ネット銀行活用法

SBIハイブリッド預金と楽天銀行マネーブリッジを比較してみた

SBIハイブリッド預金とマネーブリッジの比較

ネット銀行大手の住信SBIネット銀行楽天銀行は、ともに普通預金の金利が大幅アップする優遇サービスを扱っています。

住信SBIネット銀行はSBIハイブリッド預金、楽天銀行は楽天マネーブリッジという名称ですが、基本的な内容はまったく同じです。

銀行口座と証券口座を連携させることで、通常は金利が低い普通預金を定期預金並みの高金利で利用できるようになります。

どちらも無料で利用できるので、大きなデメリットがないのも大きな魅力です。

維持費もかからないので、証券口座を使わずに銀行口座を貯金用にして使ってももちろんOKです。

今回は、SBIハイブリッド預金とマネーブリッジのサービス内容の差を比較してみました。

まずはそれぞれの特徴をチェック

SBIハイブリッド預金とマネーブリッジの比較をするにあたって、まずはそれぞれの特徴を見ておきます。

どちらも、証券口座と銀行口座の開設が必要なことと、利用が完全無料ということは共通しています。

SBIハイブリッド預金

SBIホールディングス

SBIハイブリッド預金は、ネット銀行の「住信SBIネット銀行」とネット証券の「SBI証券」の連携サービスです。

SBI証券は口座数No.1のネット証券最大手なので、初めて証券口座を開設する人も安心して利用できます。

SBIハイブリッド預金を利用するには、住信SBIネット銀行とSBI証券の口座開設と連携が必要ですが、いずれも口座開設・維持手数料は完全無料です。

普通預金の金利がアップするのに加えて、銀行と証券の資金移動がスムーズに行えるようになります。

たとえば、住信SBIネット銀行の口座からSBIハイブリッド預金に「振替」を行うと、SBI証券の株式買付代金として利用できます。

株式の購入代金をすぐに確保できるようになるので、スピーディーな買い付けが可能です。

もちろん、SBI証券にて保有株を売却した際の利益を「振替」で銀行口座に移動することもできるので、株式売却益の出金もスムーズです。

「振替」は24時間手数料無料で、ワンクリックで完了する手軽さもありがたいです。

もし、株式投資に興味がなければ、SBI証券の証券口座はそのまま放置しておいても問題ありません。

住信SBIネット銀行のみを利用していてもコストは掛からないので、特にデメリットはありません。

SBIハイブリッド預金の利用手順
  1. 住信SBIネット銀行に口座開設
  2. SBI証券に証券口座を開設
  3. 住信SBIネット銀行から「SBIハイブリッド預金」へ利用申込

もちろん、SBIハイブリッド預金を利用する際も手数料はかかりません。

楽天マネーブリッジ

マネーブリッジ

マネーブリッジも、基本的にはSBIハイブリッド預金とまったく同じ仕組みです。

こちらは、楽天が提供しているサービスなので、ネット銀行「楽天銀行」と、ネット証券の「楽天証券」との連携サービスとなります。

楽天銀行に預けたお金をマネーブリッジに振替えることで、すぐに楽天証券での株式購入費に使うことができます。

楽天証券で保有株を売却した場合、証券口座の資金をマネーブリッジに振替えることで、すぐに楽天銀行から出金できます。

振替作業は24時間いつでも手数料無料で、ワンクリックで完了します。

ちなみに、楽天銀行のマネーブリッジは、すでに利用者数10万人を突破しています。

マネーブリッジの利用手順
  1. 楽天証券に証券口座を開設
  2. 楽天銀行に口座開設
  3. 楽天銀行から「マネーブリッジ」の利用申込

マネーブリッジの利用も完全無料です。

2つのサービスの違いを比較

比較

基本的に、SBIハイブリッド預金とマネーブリッジは同じサービスです。

しかし、金利や使い勝手、利回りなどには違いがあります。

両者の違いをまとめると、下記の通りです。

■SBIハイブリッド預金とマネーブリッジの比較
(金利データ更新日:2018/12/01

特徴 SBIハイブリッド預金 マネーブリッジ
最高金利 0.010 % 0.10%
口座タイプ 証券口座 銀行口座
入出金の方法 普通預金への振替が必要 振替なしで入出金OK
利払い 毎月複利 半年複利

