住宅ローンの審査

住宅ローンが病気で組めない時の2つの対処法 持病や病歴があっても諦めないで

家とバツマーク

住宅ローンの審査では、病気などの健康状態もチェックされます。

もしも住宅ローン検討中、健康診断などで病気だとわかったら、内容によっては住宅ローンの審査に影響するかもしれません。

特に、住宅ローンの多くは団体信用生命保険への加入が必須で、団信の審査でNGとなるケースが多いです。

がんや心筋梗塞などの大きな病気はもちろん、うつ病や不整脈などでも審査時の告知義務があるので要注意です。

今回は、住宅ローンが組めない病歴などにくわえて、持病や手術・入院歴があっても住宅ローンを組む方法を解説します。

団信に入れないと住宅ローンが組めないことが多い

手でバツを作る男性

一般的に、住宅ローンを組む時は団体信用生命保険(団信)に加入することが義務付けられています。

■団体信用生命保険とは

団信とは、住宅ローン契約者が死亡、もしくは高度障害になった時に、住宅ローン残高の返済義務が免除される保険です。

万が一の時は保険会社がローン返済を肩代わりしてくれるものなので、家族に住宅ローンを残して負担をかけないようにできます。

また、金融機関にとっては貸し倒れを防ぐ保険でもあるので、団信の加入を必須条件としている住宅ローンが多いです。

重要なのは、住宅ローンの審査・団体信用生命保険の審査は「別々」に行うという点です。

そのため、住宅ローンの審査には通過しても、団体信用生命保険の審査に落ちてしまう可能性がゼロではありません。

冒頭で触れた通り、団新加入を必須条件としている住宅ローンも多いので、団信の審査に落ちると結果的に住宅ローンが組めなくなることも多いです。

団信加入に入れない病気

医療イメージ

団体信用生命保険では、申込者の持病3年以内の手術・治療歴3ヶ月以内の治療・投薬歴を告知する義務があります。

団信で告知が必要な病歴(一例)

3年以内に下記の病気に関して手術を受けたり、2週間以上の治療を受けた場合は告知が必要です。

3大疾病
がん、急性心筋梗塞、脳卒中
その他の心臓病
狭心症、心筋梗塞、高血圧症、不整脈など
その他の脳疾患
脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、脳動脈硬化症など
精神に関する病気
うつ病、自律神経失調症、てんかん、知的障害、認知症、依存症など
内蔵に関する病気
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、かいよう性大腸炎、すい臓炎、肝炎、肝硬変、腎不全、など
目の病気
緑内障、網膜や角膜の病気など
女性特有の病気
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症など
その他の病気
白血病、糖尿病、貧血症、膠原病、腫瘍など
身体の欠損や障害
手足の欠損、視力や聴力、言語、そしゃくの障害など

