ネット銀行の法人口座がお得な理由

法人口座開設

会社名義で使う「法人口座」は、会社設立後いちばん最初に用意しなければなりません。
しかし、会社設立直後は資金に余裕がありません。

現在は、ネット銀行で法人口座開設を受け付けているところもあります
メガバンクのような大手と比較するとかなりお得です。

法人口座はお金がかかる

個人で利用する口座とは違い、法人口座は何かとお金がかかります。
口座開設費用や維持費用は無料ですが、インターネットバンキングの利用手数料が必要だったり、振込手数料が高く設定されていたり、個人での利用においては発生しない余分な手数料が必要です。

メガバンクの場合

メガバンク

銀行大手のメガバンクや都銀の法人口座は、口座開設費用や維持手数料は無料です。
しかし、インターネットを通じて残高照会をしたり、振込を行う「インターネットバンキング」の利用に手数料がかかります。

■三菱東京UFJ銀行
BizSTATION 月額基本料金:1,680円+税~

■三井住友銀行
パソコンバンクWeb21 月額基本料金:2,000円+税~

■みずほ銀行
みずほビジネスWEB 月額基本料金:2,000円+税~

■りそな銀行
りそなビジネスダイレクト(Mini) 月額基本料金:2,000円+税~

その分、一般の個人口座で使うシステムよりもセキュリティが高いメリットがあります
ただ、システム上、Internet Explorerからしかアクセスできないなど、逆に不便な点もあります。よって、大人数で口座を管理しないような小規模法人の場合はネット銀行の方がお得です。

また、ゆうちょ銀行や信用金庫なども、法人向けネットバンキングの利用手数料は無料なので、ネット銀行とあわせて検討する価値はあります。

ネット銀行の法人口座

ネット銀行の法人口座も、個人向け口座と比較すると、振込手数料やATM利用手数料は高めに設定されています

しかし、ネット銀行の場合インターネットでの利用があたりまえなので、残高照会などの基本サービスにかかる料金は無料です。

メガバンクのインターネットバンキングは、利用実績がなくても毎月2,000円以上、年間24,000円+税の維持コストがかかることになります。また、振込手数料も高めです。

この値段を高いと見るか、安いと見るかは経営者さんの判断によりますが、法人口座の利用においても、ネット銀行のメリットは大きいです。

ちなみに、「ネット銀行100の活用術」運営元の「株式会社クートン」では、「メインバンクをジャパンネット銀行の法人口座」にしています。税金の支払いなど、都市銀行でしか対応していないサービスを除いて、基本的にすべてネット銀行を活用して取引をしています。

現在、法人口座の開設を受け付けているネット銀行は一部に限られています。
詳しくは『法人口座開設ができるネット銀行』をご覧ください。

じぶん銀行住宅ローン