ネット銀行活用法

銀行預金で年利1%以上を実現する方法 おすすめできる6つの資産運用

年利1%

低金利時代の現在、銀行に預金をしてもほとんど利息は期待できません。

しかし、ほんの少しの工夫をするだけで、銀行預金で年率1%の収益を得ることは可能です。

銀行預金で年利1%以上の金利を得るために、どんな方法があるのか考えてみした。

年利1%のすごさ

女性

年利1%は、100万円預けると毎年1万円の利息がもらえることに相当します。毎年1万円の不労収入が得られるだけでも家計を大きく改善する力になります。

また、複利が効きますので、100万円を年利1%で30年運用した場合、その額は134万7,000円となり、実に35万円近い収入が、金利によって得られるのです。

こちらの複利計算シミュレーターを使って、目標とする年率リターンを試算した後に、1%以上の利回りが得られる預金方法を考えてみましょう。

複利計算シミュレーター

元金

金利(年)%

運用期間

グラフ
計算結果一覧を表示する

計算結果一覧

では、実際に実践する人が多い下記6つの貯蓄方法で、どの方法が年利1%以上を実現できるか解説していきます。

■主な貯蓄方法

  • 預金金利の高い銀行に預金する
  • 長期定期預金を組む
  • 特別キャンペーン金利を利用する
  • 長期国債を買う
  • 外貨預金をする
  • 外国債を買う