両者の違いを一言で説明すると、SBIハイブリッド預金は証券口座扱いに近い存在で、マネーブリッジは銀行口座扱いになります。

そのため、取り扱いの方法が違います。

金利などのスペックも含めて、SBIハイブリッド預金とマネーブリッジのメリット・デメリットを比較してみました。

近年はマネーブリッジの方が高金利

金利

最近は、SBIハイブリッド預金の金利が下がってきていることもあり、マネーブリッジのほうが高金利です。

■SBIハイブリッド預金の金利
(更新日:2018/12/01

  • 100万円未満:0.010 %
  • 100万円~:0.010 %

■マネーブリッジの金利
(更新日:2018/12/01

  • 0.10%

マネーブリッジの金利は、メガバンクより高金利と言われるネット銀行の中でもトップクラスです。

定期預金並みの金利で普通預金を利用できるというのが、マネーブリッジの大きなメリットです。

定期預金と違い、満期を気にせずに貯金できるので便利です。

利回りが良いのはSBIハイブリッド預金

ビジネス

一方、預金金利の利回りが良いのはSBIハイブリッド預金です。

その理由は、マネーブリッジの利息計算が3月と9月の半年複利なのに対し、SBIハイブリッド預金は毎月複利で利息が増えていくからです。

SBIハイブリッド預金とマネーブリッジの金利が同じくらいの時は、SBIハイブリッド預金の方が利息を多く受け取れます。

利息の計算方法の違い

利息の複利とは、利払日ごとに元利(元金+利息)に対して利息がつくことを指します。

たとえば、100万円を金利1%で預けると利払日には101万円になります。そしてその後の利息は、101万円に対してさらに1%の利息がつきます。

利息計算を単利で行う預金だと、利息は利払日ごとに100万円に対してのみかかりつづけるので、長期運用するほど複利との利息さが広がります。

つまり、マネーブリッジは半年ごとに利息が複利で増えますが、SBIハイブリッド預金は毎月複利が増えていくということです。

このように、SBIハイブリッド預金は毎月、雪だるま式で利息が増えていきます。

よって、まとまった金額を長期的に運用すると、着実に利息を増やしていけます。

ただし、今はマネーブリッジの方が高金利なのでややメリットが薄いです。

今後景気に変動があり、SBIハイブリッド預金の金利がマネーブリッジと同水準になると、SBIハイブリッド預金の方がお得です。

利便性が高いのはマネーブリッジ

銀行ATM

普段使いという点では、マネーブリッジのほうが使い勝手が良いです。

なぜなら、マネーブリッジは銀行口座の普通預金扱いなので、直接入出金をできるからです。

楽天銀行のキャッシュカードで、マネーブリッジの普通預金からいつでも入出金をすることが可能です。

一方、SBIハイブリッド預金は証券口座に近い口座なので、直接ATMなどで入出金はできません。

SBIハイブリッド預金から出金をしたい時は、マイページで普通預金口座に振替をする必要があります。

これが意外と面倒だという人もいます。

また、証券口座なのでクレジットカードの引落口座口座振替にも利用できません。

一応、SBI証券のキャッシュカードを無料で発行すれば、SBIハイブリッド預金から出金できるようになります。

しかし、使えるATMの種類が少ない上に、5,000円からしか出金ができないなどの制限があります。

一方、楽天銀行のマネーブリッジは銀行口座扱いなので、これらのデメリットがありません。

楽天銀行のキャッシュカードの方が、日常的使いには圧倒的に便利です。

■SBIキャッシュカードと楽天銀行キャッシュカード ATMの取扱比較

特徴 SBI証券キャッシュカード 楽天銀行キャッシュカード
コンビニATM・駅ナカATM セブン銀行 セブン銀行、ローソン、イーネット、イオン銀行
銀行ATM ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
駅ナカATM ステーションATM「PatSat」、ビューアールッテ
入出金できる金額 5,000円~(1,000円単位) 1円単位(コンビニATMは効果が使えないので1,000円単位)

