ネット銀行活用法

イオンカードセレクトとイオン銀行の組み合わせで得られる5つのメリット

イオン銀行とイオンカードセレクト

近年、イオングループのネット銀行「イオン銀行」のサービス拡充が広がっています。

利用できるATMの設置台数を拡大したり、お得な特典をどんどん追加したりと、ユーザーにとってお得度の高い銀行として成長しています。

特に、「イオン銀行口座+イオンカードセレクト」の組み合わせは、知る人ぞ知る超お得なネット銀行活用法だったりします。

イオン銀行とイオンカードセレクトを組み合わせると、どんなメリットがあるのかまとめます。

記事の最後には、イオン銀行の優待サービス「イオン銀行Myステージ」を、イオンカードセレクトを利用してお得に使う方法も解説します。

そもそもイオンカードセレクトって何?

疑問

イオンカードセレクトとは、イオン銀行のキャッシュカードとして使えるクレジットカードです。

通常のキャッシュカードにはクレジット機能は付いていませんが、イオンカードセレクトはイオングループのサービスがすべて一体型で入っているお得なカードです。

現在クレジットカード「イオンカード」を新規発行する人の約半数が、キャッシュカード機能付きのイオンカードセレクトを選んでいます。

1枚4役のイオンカードセレクトの機能

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、下記4枚分のカードの機能が1枚になった、1枚4役の多機能カードです。

■イオンカードセレクトの機能

  • イオン銀行のキャッシュカード
  • 年会費無料のクレジットカード
  • 電子マネーWAONカード
  • お客さま感謝デー5%OFFの優待カード

銀行ATMに入れればキャッシュカードとして使えて、お客様感謝デーの日に買い物する時は5%オフの優待カードにもなります。

さらにお買い物時に「Visaで」と言って渡せばクレジットカード支払いができ、「WAONで払います」と言えば電子マネーWAON決済ができます。

また、クレジットカードで決済してもWAONで決済をしても、ポイントがどんどん貯まるのも魅力です。

イオンカードセレクトで貯まるポイント

イオンカードでは、クレジット決済をすると「ときめきポイント」、WAON決済をすると「WAONポイント」と言うポイントが貯まります。

どちらも支払代金のうち200円につき1ポイントが貯まり、貯まったポイントは買い物時の割引などに利用できます。

しかしWAONポイントの還元率は、イオンカードでオートチャージをすればポイント2重取りができるので、100円につき1ポイント(実質還元率2倍)にすることも可能です(詳しくは後述)。

無料のクレジットカードとしてもメリットが大きいイオンカードセレクトですが、個人的には「銀行との連携によって得られる特典」に大変魅力を感じます。

イオン銀行とカードの組み合わせで得られるメリット

どうしても「クレジットカードは持ちたくない」という人は、あえてイオンカードセレクトを選ぶ必要はありません。

しかし、イオンカードセレクトは年会費無料なので、クレジット機能付きでも良い方ならこちらを選んだほうが確実にお得です。

クレジット機能を全く使わなくても維持費がかからないので、キャッシュカードとしてだけ使っても問題ありません。

イオン銀行とイオンカードセレクトの組み合わせで得られるメリットをご紹介します。

WAONが二重取りできる

WAON

イオンカードセレクトでWAONオートチャージを設定すると、チャージ金額に対して0.5%のポイントバックが受けられます。

この特典を利用すると、WAONの二重取りができます。

WAONで支払う時のポイント還元率も0.5%なので、オートチャージしたWAONで支払いをすると実質ポイント還元率は1%になります。

イオンカードセレクトを使うだけでWAONポイント還元率が2倍になるので、非常にお得です。

給与振込に指定すると毎月10WAON

書類を確認する男性

給与振込口座にイオン銀行の口座を指定すると、毎月10WAONがもらえます。

もし会社やアルバイト先から給料の振込先銀行口座を指定されていないなら、毎月の給料の振込口座をイオン銀行に変えておくとお得です。

この特典も、イオンカードセレクト会員だけの限定特典となります。

公共料金の口座振替ごとに毎月5WAON

光熱費

ガス代や電気代などの光熱費、電話代やNHK代金の口座振替支払いをイオン銀行口座で行うと、1件につき5WAONまもらえます。

■5WAONがもらえる公共料金

  • NTT西日本・NTT東日本、KDDI
  • au、docomo、Softbank
  • 東京電力、関西電力、中部電力、北海道電力
  • 東京ガス、東邦ガス
  • NHK

