスを提供するネット銀行もおすすめです。

ネット銀行は、実店舗を置かないことで運営コストを削減し、手数料の安さなどでメガバンクよりお得なサービスを提供しています。

たとえば、他行への振込手数料が無料になるネット銀行も多くあります。

ネット銀行 関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る