マネーブリッジならATMやで直接お金を出金することもできますし、クレジットカードの支払いや口座振替に使うこともOKです。

このような理由から、マネーブリッジの方が利便性が高いと言えます。

手数料が節約できるのはSBIハイブリッド預金

財布を持つ男性

しかし、日常使いにおいて、手数料の節約という麺ではSBIハイブリッド預金にもメリットが大きいです。

なぜなら、SBIハイブリッド預金を利用すると、振込手数料・ATM手数料の無料回数が増える「スマートプログラム」のランクアップ対象になるからです。

住信SBIネット銀行では、預金残高が多い人や取引が多い人に対して「スマートプログラム」という優遇サービスを提供しています。

下記のように、ランクによって優遇内容がかわっていくランク制の仕組みです。

スマートプログラム

SBIハイブリッド預金に残高があると、あと1つ取引条件を満たすだけでランク2に上がり、振込手数料が月3回、ATM手数料が月5回まで無料になります。

あと1つの条件は、たとえば簡単に満たせるものなら「給与振込口座に指定」などがあります。

さらに取引条件を満たすと、振込手数料・ATM手数料ともに最大15回まで無料になるというメリットは大きいです。

→住信SBIネット銀行やスマートプログラムの詳細はこちら

一方、楽天銀行も「ハッピープログラム」という似た優遇サービスがあります。

ハッピープログラムは、振込手数料・ATM手数料に加えて、楽天ポイントの獲得倍率が変わるという内容です。

しかし住信SBIネット銀行のように、マネーブリッジを利用していることはランクアップ条件になりません。

ハッピープログラムのランクを上げるためには、預金残高を増やすか、ATMや振込などの取引を多く行う必要があります。

しかし、最高ランクに上がっても振込手数料は月3回まで、ATM手数料は月7回までしか増えないので、住信SBIネット銀行にはやや見劣りします。

メガバンクと比べれば楽天銀行の優遇内容もとても魅力的ですが、ATMや振込などの取引が多い人にとっては住信SBIネット銀行の方がおすすめです。

たとえば、ネットオークションやフリマなどで他行宛て口座に振込をする機会が多い人にとっては、大きな手数料節約になると思います。

銀行口座か証券口座、どちらを重視するか

考える男性

SBIハイブリッド預金とマネーブリッジのどちらがおすすめかどうかは、銀行口座と証券口座のどちらをよく使うかによって異なります。

銀行口座をフル活用したい人にとっては、預金金利が高く入出金も手軽にできるマネーブリッジの方がお得感が大きいです。

マネーブリッジの預金金利は定期預金レベルの高さなので、貯蓄用口座として使うのにもおすすめです。

また、マネーブリッジで証券取引をすると楽天スーパーポイントも貯まるので、楽天ユーザーにとってのメリットも大きいです。

■楽天銀行マネーブリッジがおすすめの人

  • 金利重視で選びたい
  • ATMでも手軽に入出金をしたい
  • 楽天スーパーポイントを貯めたい

一方、SBIハイブリッド預金を提供する住信SBIネット銀行は、証券口座メインに使いたい人向きです。

株式の取引手数料などはSBI証券の方が全体的に安く、ネット証券最大手のSBI証券を使えるという安心感も大きいです。

入出金をするには、住信SBIネット銀行の普通預金口座への資金移動する手間はかかりますが、証券口座メインに使うならその機会も少ないかと思います。

住信SBIネット銀行の使い勝手については、ATM手数料や振込手数料が安いというメリットもあります。

特に、他行あて振込を多く利用する人にとっては、住信SBIネット銀行の方が便利かもしれません。

■住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金がおすすめの人

  • ネット証券最大手「SBI証券」の証券口座をメインに使いたい
  • 利回りを重視したい
  • 振込手数料を節約したい

SBIハイブリッド預金とマネーブリッジの詳細は、こちらもご参照ください。

各銀行の詳細はこちら

関連リンク

ページの先頭へ戻る