自己資本比率でネット銀行の安全性を比較する

ネット銀行の自己資本比率

ネット銀行は本当に安心なの?
そう考えている人は少なくありません。

銀行は「信頼が命」ですから、あまり名前の聞いたこともないようなネット銀行に大切なお金を預けることに対して、不安を抱く人も少なくないと思います。

そこで、財務健全性を図る指標「自己資本比率」を元に、ネット銀行の安全性を比較してみました。

自己資本比率とは?

「自己資本」とは、返済する必要がないお金のことです。つまり、会社を設立する時の「資本金」だったり、経営の結果生み出された「利益」などが自己資本にあたります。

企業は、自己資本と借入金によってビジネスをおこなっています。その、自己資本と借入金の比率が「自己資本比率」です。

自己資本比率を見ることで、借金に頼りきって経営している銀行なのか、自分たちの資金でまかなえている割合が大きい銀行かがわかるので、銀行の財務健全性を知る上で有効な指標となります。

BIS規制

金融の中核を担う銀行が破綻してしまうと、経済に大きな影響を与えます。メインバンクが破綻してしまった場合、私たちの生活にも大きな影響がありますね。

そこで、銀行を経営する上で自己資本比率に一定の水準を保つことを義務付けようという決まりが世界統一で策定されました。

海外に営業拠点を持つ銀行は、自己資本比率を8%以上に保たなければならない

これがBIS規制(国際統一基準)です。

また、国内だけで運営している銀行も、4%以上の自己資本比率を維持することが義務付けられています。

ネット銀行を自己資本比率で比較

それでは、ネット銀行の自己資本比率はどの程度なのでしょうか?

ちなみに、我が国最大の金融グループ「三菱東京UFJ銀行」の自己資本比率は、2015年3月時点で15.30%です。
国際基準を約2倍、国内基準を約4倍上回っているので、財務健全性の高い銀行と言えます。

1位:ジャパンネット銀行 – 39.84%

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の2015年9月の自己資本比率は、39.84%です。
国際基準を圧倒的に上回る水準です。

規模の違いこそあるものの、自己資本比率だけを見た場合「三菱東京UFJ銀行よりも安全な銀行である」といえます。

最新の情報はこちら。 →口座開設はこちら

2位:大和ネクスト銀行 – 29.28%

大和ネクスト銀行

大和証券の証券口座を持っている人だけが利用できる特殊なネット銀行。
自己資本比率は31.28%、申し分ありません。

最新の情報はこちら

3位:セブン銀行 – 19.7%

セブン銀行

単独で東証一部に上場しているセブン銀行。
自己資本比率は19.7%でした。

安定的な数値です。

最新の情報はこちら

4位:新生銀行 – 14.86%

新生銀行

ATM利用手数料が完全無料で人気の新生銀行。
自己資本比率は14.86%でした。

最新の情報はこちら。 →口座開設はこちら

5位:じぶん銀行 – 12.58%

じぶん銀行

じぶん銀行の2015年3月期の自己資本比率は、12.58%です。

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行とau(KDDI)が共同で設立したネット銀行です。
やはり高い財務健全性が維持されています。

最新の情報はこちら。 →口座開設はこちら

6位:ソニー銀行 – 11.72%

ソニー銀行

ソニーグループのネット銀行。
2013年度末の自己資本比率は、11.72%です。

このあたりがネット銀行の平均値になるのでしょうか。

最新の情報はこちら

7位:オリックス銀行 – 10.6%

オリックス銀行

オリックス銀行の2015年3月期中間時点の自己資本比率は、10.6%です。
国内だけで営業している銀行なので、国内基準の4%は大幅に上回っていますが、海外基準の8%に対しては、やや上回っている程度です。

最新の情報はこちら

8位:楽天銀行 – 10.22%

楽天銀行

楽天銀行は、国内最大の口座数を誇るネット銀行です。
2015年3月期中間時点の自己資本比率は、10.22%です。

イーバンク銀行時代は経営が危ぶまれていた時期もありましたが、楽天の子会社となったことで、業績も黒字化しています。

最新の情報はこちら。 →口座開設はこちら

9位:住信SBIネット銀行 – 8.89%

住信SBIネット銀行

ネット銀行の中でも人気の高い住信SBIネット銀行。
2015年3月期中間時点の自己資本比率は、8.89%です。

国際基準も上回る水準ですが、圧倒的な自己資本比率を誇るジャパンネット銀行と比較すると、財務健全性は劣ると言えます。

最新の情報はこちら。 →口座開設はこちら

10位:イオン銀行 – 7.9%

イオン銀行

イオン銀行の2013年3月期の自己資本比率は、7.9%です。
国際基準をギリギリ上回る水準ですが、もし何かあれば親会社のイオングループがなんとかしてくれるのでしょう。

最新の情報はこちら

まとめ

すべてのネット銀行が8%以上の自己資本比率を維持している結果となりました。
中でもジャパンネット銀行の39%は驚異的とも言えます。

ちなみに、万が一取引先銀行が破綻してしまっても、ペイオフという制度によって、1,000万円までの預金は保証されることになっているので安心です。

イオンカードセレクト