法人口座のメインバンクにネット銀行を使うメリット・デメリット

法人口座

個人向けの口座とは違い、法人口座にはなにかと手数料がかかります。しかし最近では、手数料の安いジャパンネット銀行のような「ネット銀行法人口座」の認知も広がってきています。

中小企業を中心に、メインバンクをネット銀行にするという会社も増えてきているようです。

法人口座のメインバンクにネット銀行を使うメリット

大手都市銀行やメガバンクとはお付き合いせず、メインバンクにネット銀行の法人口座を使った場合のメリットとデメリットをご紹介します。

口座維持手数料がかからない

三井住友銀行のようなメガバンクなどでは、オンラインバンキングの利用料に月額2,000円+税がかかります。しかし、ネット銀行はそもそもネットでの取引を主体としているので、口座維持費用は完全無料です。

今の時代、ネットからの振込、残高確認は当たり前です。ネットバンキングの利用手数料が無料というのは大きいです。

特に創業期は少しのお金もムダにしたくはないので、口座維持に手数料がかからないネット銀行は重宝します。

とにかく手数料が安く金利が高い

ネット銀行は、都市銀行と比べて、圧倒的に手数料が安いです。

振込手数料は都市銀行と比較にならないぐらい安いので、振込回数が多い会社は特に大きな違いが出ます。

普通預金金利、定期預金金利も高いです。ただし、法人口座の場合、「振込手数料無料回数」や「特別優遇金利」が受けられないこともあります。詳細については、事前にネット銀行に確認をとっておく必要があります。

サービスやシステムもしっかり

ネット銀行も法人向けサービスの拡大に力を入れています。

複数人で口座を管理できるシステムや、給料の一括振込など、法人ならではのサービスを無料もしくは格安で提供しています。

中小企業や小規模法人で使う程度であれば、ネット銀行の法人向けサービスでも十分に対応できるので問題ありません。

デメリット

信頼に欠ける

ネット銀行の認知度が高まったとは言え、やはり信頼に欠ける部分はあります。

会社概要のページに、

と書かれている場合、どちらのほうがページを見ている人に対して安心感を与えられるかを考えると、やはりメガンバンクなどの方が信頼性の面で勝ります。この点はまだまだ名前の通った都市銀行にメリットがあると思います。

融資が受けられない

メインバンクで取引実績を作ることで、事業融資を受けやすくなります。そのために都市銀行や地方銀行、信用金庫などを利用している会社も少なくありません。

ネット銀行は手数料こそ安いですが、どれだけ実績を作っても、融資を受けることはできません。特に大規模な金額の融資を受けるためには、やはりメガバンクとのお付き合いが必須と言えます。

今後はネット銀行も中小企業融資に参入するところが増えると思うので、このデメリットもいずれ解消されるでしょう。

社会保険料の引落に対応していない

ネット銀行は「国庫金・公金の取扱指定金融機関」ではないので、社会保険料や税金の口座振替に対応していません。

2013年現在、後掲のインターネット専業銀行のうち、ソニー銀行以外の銀行は日本銀行の国庫金取扱業務を行っていないため、既存の都市銀行や地方銀行、信用金庫などの従来型金融機関と異なり、確定申告による国税の還付や、国家公務員の給与の受取、年金や雇用保険などの公的機関からの振込用口座には利用できない。

Wikipedia – 新たな形態の銀行 より

これは今後改善される可能性もありますが、公金の口座振替については都銀や地銀などを利用する必要があるということです。

ちなみに、ゆうちょ銀行はネットバンキングが無料で使え、公金の取扱いもおこなっています。

まとめ

会社の経営スタイルによっては、ネット銀行の法人口座をメインとして使っても問題はありません。

銀行は日常的に使用するものですから、少しでも手数料の安いネット銀行を利用することで、コストダウンが実現できるはずです。

イオンカードセレクト