住宅ローンの利用者による口コミ

【評判は?】住信SBIネット銀行の住宅ローンを使っている人の口コミを調査

住信SBIネット銀行の口コミ

業界最低水準の低金利に加え、「全疾病保障」も無料で付いてくることで評判の住信SBIネット銀行の住宅ローン。ネット銀行住宅ローンの中でも競争力が高く、1、2を争うほどの人気で多くの人が利用しています。

本当に住信SBIネット銀行の住宅ローンは良いのか、デメリットや悪い部分はないのか?表面のスペックだけではわからないことは、利用者の口コミから知ることが一番だと思いましたので、早速調査してきました。

利用者の口コミ・評判

みんなの口コミ

新規
Y - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:35~39歳 / 年収600万円~800万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:1ヶ月以内

  • 金利プラン:全期間固定金利(フラット35・フラット35S)
  • 借入金額:3,000万円以上5,000万円未満
  • 返済期間:31年以上、35年以下(35年の方はこちらを選択)
  • この住宅ローンを契約してから1年未満
  • 元々メインバンクではなく現在もメインバンクではない(ほぼ住宅ローンの返済だけで使っている)

金利が低くホームページもわかりやすく、不祥事などは聞かないため信用もあると考え、住信SBIネット銀行に決めました。

2018/03/05に投稿


借換
ぽんさん - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:40~44歳 / 年収800万円~1,000万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:2ヶ月以内

  • 金利プラン:変動金利
  • 借入金額:3,000万円以上5,000万円未満
  • 返済期間:26年以上、30年以下
  • この住宅ローンを契約してから1年未満
  • 元々メインバンクではなく現在もメインバンクではない(ほぼ住宅ローンの返済だけで使っている)

新居購入時、良い土地物件だったので、早めの契約を行いたいと考えていました。そのため、当時は不動産屋と提携した住宅ローンに決めました。当初固定の変動金利です。

その後、世の中の金利はさらに下がり、当初固定期間が終わるタイミングで、借り換えを検討しました。

とにかく金利が低いこと、手数料を払っても借り換え効果が期待できること、全疾病保障付きだったため、迷わず住信SBIネット銀行に決めました。

正式審査に多少時間はかかりましたが、システムや不明点の電話対応など、総合的に満足しています。

2018/04/12に投稿


新規
るなおじさん - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:35~39歳 / 年収400万円~600万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:2ヶ月以上

  • 金利プラン:全期間固定金利(フラット35以外の住宅ローン)
  • 借入金額:2,000万円以上3,000万円未満
  • 返済期間:26年以上、30年以下
  • この住宅ローンを契約してから1年未満
  • 元々メインバンクとして使っていた

金利が低いのに固定で借りられ、団信や特約もついているのでかなり満足な住宅ローンです。

2018/04/26に投稿


新規
ハル - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:35~39歳 / 年収600万円~800万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:1ヶ月以内

  • 金利プラン:変動金利
  • 借入金額:2,000万円以上3,000万円未満
  • 返済期間:16年以上、20年以下
  • この住宅ローンを契約してから5年以上7年未満
  • 元々メインバンクではなく現在もメインバンクではない(ほぼ住宅ローンの返済だけで使っている)

手数料なしで繰り上げ返済が1円からできるということに魅力を感じ、住信SBIネット銀行に決めました。保険も無料で付けることができます。

また、住宅ローンを組んでいると、毎月7回まで振込手数料なしで、銀行振込が行えます。ちょっとした振込にも使えるので、大変便利です。ATMからの引き出しも毎月7回まで無料となります。

ただ、手続きには多少の時間がかかったと感じています。

2018/06/10に投稿


借換
マル - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:30~34歳 / 年収600万円~800万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:1ヶ月半以内

  • 金利プラン:当初固定金利10年
  • 借入金額:2,000万円以上3,000万円未満
  • 返済期間:26年以上、30年以下
  • この住宅ローンを契約してから1年未満
  • 元々メインバンクではなく現在もメインバンクではない(ほぼ住宅ローンの返済だけで使っている)

地方銀行に勤務しています。もともとはイオン銀行で住宅ローンを借りていましたが、イオンでの買い物が5%OFFになる「イオンセレクトクラブ」が3年間で終了したため、借換を検討していました。

金利水準、銀行本体の信頼性などから住信SBIネット銀行で借換を実施しました。

まずビックリしたのは、司法書士の面談を除けば、全てネットで完結したことです。契約の際は会社を休まなくてはならないかと思っていましたので、とても助かりました。

契約書も電子契約書なので、忙しい方におすすめできる住宅ローンです。

2018/06/13に投稿


借換
コジ69 - 正社員(勤続年数3年以上)利用確認済み
契約時:40~44歳 / 年収400万円~600万円未満
手続きのわかりやすさ
システムの使いやすさ
他の人におすすめできるか
申込から融資まで:1ヶ月以内

※ペアローン(世帯年収の合算)を利用。世帯年収:800万円~1,000万円未満

  • 金利プラン:変動金利
  • 借入金額:1,000万円以上2,000万円未満
  • 返済期間:21年以上、25年以下
  • この住宅ローンを契約してから1年未満
  • 元々メインバンクではなく現在もメインバンクではない(ほぼ住宅ローンの返済だけで使っている)

初めての住宅ローン借り換えで、店舗に出向かずにネットや郵送でできるのは、共働きの私達にはとても魅力でした。

他にもう1社、仮審査を申し込んでいましたが、金利や利便性などを総合的に考え、住信SBIネット銀行に決めました。

要所要所で携帯に連絡をいただけたりしたので、無事に借り換えできました。

住宅ローンの借り換えをしてよかったと思っています。

2018/07/14に投稿

住信SBIネット銀行住宅ローン 公式サイトはこちら

ネットの口コミ

辛口コメントで評判の某掲示板から、住信SBIネット銀行の住宅ローンに関する口コミを集めました。それほど情報量は多くなかったのですが、良い面、悪い面を問わずにまとめます。

■良い口コミ

◯変動だと新生か住信のどっちかだな

◯「金利の低さ」と「全疾病無料」の点でSBIに魅力を感じていますが、実店舗がないのが少々不安です。

8大疾病は通常+0.3%だから、全疾病が無料なのは更に得だよ

完全にSbiだろうね。
確かに店舗ないのが不安だが、それでトラブル起きたという話聞かないし。

◯10年固定だとSBI経由の三井住友信託が一番良くないかな?

