コンビニATMを手数料無料で使う2つの方法を極める

コンビニATM

コンビニATMは、24時間365日利用でき、街のあらゆる場所に設置されています。利便性が高く、利用する機会が多い方も多いと思いますが、入出金のたびにATM手数料がかかってしまうデメリットがあります。

しかし、コンビニATMを手数料無料で利用する方法は、大きく2つ存在します。

新生銀行を使う

新生銀行

新生銀行はリアル店舗とネット銀行を融合させたような銀行です。実店舗を構えてはいるものの、店舗数が少ないためネット銀行として利用している方が多いです。

新生銀行の特徴は「ATM手数料が完全無料」であることです。あらゆる場所のATMを使って、何度入出金しても手数料は一切かかりません。 (手数料が発生する金融機関でも、新生銀行が即日キャッシュバックにて対応してくれます)

以前は、新生銀行のデメリットとして利用できるコンビニATMの少なさがあげられていました。これまで、新生銀行のキャッシュカードはセブン銀行ATMでは使えましたが、ローソンやE-netと言った主要コンビニATMでは使うことができなかったのです。

しかし、この問題も現在は解消され、セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net(ファミマなどに設置)においても、手数料無料でATMが使えます。

手数料無料回数のあるネット銀行を使う

ソニー銀行

次に手数料無料でコンビニATMを使う方法は「手数料無料回数のあるネット銀行」を利用する方法です。

例えば、ソニー銀行は、「毎月4回までATM手数料無料」のサービスを提供しています。(入金取引は何度でも手数料無料

ソニー銀行の場合は、さらにセブン銀行とイオン銀行のATMでは何回入出金しても完全無料、その他のATMでは5回目以降も1回あたり手数料100円+税なので、非常にお得です。

使える提携コンビニATMも多く、前述のセブン銀行とイオン銀行の他に、「E-net(ファミマなどに設置)」、「ローソンATM」、「三菱東京UFJ銀行」、「三井住友銀行」、「ゆうちょ銀行」のATMが使えます。

毎月ATMを利用する機会が4回以内であれば、ソニー銀行をおすすめします。5回目以降も、イオン銀行ATMやセブンイレブンATMを利用すれば、手数料はかからずに使えます。

ATM手数料無料回数のあるその他のネット銀行

前述のソニー銀行のように、「ATM手数料無料回数」を付与している銀行は他にもあります。

ジャパンネット銀行
毎月1回まで無料。2回目以降も取引金額が3万円以上なら無料。セブン銀行、E-net、ローソンの3つのコンビニATMと、三井住友銀行、ゆうちょ銀行ATMに対応。
住信SBIネット銀行
ステージに応じて毎月2回~15回まで無料。入金手数料は何度でも無料。セブン銀行、E-net、ローソンATMの3つのコンビニATMと、イオン銀行、ゆうちょ銀行ATMが利用可能。
楽天銀行
基本的に手数料がかかるが、楽天ハッピープログラムの会員ステージが上位ランクになれば、最大7回まで無料になる。セブン銀行、E-net、ローソンの3つのコンビニATMと、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行、みずほ銀行ATM、PatSat、三菱東京UFJ銀行が利用可能。
じぶん銀行
毎月3回まで無料。入金手数料は何度でも無料。セブン銀行、E-net、ローソンの3つのコンビニATMと、三菱東京UFJ銀行が利用可能

E-net(イーネット)は主にファミリーマートに設置されているコンビニATMです。

まとめ

コンビニATMの設置台数シェアは以下の通りです。

ATM名称 設置台数
セブン銀行ATM 22,643台 (2016年6月末現在)
E-net 13,570台 (2015年5月末現在)
ローソンATM 11,270台 (2015年6月末現在)

セブン銀行」、「E-net」、「ローソンATM」、3つのコンビニATMで、全国のシェアをほぼ占めています。

つまり、これら3つのATMが使えるネット銀行なら、コンビニATMはほぼ制覇できているということができます。

3つのATMすべてに対応しているのは、「ソニー銀行」「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」「じぶん銀行」です。

この中で、ATM無料回数がしっかりしている銀行と考えると、やはりコンビニATMを無料で使いたい場合は、「新生銀行」か「ソニー銀行」を選択するのが良いと思います。

イオンカードセレクト