たとえば、NHK利用代金と電気代、スマホ代をイオン銀行から引き落としにすると、毎月15WAONが自動的に貯まります。

年会費無料のゴールドカードにグレードアップ可能

イオンゴールドカードセレクト

イオンカードセレクトで年間100万円以上のショッピング利用をすると、年会費無料でゴールドカードにグレードアップできます。

イオンカードセレクトのゴールドカードを、イオンゴールドカードセレクトと言います。

通常のイオンカードセレクトの機能はもちろん、下記3点のサービス拡充ができます。

■イオンゴールドカードセレクトだけの特典

ショッピングセーフティ保険の拡充
イオンゴールドカードセレクトで購入した商品が事故などで損害を受けても、購入から180日以内なら5,000円~300万円まで無料で保証してもらえます。
(通常のイオンカードセレクトだと、保証額の上限が50万円)
旅行損害保険が付帯
イオンカードセレクトにはなかった、国内・海外旅行の損害保険が無料で付帯します。
旅行先でケガや病気をした場合、最高3,000万円まで保証してもらえます。
イオンラウンジサービスが利用できる
空港など全国に用意されている特別会員限定のラウンジが利用できます。
ラウンジではドリンクサービスなどを受けることができます。

クレジットカードを年間100万円利用するには、毎月8万~9万円の利用が必要です。

イオンカードセレクトをメインのクレジットカードとして利用すれば、手が届く範囲かと思います。

年会費無料のゴールドカードを提供している金融機関は少ないので、ゴールドカードを無料で気軽に持てるのは大きなメリットだと思います。

イオン銀行Myステージのランクアップにも便利

積み木とカレンダー

イオン銀行には、取引内容に応じて優遇内容が変わる「イオン銀行Myステージ」という特典サービスがあります。

イオンカードセレクトを持っていると、このステージのスコアアップにも役立ちます。

ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナという4段階のステージに分かれており、取引によってたまったスコアによって翌々月のステージが決まるという仕組みです。

最高ランクのプラチナステージまでいくと他行ATM手数料・振込手数料が月5回無料になるだけでなく、普通預金の金利が年0.12%と、業界トップクラスの高金利になります。

■イオン銀行Myステージ 優遇内容

ステージ 他行ATM手数料 他行宛振込手数料 普通金利(年)
プラチナ
(スコア150点~)
月5回無料 月5回無料 0.12%
ゴールド
(スコア100点~)
月3回無料 月3回無料 0.10%
シルバー
(スコア50点~)
月2回無料 月1回無料 0.10%
ブロンズ
(スコア20点~)
月1回無料 0.05%
なし
(スコア20点未満)
店頭金利

しかし、プラチナステージに行くためには、大口の取引をしないと難しいです。

しかし、2段階目の「シルバーステージ」なら比較的簡単に到達でき、かつ継続することも可能です。

参考:イオン銀行Myステージのスコア配点一覧

シルバーステージを維持する方法

電卓

シルバーステージになるためには、イオン銀行Myステージのスコアを50点獲得する必要があります。

比較的ハードルが低く、継続してスコアを取りやすいおすすめの取引は下記

■イオン銀行Myステージ おすすめのスコアアップ取引

  • イオンカードセレクトの契約(10点)
  • イオンゴールドカードセレクトの契約(40点)
  • インターネットバンキングの登録(30点)
  • 給与受取口座に指定(30点)
  • WAONオートチャージの利用(10点)

たとえば、月々の利用額にかかわらずシルバーステージを維持したいなら、下記の取引がおすすめです。

■月々の利用額に左右されずにシルバーステージになる取引

  • インターネットバンキングの登録(30点)
  • 給与受取口座に指定(30点)

インターネットバンキングも給与受取口座も、最初に設定しておくだけでOKなので、カード決済が0円の月があっても大丈夫です。

もし給与受取口座にイオン銀行を指定するのが難しければ、下記2つの組み合わせもありです。

■カード利用額が大きい人向け シルバーステージになる取引

  • イオンゴールドカードセレクトの契約(40点)
  • インターネットバンキングの登録(30点)

年間100万円以上のカード決済をしてイオンゴールドカードセレクトを持てば、それだけでスコアが40点になります。

■WAON決済を使う人向け シルバーステージになる取引

  • イオンカードセレクトの契約(10点)
  • インターネットバンキングの登録(30点)
  • WAONオートチャージの利用 (10点)

また、イオンカードセレクトでWAONオートチャージをした月は20点が加算されるので、WAONを利用するならオートチャージ設定がおすすめです。

たとえば、毎月2,000円ほどWAONを使うなら「残高1,000円未満になったら1,000円をオートチャージ」という設定にしておけば、毎月必ず1回はオートチャージされる計算になります。

ページの先頭へ戻る