住宅ローンの審査

住宅ローンの審査期間が遅いと損な理由 知っておきたいデメリット

物件

住宅ローンを選ぶ上で、金利や手数料と同じくらい重要な比較項目は審査期間(審査スピード)です。

多くの人が、住宅ローン比較をする上で比較しやすい、かつ家計に影響する金利・手数料といったコスト面を重視します。これらはもちろん、重視すべきです。

しかし、住宅ローンの申込から融資実行までにかかる期間は、金融機関によって大きな差がつく部分でもあります。

そして審査期間が長くなると、2つのデメリットが生じます。

今回は、住宅ローンの審査が遅くなるとなぜ損か、審査が遅れてしまう理由を解説します。

審査期間が長引くことで発生する2つのデメリット

住宅ローンには、大きく「申込 → 事前審査 → 本審査 → 融資実行」という4つのステップがあります。

しかし、この手続きの流れのうち、序盤の審査期間が遅くなると、2つのデメリットが発生します。

■住宅ローンの審査が遅くなるデメリット

  • 申込時より金利が上がるかもしれない
  • 人気物件が売れてしまう

申込時より金利が上がるかもしれない

金利プラン

審査に時間がかかってしまうと、低金利が決め手となって選んだ住宅ローンも、実際に融資を受ける時に金利が上がってしまう可能性が高くなります。

なぜなら住宅ローンの金利は、申込時ではなく「融資実行時」の金利が適用されるからです。

一般的に、住宅ローンを検討する時に公式サイトなどでチェックする金利は、毎月発表される「今月の」住宅ローン金利です。

しかし、実際に融資を受ける時は、その翌月以降の金利が適用されるので、申込み時点での適用金利はわからない状態です。

審査などの手続きによって融資実行までにタイムラグが発生するため、場合によっては自分が想定していた金利で住宅ローンが組めない場合があります。

金利が低いタイミングを狙って申し込んだはずなのに、融資まで時間がかかったために、自分が思っていた以上に高い金利で住宅ローンを契約しなくてはならなくなる可能性もあります。

人気物件が売れてしまう

困る夫婦

もう一つの審査が長引くデメリットは、物件が売れてしまう可能性があることです。

マイホームを購入する際、新築・中古ともに人気が高い物件は、早く契約をしないとすぐに売れてしまいます。

自分以外にも購入希望者がいる物件の場合、早めに住宅ローンの仮審査に通過していれば「この物件を購入する資金は用意できます」とうアピールになり、優先的に契約できる可能性が高くなります。

住宅ローンの仮審査に受かっている人のほとんどは本審査も通る、つまり融資を受けられるので、売り主から見ると「契約した後も確実に購入してくれる」という安心感になります。