◯20年借りるならSBIと新生、どっちがいいのかな?

変動ならSBI。長期固定なら新生。

◯変動はsbi一択では?
金利が0.67で全疾病付きとなると、他が全く太刀打ちできないように見えます。
あえて言えば手数料一括しか選べないことぐらいでしょうか。

◯自分はmufgじゃなくて住信SBIネット銀行だけど、最後の繰り上げ返済で完済してしまわずに、あと1回の通常返済で完済するという状態にしておいて、後は返済日まで待っていれば手数料はかからずに済みました。

◯住信カードローン残300あるのにここの住宅ローン25百万正式審査通過
年収500、33歳

勤続何年ですか?

11年目、地場上場会社です

■悪い口コミ

◯住信SBIで借りているが何も問題無いよ。
唯一欠点は手数料くらいかな?

◯住信SBIは事務手数料が借入額の2.1%発生するのがデメリットだけど、金利が低いってのは、やっぱり大きいですよね。

◯SBIはあれこれ考える前に申請した方がいい
かなり時間がかかるし、その結果減額だったりするし
逆に急ぐ時はりそなオススメ
尋常じゃない早さでびっくりしたw

口コミをまとめます

あまり情報量が多くなかったのが残念でしたが、貴重な口コミを得ることができました。まとめると以下のようになると思います。

金利面ではかなり強い

変動金利・固定金利ともにやはりかなり強い印象です。

比較対象としてよくあげられていたのが、新生銀行住宅ローンでした。しかし、住信SBIネット銀行住宅ローンの強みでもある「全疾病保障が無料」であることを踏まえると、圧倒的な低金利を提供していることがわかります。

8大疾病保障は、万が一の備えになる保険で、通常であれば「金利+0.3%」の価値があると言われています。住信SBIネット銀行では8大疾病をさらに充実させた「全疾病保障」が無料で提供されるので、表記の金利よりもさらに「マイナス0.3%」として住宅ローン金利を計算すると、住信SBI住宅ローンの本来の凄さがわかります。

実店舗がない怖さ

ネット専業銀行にあるデメリットが、「実店舗がないこと」です。住宅ローンは大きなお金が動きますので、対面による窓口での案内を希望する人も多く、実店舗がないことを住信SBIネット銀行のデメリットにあげる人は少なくありませんでした。

住信SBIネット銀行住宅ローンは、申込から審査、融資実行まですべてネットと郵送による書面のやりとりで完結します。私などは、窓口に出向く手間が省けるので、むしろネット完結の方が楽で良いのですが…

ネット銀行の住宅ローンは実店舗がないことも多いため、その分メールや電話のサポートに力を入れています。わからないことがあれば、メール・電話でていねいに答えてくれるので安心です。

また、口コミにもあるように、対面でないことが原因で、これまで大きなトラブルが起きたという話は聞きません。もし、どうしても窓口での相談を希望するのであれば、ARUHI(アルヒ)イオン銀行住宅ローンがおすすめです。

手数料は高い

悪い口コミとして最も多かったのが、「取扱事務手数料が高いこと」でした。住信SBIネット銀行では、融資金額の2%が手数料としてかかります。

例えば、2,000万円の住宅ローンを組んだ場合、手数料は40万円になります。

これは、他のネット銀行住宅ローンと比較するとやや高めです。ちなみに、ソニー銀行住宅ローンだと手数料は一律4万円+税なので、住信SBIはやはりちょっと高めです。

審査期間は長い

口コミによると、審査期間が長いので、早めに仮審査の申込をしておいたほうがよいとのアドバイスがありました。この件については、銀行の公式サイトにも回答があります。

申込みから実際の借入れまでにどのくらい時間がかかりますか?

正式審査書類の到着から実行までには通常1ヵ月~1ヵ月半程度かかります。書類等の状況次第では、さらに日数を要する場合もあります。余裕をもった日程でお申込みください。

なお申込日から借入希望日までには所定の日数が必要です。借入希望日が申込日から「新規」の場合で45日以上、「借換」の場合は30日以上先の場合のみお申込みいただけます。

仮審査や本審査を通したあとでも、本契約をするまではキャンセル可能です。また、仮審査の申込は無料なので、複数社の住宅ローンを検討している段階で、早めに住信SBIネット銀行の仮審査にも申し込んでおいたほうが無難です。

繰上返済は最後に気をつける

住信SBIネット銀行住宅ローンは、一部繰上返済手数料が無料です。変動金利を選択している場合は、全額繰上返済手数料も無料なのですが、唯一「固定金利特約期間中のみ全額返済すると3万円+税の手数料がかかる」ので注意が必要です。

しかし、この場合も裏ワザ的なものがあります。最後の繰上げ返済で完済せずに、一番最後の1回のみ通常返済で完済に持ち込めば、繰上返済手数料はかかりません。

つまり、実質的には繰上返済手数料は完全無料だと言えます。

ページの先頭へ戻る