大和ネクスト銀行の「スウィープサービス」とは?

スウィープサービス

大和ネクスト銀行が「ダイワのツインアカウント」と題して提供している「スウィープサービス」をご存知でしょうか?

大和スウィープサービスは、人気の高い住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」や楽天銀行の「マネーブリッジ」と同様のサービスです。

具体的には、大和証券の証券口座と、大和ネクスト銀行の銀行口座を両方持つことで、資金移動がスムーズに行えるサービスです。

ただ、「SBIハイブリッド預金」や「楽天マネーブリッジ」のように、利用者に対して優遇金利を適用するなどのサービスをおこなっていないので、大和ネクスト銀行の利用者にはメリットが薄いサービスとなっています。

スウィープサービスのメリット

ダイワスウィープサービスには、メリットはありますがデメリットはありません。
ですので、メリットを感じられるようであれば、積極的に活用することをおすすめします。

ここでは、大和ネクスト銀行ユーザーから見た場合と、大和証券ユーザーから見た場合の2つの方向から、メリットをまとめました。

大和ネクスト銀行からみたメリット

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行を利用しているユーザーが、スウィープサービスを利用するメリットは1つだけです。

実は、たったこれだけです。。。

「SBIハイブリッド預金」や「楽天マネーブリッジ」の場合は、銀行・証券の両方の口座を持つことで金利が特別優遇金利が適用されるのでお得なのですが、大和ネクスト銀行の場合はそのような優遇サービスがありません。

ですので、大和証券の口座を使う予定がないのに、わざわざ証券口座を開設して、ツインアカウントでスウィープサービスを利用するメリットはほとんどありません。

大和証券からみたメリット

大和証券

逆に、大和証券を利用している方から見ると、スウィープサービスのメリットがあります。

証券口座に入っている資金(預かり金と言います)は、通常ですと自動的にMRF(マネー・リザーブ・ファンド・公社債投信)で運用される仕組みになっています。

MRFで運用している資金には分配金が支払われます。
株を買ってない状態の証券口座の預かり金(待機資金)も、銀行口座と同様に「分配金」という名目で「利息」がもらえるんですね。

しかし、スウィープサービスでは、MRFでの運用をおこなわずに、預かり金を自動的に大和ネクスト銀行の口座に移動させる(スウィープさせる)仕組みとなっています。

こうすることで、証券口座の預かり金をMRFで運用せずに、大和ネクスト銀行の普通預金として預けておくことができるのです。
もし株を買いたくなった場合は、上記で説明したように即日、大和ネクスト銀行の口座から証券口座に資金を戻すことができます。

■メリット1:高金利で運用できる
MRFの分配金利回りよりも、大和ネクスト銀行の普通預金金利の方が高く設定されています。
この記事を書いている2013年7月末時点では、金利は以下のようになっています。

よって、MRFで運用するよりも、大和ネクスト銀行に資金を移して普通預金として預けていたほうが、もらえる金利が大きくなるメリットがあります。

■メリット2:元本保証
MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は、公社債投信など、非常に安全な資産で運用されています。
ですので、元本割れを起こす可能性は極めて低いです。

しかしそれでも、MRFは100%元本保証されているわけではありません
逆に、銀行の普通預金は元本保証されています。(詳細はペイオフを参照

よって、リスクの観点から見ても、スウィープサービスを利用してMRFよりも、より安全な普通預金に預かり金を移動させておくほうが安全となります。

これら2つのメリットがあるので、大和証券を利用している人は、大和ネクスト銀行に口座開設をしてスウィープサービスを利用することをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

イオンカードセレクト