逆に言うと、住宅ローンの審査に時間がかかってしまうと、物件を買うお金が用意できるかわからない買い主、という見方になってしまうので不利です。

よって、希望物件を確実に手に入れるためにも、審査スピードの速さは重要な意味を持ちます。

審査期間が長いと発生するデメリット

審査や融資の期間が長引く理由とは

疑問

審査期間は各金融機関によって違いがあるので、事前に公式サイトでチェックしておくことをおすすめします。

しかし、審査が早い金融機関でも、融資を受けるのが遅くなってしまうことがあります。

住宅ローンの審査が遅くなる理由は、主に下記3つです。

■住宅ローンの審査が長引く理由

  • 書類の不備
  • 郵送手続きが多い
  • 申込みが殺到している

特に多いのは、書類不備です。

記入必須項目が空欄だった、提出書類が足りていなかったなど、書類手続きに不備があると再提出などの時間がかかり融資までの時間が長くなってしまいます。

また、審査後の手続きでは紙書類の取り交わしが必要な金融機関がほとんどなので、来店もしくは郵送となります。

最近は来店不要で申し込める住宅ローンも増えてきているものの、郵送手続きはどうしても書類の到着にタイムラグが発生するため、来店より時間がかかってしまいます。

申込みが集中している時期だと、通常より金融機関からの返送などの対応も遅くなる可能性があります。

審査期間は実際どれくらいなのか

時計とカレンダー

では、実際に申込から融資実行までにどれくらいの期間がかかるのかを見てみます。

金融機関によっても大きく異なりますが、おおよそ審査に1週間申込から融資までに約1ヶ月半くらいかかるのが普通です。

例えば、大手ネット銀行の住信SBIネット銀行とソニー銀行は、公式サイトで下記の回答をしています。

■住信SBIネット銀行 住宅ローンの場合

Q.申込みから実際の借入れまでにどのくらい時間がかかりますか?

A.仮審査については、仮審査申込日当日から3営業日以内に完了します。

仮審査終了のお知らせから2営業日後に、仮審査を通過したお客さまに、住信SBIネット銀行より正式審査の申込みに必要な書類をお送りします。

正式審査書類の到着から実行までには通常1ヵ月~1ヵ月半程度かかります。また、個別の状況により異なります。余裕をもった日程でお申込みください。

なお申込日から借入希望日までには所定の日数が必要です。借入希望日が申込日から「新規」の場合で45日以上、「借換」の場合は30日以上先の場合のみお申込みいただけます。

(-住信SBIネット銀行 公式サイト「Q&A-よくあるご質問」より抜粋)

■ソニー銀行 住宅ローンの場合

Q.申し込みから実際の借り入れまでにかかる期間はどのくらいですか?

A.お申し込み内容やお客さまの書類のご準備に必要な日数によって異なりますが、仮審査お申し込みからお借り入れまでは、1ヶ月半から2ヶ月程度です。

※借り換えの場合は、上記の期間に加えて、現在のお借り入れ金融機関における完済のお手続きの期間が数週間から1ヶ月程度かかる場合があります。(実際の期間については、現在のお借り入れ先にご照会ください。)

(-ソニー銀行 公式サイト「よくあるご質問」より抜粋)

これらの銀行の審査期間が特に遅いということはありません。

平均的に考えて、やはり申込から融資までは最大2ヶ月程度は見ておいたほうが良いです。

しかし、例外的にこれらよりずっと早く審査が完了する金融機関もあります。

ARUHI(アルヒ)だけは別格

ARUHI

住宅ローンを扱う数ある金融機関の中でも、ARUHI(アルヒ)だけは審査スピードが突出して早いです。

アルヒとは、固定金利の「フラット35」シェアNo.1で、フラット35利用者の4人に1人が利用している金融機関です。

アルヒの場合、申込から融資実行まで数営業日で住宅ローンの契約ができます。

通常、融資実行までは1ヶ月半以上かかるのが普通と言われている中で、ここまで早く審査が終えられるのはアルヒの大きなメリットです。

手続きをしている間に金利が上がってしまったり、人気物件が売れてしまったり…というリスクにも備えやすいです。

■ARUHI(アルヒ) 審査にかかる期間

  • 仮審査(事前審査):最短当日
  • 本審査:最短3営業日

ARUHIの審査が最短になるのは、店舗で来店手続きをした場合です。

一方、ARUHIにはネット申込ができる「ARUHIダイレクト」というプランもあり、そちらは仮審査に1~2営業日、本審査は10~14日かかります。

郵送手続きが入るため来店申込よりは少し時間がかかりますが、それでも十分早いです。

さらに、ARUHIダイレクトから申込むと事務手数料が融資額の2%から1%に引き下げになるという大きなメリットがあります。

たとえば、3,000万円を借り入れる場合は、事務手数料が60万円から30万円になるので、大きな値引きです。

審査完了まで2週間前後かかっても大丈夫なら、ARUHIダイレクトもおすすめです。

書類記入などでわからないことがあっても、店舗はもちろんチャットなどでも教えてくれるので安心です。

住宅ローンに関する記事

ページの先頭へ戻る