意外と早い?ARUHI(アルヒ)のフラット35審査期間はどれくらい?

ARUHI

住宅ローンの審査期間は、できるだけ短い方がメリットが大きいです。というのも、住宅ローンは申込時の金利ではなく、契約時の金利が適用されるからです。

申し込みから契約までの日数が短いほど、自分が想定した金利でローンを組めるので、リスクが小さいです。しかし、一般的に申込から借入れまでには1ヶ月~2ヶ月かかると言われています。

しかし、フラット35に強みを持つ「ARUHI」の審査は早いことで有名です。それも、とてつもなく早いです。

ARUHIは最短6営業日で融資実行

爆速

通常の銀行が、住宅ローンを組むのにトータルで1ヶ月~2ヶ月かかるなか、アルヒは超特急のスピードで融資実行してくれます。その日数は、最短6営業日です。

ARUHIなら、最短約1週間程度ですべての手続が完了します。

フラット35

アルヒの主力商品である「フラット35」を利用して、新規の住宅ローンを組む場合。

仮審査(事前審査)は最短当日で終わります。通常の金融機関だと、仮審査に2~6営業日かかるのが普通です。

また、本審査は最短3営業日です。
仮審査と本審査を合わせて最短4営業日となります。

ただし、フラット35の場合は、住宅金融支援機構の手続きも必要となるため、トータルでは1週間以上かかると思います。(具体的にどれくらいの日数かは明記されていませんが、それでも他のフラット35よりは早いはずです)

借り換えの場合は仮審査が不要です。本審査のみなので、審査関連は最短3営業日で済みます。ただし、現在住宅ローンを組んでいる金融機関への完済手続きなどが必要なので、そちらに数週間程度かかります。

ARUHIフリーダム

ARUHIが自社商品として展開しているのが「ARUHIフリーダム」です。変動金利や当初固定金利など、さまざまなプランが用意されているのが特徴です。

アルヒフリーダムの場合は、申し込みから融資実行まで最短6営業日です。圧倒的に業界最短の手続きスピードとなります。

住宅ローンの仮審査は最短当日、本審査が最短1営業日、その他の手続きも含めて合計6営業日で完了です。

ARUHIは土曜・日曜は業務をお休みしているので、実際の日数で言うと、約1週間程度になると思います。

借り換えの場合は仮審査が不要なので、本審査のみとなります。ただし、現在住宅ローンを組んでいる金融機関への完済手続きなどが必要となるため、そちらに数週間程度かかってしまします。

まとめ

アルヒは、「フラット35シェアNo.1」で業界最低水準の金利を提供していることで知られています。しかし、実は「審査スピードがとてつもなく早い」金融機関でもあります。

また、全国に住宅ローンの相談窓口を設置しているので、郵送・メールだけの「ネット完結」に不安を感じる方でも安心です。

イオンカードセレクト