結論から言うと、上記の中で長期国債・外貨預金・外国債の3つなら利息1%超えは可能です。

しかし、それらの方法は元本割れのリスクが出てくるので、デメリットもしっかり知った上で運用することをおすすめします。

元本保証で堅実に貯蓄をしたいのであれば、ペイオフ制度(1,000万円までの預金を保証)がある銀行預金がおすすめです。

具体的に、それぞれの特徴を解説します。

預金金利の高い銀行に預金する

金利アップ

最初に思いつくのは、少しでも金利が高い銀行に預金することです。

特に、一般的な都市銀行やメガバンクと比較して、ネット銀行は金利が高い傾向にあります。

参照:ネット銀行の普通預金金利を比較

特におすすめしたいのが、楽天銀行のマネーブリッジのような証券口座との連携サービスです。

このような証券口座・銀行口座の連携サービスを「スウィープサービス」と言い、普通預金を優遇金利で利用できるようになります。

たとえば、楽天銀行の通常の普通預金金利と「マネーブリッジ」優遇金利を比較すると、下記の差があります。

楽天銀行 普通預金の金利比較

▼マネーブリッジ
0.10%

▼円普通預金
0.02%

(更新日:2018/09/01

楽天銀行の普通預金の金利もメガバンクなどに比べると高めですが、上記の通りマネーブリッジを活用すると定期預金レベルの金利で運用ができます。

楽天銀行のマネーブリッジは、無料の証券口座を開設・連携するだけで優遇サービスを受けられます。

年率1%には届きませんが、これだけでも他の人よりも有利な金利で運用することが可能です。

また、円普通預金・円定期預金には「元本保証」という圧倒的な安心があります。

預金1,000万円までならペイオフの対象となるため、安全性も100%です。

ちなみに、スウィープサービスは楽天銀行以外にも、下記のネット銀行が扱っています。

■スウィープサービス(金利優遇)を展開しているネット銀行

いずれも口座開設や連携設定は無料でできますが、優遇金利が一番高いのはGMOあおぞらネット銀行の「証券コネクト口座」です。

長期定期預金を組む

定期預金を考える夫婦

定期預金も安全に「年利1%」を得るための近道です。

途中解約をしてしまうと当初の預金金利が大きく減額されてしまいますが、元本保証という部分は変わりません。

普通預金と同様にペイオフの対象なので、元本割れのリスクなしで安全に運用できます。

定期預金は、満期が長期間になるほど金利が上がります。

余裕資金であれば、5年定期10年定期を組んでみるのもよいでしょう。

しかし、現状では定期預金よりも「マネーブリッジ」のような普通預金金利の優遇措置の方が利率が高い状況です。

最新のネット銀行定期預金金利については、「10年定期預金はちょっと待て!高金利ランキング」という記事をご覧ください。

特別キャンペーン金利を利用する

ひまわりを持つ女性

銀行によっては、「サマーキャンペーン」や「開行キャンペーン」など、期間限定で特別金利を適用しているケースもあります。

大規模なキャンペーンになると、短期間ではあるものの1%以上の金利が提示されているケースもあり、普通預金、定期預金ともに旨味があります。

このような特別キャンペーンを積極的に利用して、特別金利を実施している銀行に次々と乗り換えてるのも、金利1%を得る方法の一つです。

ただしデメリットとして、さまざまな銀行を渡り歩かなくてはならないこと、そして常に最新のキャンペーン情報に目を光らせておかなくてはなりません。

まずは自分が利用している銀行キャンペーン情報をメールなどでチェックするところから始め、良いキャンペーンがなければ他社も検討してみるのも良いかもしれません。

長期国債を買う

定期預金と債券の違い

ここからは、銀行預金よりも「投資色」が強くなります。

まず最初に、もっともリスクが低いのは長期国債を買うことです。

国債とは国が発行する債券であり、つまり「国の借金」です。国債を100万円購入した場合、あなたの100万円を国に融資することに相当します。

借金には利息が発生するので、国債を購入すると年2回の利息収入が得られます。

国債は元金保証ではありませんが、そもそも日本が破綻したら日本のお金の価値がなくなってしまうので、実質的には100%安全な投資先です。

日本のような低金利の国でも、10年国債以上の長期国債になると、金利は1%を超えてきます

もっとも安全に年利1%を狙うなら、長期国債の購入に限ると言っても過言ではありません。

個人向け国債は主に証券会社で購入できますが、一部の銀行でも販売しています。

国債の購入については、下記記事を合わせてご覧ください。

外貨預金をする

外貨預金と普通預金の金利の違い

外貨預金は、人気が高い運用方法の一つです。

たとえば、私たちが普段使っている日本の「円」を、アメリカの「ドル」などに替えて預金するような仕組みです。

日本国内の預金は低金利なので利息はほとんど期待できませんが、海外は高金利のため、外貨預金によって得られる金利は非常に高いです。

アメリカのドル以外にも、オーストラリアやニュージーランドなど、さまざまな国の外貨預金があり、通貨の種類によっては金利はあっという間に年利3%などに増加します。

ただし、外貨預金は円をドルに替えるため、外国為替による為替変動の影響を受けます。(「円相場は1ドル95円20銭です」などとニュースで言ってますよね)

為替変動の影響を受けると、「外貨預金をした時は100円で1ドルに替えられたのに、日本円に戻す時に1ドルが80円にしかならない。」といったケースが発生します。

このような場合、為替の影響による損失が出てしまいます。

逆に、外貨預金をするときに80円で1ドルだったのに、日本円に戻す時は1ドルが100円になるといったケースもあります。

この場合は大きな金利収入に加えて、為替変動による収入が発生し、ダブルで大きな利益を手にすることができます。

高金利な先進国で長期運用をすればメリットのある預金方法ですが、外貨預金は短期間の運用ではややリスクが高いというのが私の意見です。

外貨を長期的に運用したいのであれば、より金利が高い外貨定期預金もおすすめです。

参考記事:外貨預金の金利をさらにUP!外貨定期預金の3つのメリット・デメリット

外国債を買う

先進国債券

外国債とは、「海外の国債」のことです。

先ほど紹介した日本国債は日本という国にお金を貸して利息を得る方法でした。これをそっくり海外に移したものが外国債券です。

例えば、米国債を購入すれば、アメリカ政府にお金を貸して利息を得る事ができます。

外国債券は外貨預金よりもさらに金利が大きく、発展途上国などの国債は年利8%を超えるケースもあります。

しかし、外国債は元金保証ではない上に、為替変動の影響も受けます。

また、新興国(発展途上国)はインフレ率が高いため、期待していた結果が得られない可能性もあります。

とは言え、米国債は日本国債や日本の定期預金よりも安定した利回りを提供し、また経済面でも安心できる国です。

長期の米国債であれば為替変動が安定しており、2%~3%程度(もしくはそれ以上)の利回りで運用できます。

外国債を購入する場合は、証券会社を通じて米国債などを直接する方法と、投資信託(インデックスファンド)を購入する方法があります。

先進国債券インデックスファンドを購入することで、先進国の安全な債券に分散投資ができるため安定的に1%以上の利回りが得られます。

低金利の今日、リスクの低い投資商品に資金を一部を振り分けるのは合理的な方法であると思います。

さらに利回りの高い投資商品をお探しの方へ

投資信託

より大きなリスクを取ることができるのであれば、さらに運用の利回りを大きくすることができます。

5パーセント超の利回りが確保できる安全な資産運用先まとめ」という記事では、ソニー銀行が展開している投資型クラウドファンディング「SonyBank GATE」やソーシャルレンディング、そして不動産の賃料収入を利回りとして得られるJ-REITについて紹介しています。

しかし、リスクの高い運用をする際は、元本保証の定期預金などにも資産を分散して、リスクヘッジすることをおすすめします。

関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る