ネット銀行の住宅ローン取扱事務手数料を比較した結果

手数料比較表

住宅ローンを選ぶとき、一番最初に目に飛び込むのは、「金利」だと思います。住宅ローンは長期にわたって組むことが多いので、少しでも低金利の金融機関を選ぶことが、将来的に大きな差になるからです。

一方で、軽視されがちなのが、住宅ローンを組む時に各銀行が定めている「取扱事務手数料」です。一時的な費用であることや、借りるお金の金額に比べると小さいので、意外と軽視してしまう人が多いです。

しかし、住宅ローンを比較する上で一番差がつくのが、実は取扱手数料だったりします。ローンの金利は競争が激しく、各社横並び状態になっていますが、手数料には結構差があります。一見低金利で良い住宅ローンに見えても、実は手数料がケタ違いに高いというケースも。。。

そこで今回は、マイホーム購入の負担を少しでも軽減できるよう、取扱手数料でネット銀行住宅ローンを比較してみました。

住宅ローンを手数料で比較

手数料比較表

今回は、わかりやすいように消費税抜きで比較しています。表示金額には別途消費税がかかります。また、2種類の住宅ローンタイプのうち、安い方(元金均等返済)で比較しています。

主要金融機関に加えて、住宅ローン専門のARUHIを加えています。

比較のコツや手数料の考え方やについては、下記の「住宅ローン手数料の豆知識」の項目をご覧ください。

ARUHI

アルヒ

お申込みはこちら(無料)

フラット35シェアNo.1

ARUHI(アルヒ)は、フラット35シェアNo.1の住宅ローン専門業者です。主に取り扱っているのはフラット35となりますが、「ARUHIフリーダム」という独自のローンも取り扱っています。

いずれの住宅ローンも審査スピードが極めて早いので、少しでも短い期間で審査が完了し、融資してほしい場合には重宝します。

取扱事務手数料は平均的です。しかし、住宅ローンの金利は融資実行日が適用金利になることや、人気物件がすぐに売れてしまうことを考えると、アルヒを選ぶメリットは大きいと言えます。

ソニー銀行

ソニー銀行

詳細はこちら

実は一番優秀な手数料

ソニー銀行は特に変動金利に強みを持つ住宅ローンです。しかし、固定金利プランの競争力も高く、総合的に非常に優秀な住宅ローンだと思います。

多くのネット銀行とは違い、ソニー銀行は元金均等、元利均等による手数料の区別は設けていません。ソニー銀行の住宅ローンでは、変動金利か?固定金利か?によって手数料タイプが分かれます。

つまり、変動金利を選んだ場合は手数料は決して安くないものの、金利が非常に低くメリットがあり、固定金利の場合は業界最低水準の手数料となっていることから、ソニー住宅ローンは総合的にみて優秀であると判断しています。

どちらのプランを選ぶと良いか?という基準は、ソニー銀行の言葉を引用すると、

■変動セレクト住宅ローン
借入金額によって手数料が高くなるので、借入金額が少なめの方におすすめ

■住宅ローン金利プラン
手数料が安いので借入金額が多めの人におすすめ

となっています。

イオン銀行

イオン銀行

お申込みはこちら(無料)

平均的な手数料体型

イオン銀行は、ARUHIと同じく、2種類の返済タイプによって手数料が違います。定額型(元金均等)の場合は一律10万円、定率型(元利均等)は融資金額の2%が手数料となります。

総返済額が少なく済むのは定率型で、初期費用が安くなるのは定額型です。

定率型(元利均等)はアルヒとまったく同じ手数料となりますが、定額型(元金均等)の場合は、ARUHIが手数料0円という破格を提示していることから、やや見劣りします。

もっとも、ARUHIは主にフラット35を取り扱っているローン会社なので、変動金利や当初期間固定金利を選びたい場合は、イオン銀行住宅ローンは選択肢の一つとして検討する価値があります。

新生銀行

新生銀行

お申込みはこちら(無料)

窓口での相談もOK

パワースマート住宅ローンの名称でサービスを行っている新生銀行は、通常の取扱手数料は一律5万円です。しかし、疾病保障などのついた「安心パック」を導入すると手数料が10万円となります。

原則としてほとんどの人が「安心パック」に加入することになると思いますので、ここでは手数料を10万円と記載しました。

ネット銀行住宅ローンの中では平均的な手数料体系です。新生銀行はネット専業ではなく、窓口店舗も多数構えているので、窓口で相談しながら考えられることもメリットの一つでしょう。

楽天銀行

楽天銀行

お申込みはこちら(無料)

フラット35 元金均等返済に強い

楽天銀行は、主にフラット35を取り扱っている銀行です。独自の住宅ローンである「金利選択型」は残念ながら、手数料は高めです。

一方で、フラット35は融資金額の1%なので、アルヒよりもかなり優秀です。フラット35で元金均等返済をしたい場合は、楽天銀行を選ぶメリットはとても大きいです。

手数料は本来1.3%なのですが、返済口座に楽天銀行を選んだ場合に限り、手数料が0.3%優遇され、融資金額の1%となります。楽天銀行住宅ローンを利用すると楽天スーパーポイントの還元キャンペーンなどもあるので、ほとんどの人が楽天銀行を返済口座に利用する事になると思いましたので、ここでは手数料を1%としました。

住宅ローン手数料の豆知識

住宅ローンの返済方法には大きく分けて2種類あります。そして、取扱手数料も、その2つの合わせて違います。

■元金均等返済(定額型)
月々の返済額が徐々に減っていくのが特徴。取扱手数料は高めですが、その分金利が安くなるメリットがあります。総返済額はこちらのほうが安い(お得)なので、お金に余裕がある場合に選択したい返済プランです。

■元利均等返済(定率型)
最初から最後まで月々の返済額が一定です。手数料は低いのですが、総返済額は元金均等返済と比較して高くなります。初期費用を抑えたい場合におすすめの返済方法です。

つまり、2種類あるネット銀行の手数料プランでは、

初期費用を抑えたい → 手数料が安い方を選ぶ
総返済額を抑えたい → 手数料が高い方を選ぶ

ことが良い選択方法となります。

管理人の判定は?

最後に、これらの情報を踏まえて、私なりに「この条件ならこの住宅ローンを選ぶ」というものを考えてみました。住宅ローンの金利は常々変動しますので、ここではあくまでも「取扱手数料」に視点をおいて選ぶことを条件としています。

■元金均等・固定金利の住宅ローンで手数料を安く
ソニー銀行が一番手数料が安いです。返済方法に限らず、固定金利プランを選べば、手数料は4万円で済みます。

■フラット35の元金均等返済で手数料を安く
楽天銀行が一番強いです。元金均等返済は総返済額を抑えることができます。楽天銀行のフラット35は、業界最低の金利でかつ、手数料も安くなるので、「フラット35の元金均等返済」を考えている場合は、メリットが大きいネット銀行です。

いかがでしたか?ぜひ参考にしてくださいね。

イオンカードセレクト