過去の過ち!ブラックの人でも住宅ローンの審査は通過できるのか?

住宅ローンの審査

ブラックの人が住宅ローンを組むためには?

家を購入する時に、必ずと言っていいほど住宅ローンが必要となります。しかし、多額の借入を行う住宅ローンでは、当然ながら金融機関による「審査」があります。

審査に通過できなければ住宅ローンを組むことができず、マイホームの購入も実現しません。では、過去に「借金の踏み倒しや返済遅延」といった信用情報が傷つく行為を行ってしまった場合、住宅ローンの審査には通過できるのでしょうか?

結論から言うと、ブラックでも審査に通過できる望みはあります。

ブラックとは一体何か?

いわゆる「ブラックリスト」とは、過去に借金の踏み倒しや返済遅れがあった人を指します。
クレジットカードや携帯料金の支払いも含め、あらゆる情報は「信用情報機関」を通じて共有される仕組みとなっています。

住宅ローンの審査の時も、金融機関はあなたの信用情報をチェックし、過去にブラックになった形跡がないかどうかを調べた上で、融資の判断を行います。

ブラックリストに載ってしまう行動は以下のような場合です。

こういった信用情報のキズは、約7年程度残ると言われています。
しかし、少しブラックになったからと言って必ずしも住宅ローンが組めないわけではありません。ブラックの人でも、よほどひどくなければ住宅ローンの審査は通過できます。

ブラックでも住宅ローンは組める

住宅ローンの相談

信用情報にキズが付いている「ブラック」の状態は、住宅ローンの審査を通過する上でマイナスであることは間違いありません。

しかし、住宅ローン審査は総合的な判断によって行われるため、少々返済遅延の経験があるからといって、ローンは組めないとあきらめる必要はありません。

融資額によって結果は変わる

まず、マイホームを購入する上で「住宅ローンでいくら借りるのか?」によって審査結果は変わってきます。

フルローンは住宅ローン審査が通りにくい

例えばあなたがブラックでも、3,000万円の物件を購入する上で、頭金が2,000万円用意できるならば、銀行としては住宅ローンの審査に通しやすいです。
しかし、3,000万円をフルローンで借りるとなると、当然ハードルは上がります。

また、購入物件の評価によっても審査結果は変わります。
物件には担保として抵当権が設定されますので、評価価値が高い物件ほど融資は受けやすくなります。

もっとも簡単なのは、新築物件ほど担保価値が高く、中古物件には評価がつきにくいことです。
つまり、あなたがブラックで中古物件をフルローンで購入しようとした場合、審査としてのハードルは非常に高くなります。

あなたの現在の状況が重要

住宅ローン審査のポイント

過去にブラックだった経験があっても、現在しっかりと仕事をしていれば話は別です。
住宅ローン審査の重要なポイントとして、現在の職場の勤続年数や、年収はチェックされます

また、年収に対する年間返済額(返済負担率)も、住宅ローンの審査をする上で重視される点なので、過去にブラックだったか?よりも現在どうなのか?を気にしましょう。

そして、現時点で他に借金があるのかどうかも大切です。
カードローンと自動車ローンが残っている状態で、さらに住宅ローンを組もうとするならば、金融機関も審査に通しにくいです。

過去にキズがあっても、最低限、現時点では「清潔な身体」の状態で住宅ローンの審査に挑むのが理想と言えます。

金融機関による審査の違い

住宅ローンを申し込む銀行によっても、審査結果は違ってきます。
一般的には以下のように言われています。

もしあなたが過去に、楽天銀行カードローンの返済遅延をしてしまい、ブラックになった場合、楽天銀行住宅ローンの申し込みは避けた方が無難です。

イオン銀行住宅ローンなど、これまで取引のなかった金融機関を選んだほうが審査に通過できる可能性は高いです。

また、一般的に住宅ローン金利が高い金融機関ほど、借りやすい傾向にあるので、どうしても審査に通らない場合は、あえて金利が高い銀行を選んで相談してみるのも良いと思います。

審査回答の早い住宅ローン

イオンカードセレクト