ただし、上記の病気になったことがあったり、手術をしたことがあるだけで、団信に加入できないわけではありません。

上記の告知が必要な病歴がある場合は、治療や手術を受けた時期、入院の有無などの詳細をさらに申告することになります。

その経過によっては、病歴があっても加入できる可能性があります。

病気で団信に入れない時の対策2つ

入院

病歴や持病のため団信の審査に落ちてしまっても、住宅ローンを組める対策方法はあります。

通常の団信に加入できない、もしくは難しそうな人は、下記2つの対策をすることをおすすめします。

■病気が原因で団信に入れない時の対処法

  1. フラット35を団信なしで利用
  2. ワイド団信に入る

フラット35を団信なしで利用

フラット35

住宅ローンの中でも、国が運営する住宅ローン「フラット35」は団新加入が任意です。

つまり、団信に加入しなくても住宅ローンが組めるので、住宅ローンの審査さえ通ればOKです。

■フラット35とは

住宅金融支援機構という国の組織が運営している、35年間固定金利の住宅ローンです。

全期間固定金利の住宅ローンの中でも非常に低金利なので、契約者は年々増えています。

フラット35は住宅金融支援機構は直接販売しているのではなく、民間の銀行や金融機関が代理店のような形で販売しています。

しかし、フラット35に団信なしで入るとしても、死亡や高度障害には別の形で備えることをおすすめします。

住宅ローンは数千万円の借金なので、もし世帯主が死亡して収入がなくなってしまうと返済できなくなってしまう可能性が高いからです。

代表的なリスクヘッジは、民間の生命保険に入ることです。

最近は、直近に病気をしていても1~2年が経過していれば加入できる医療保険も増えてきています。

もしくは、終身保険を手厚くして、死亡時に受け取れる金額を確保するのも手です。

団体信用生命保険の方が割安ではありますが、住宅ローンを組むための一つの選択肢です。

ワイド団信に入る

安心

団体信用生命保険の種類のひとつに、ワイド団信というプランがあります。

ワイド団信とは、通常の団信に加入できなかった人向けに、病気を持っている人も含めて加入対象者を広げた団体信用生命保険です。

保険料が通常の団信より割高にはなりますが、病歴があっても団信に加入できる点はメリットが大きいです。

ワイド団信の保険料は、住宅ローン金利に0.3%上乗せしている金融機関が多いです。

ワイド団信に加入できる人の条件も各社少しずつ異なりますが、主要銀行の実績を見てみると下記の病歴を持つ人は加入できるケースもありました。

■ワイド団信に加入できた病歴例

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • うつ病
  • 肝機能障害
  • 狭心症
  • 脳卒中
  • 喘息
  • 難聴
  • 子宮筋腫

また、団信加入が必須の銀行の場合は、通常の団信審査に落ちたらそのままワイド団信の審査に移行するケースもあります。

頭金で審査通過率を上げることができる

家

他にも、住宅ローンの通過率を上げる方法として、頭金を多めに入れるというやり方があります。

一般的に、住宅ローンは借入希望金額が多いほど、審査が厳しくなる傾向があります。

金融機関としても、大きな金額を貸し付ける際は「本当に完済してくれるだけの返済能力があるか」を慎重に見るからです。

つまり、頭金を多めに用意することで借入希望額を減らせば、審査に通りやすくなる可能性が上がるということです。

ちなみに、住宅ローンの借入希望額の目安をはかる指標に、「返済比率(返済負担率)」という割合があります。

返済比率

一般的な住宅ローンでは、返済比率が20~25%以下なら融資が受けやすいです。

たとえば3,000万円の家を買いたい時、金利が年1.0%の住宅ローンを35年で組むなら、年収は400~500万円以上必要になります。

一方、もし年収が300万円の場合は、返済比率20~25%を保とうとすると住宅ローンが約1,700万~2,200万円しか組めません。

しかし。頭金を800万円ほど支払って借入額を2,200万円まで減らせば、適切な返済比率になります。

参考:頭金なしで住宅ローンは組めるのか!不安なので計算した結果

不安な時は窓口で事前相談を

営業に相談する夫婦

持病を持っていたり、直近で入院や手術などを行ったりしている人は、住宅ローンの窓口で事前に相談するのもおすすめです。

団信の条件も住宅ローン会社によって異なることがあるので、審査前に確認しておくと安心です。

メガバンクや地銀は、支店やローンセンターで相談ができます。

事前予約が必要な場合もあるので、公式サイトから確認しておくと良いと思います。

一方、ネット銀行は低金利・手数料が安いというメリットがあるものの、実店舗がないので事前そうだはメールや電話のみになります。

しかし、その中でも店舗やスカイプなどの対面相談ができるネット銀行もあるので、主要な銀行をピックアップしました。

いずれもネット銀行ならではの低金利を提供していて、無料で窓口相談が可能です。

窓口やスカイプで相談ができるネット銀行
住信SBIネット銀行
全国のSBIマネープラザで、住信SBIネット銀行独自の住宅ローンとフラット35について相談ができます。
→SBIマネープラザとは
イオン銀行
イオンモール内の住宅ローン相談窓口があります。
→イオン銀行住宅ローンの詳細はこちら
ソニー銀行
東京の銀座にあるコンサルティングプラザにて対面相談ができますが、ソニー銀行は顧客対応に定評があるのでメール相談を活用する人も多いです。
→ソニー銀行住宅ローンの詳細はこちら
楽天銀行
スカイプ相談で、スタッフとモニター越しに対面しながら相談ができます。自分の顔は映さずに相談することも可能です。
→楽天銀行のスカイプ相談の詳細

また、フラット35シェアNo.1のARUHIという金融機関も、窓口での相談が可能です。

窓口で申込み手続きをすると最短4日で仮審査・本審査が完了するという、業界屈指のスピードがメリットです。

ただし、ネットから申し込むと融資事務手数料が融資額の2%から1%に引き下げできるというメリットもあります。

ネット完結で申込むARUHIのプランは「ARUHIダイレクト」と言います。

審査スピード重視なら窓口申込、手数料の安さ重視ならARUHIダイレクト…と、ニーズに合わせて申込めます。

たとえば、事前相談は窓口で行い、後日ネットからARUHIダイレクトに申し込むのもありだと思います。

住宅ローンの審査に関する記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る