【低金利】住信SBIネット銀行の住宅ローンにデメリットはあるの?

住信SBIネット銀行

ネット銀行の住宅ローンの中でも、低金利で人気が高いのが、住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

住信SBIネット銀行は、SBIハイブリッド預金をはじめ、高スペックなネット銀行として知られており、預金残高も業界No.1となっています。

住宅ローンについても、

と、いいことずくめな内容となっていますが、デメリットはあるのでしょうか?気になったので、ネットの口コミ情報を元に、住信SBIネット銀行住宅ローンのデメリットについて調べてきました。

住信SBIネット銀行住宅ローンのデメリット

住信SBIネット銀行は、低金利で保証料や団信保険料も0円、そして8疾病保障も無料でついてくるというハイスペックな銀行です。特に、8疾病保障は本来なら金利0.3%程度に相当するほど良いものなので、非常にお得感は大きいです。

しかし、そんな住信SBIネット銀行にも、わずかながらデメリットは存在します。

手数料が高い

住宅ローンを借りる場合、「金利」は最も重視される部分です。しかし、契約時にかかる事務取扱手数料も、初期費用として軽視できない費用となります。

住信SBIネット銀行は、他社に比べて手数料が高めというデメリットがあります。

住信SBIネット銀行の事務手数料は融資金額の2%です。金利プランや住宅ローンの種類に限らず、一律で2%の手数料がかかります。一般的な銀行は、例えばソニー銀行住宅ローンのように、安いところでは数万円程度の手数料です。それらと比較すると、手数料はやや高めと言わざるを得ません。

例えば、3,000万円の融資を受けた場合、手数料は60万円となります。なぜ手数料が高めに設定されているのでしょうか?これは、おそらく8疾病保障が無料で付いているので、その分が手数料に反映されているからだと思います。

実店舗がない

住信SBIネット銀行はネット専業銀行なので、実店舗がありません。申込から審査、融資の実行まで、すべてネットと郵送のやりとりで完結します。

私のようなタイプの人間からすると、窓口に出向く必要がないことは、逆にメリットだと感じるのですが、ネットの意見では「実店舗がないから不安」との意見も決して少なくありませんでした。この点についても、住信SBIネット銀行のデメリットと言えます。

実店舗はありませんが、住宅ローンを利用する上でわからないことは、メールや電話でいつでも問い合わせをすることが可能です。(ネット銀行は基本的に店舗を持たないので、その分、電話やメールのサポートに力を入れているところが多いです)

また、実際に住信SBIネット銀行住宅ローンを利用している人の意見では、「実店舗がないからといって、これまでトラブルが起こったという話は聞かない」とのことです。こうした点も、住信SBIネット銀行住宅ローンの不安材料の一つとなります。

審査時間が長め

ネットの口コミに気になる意見がありました。

◯SBIはあれこれ考える前に申請した方がいい
かなり時間がかかるし、その結果減額だったりするし

住信SBIネット銀行は住宅ローンの審査に時間がかかります。急ぎで住宅ローンを組みたい方にとっては大きなデメリットとなってしまいますが、こればかりは仕方ありません。

審査や融資実行までの期間については、住信SBIネット銀行の公式サイトにも記載があります。

■公式サイトより
申込みから実際の借入れまでにどのくらい時間がかかりますか?

正式審査書類の到着から実行までには通常1ヵ月~1ヵ月半程度かかります。書類等の状況次第では、さらに日数を要する場合もあります。余裕をもった日程でお申込みください。

なお申込日から借入希望日までには所定の日数が必要です。借入希望日が申込日から「新規」の場合で45日以上、「借換」の場合は30日以上先の場合のみお申込みいただけます。

また、審査の結果、当初申請していた住宅ローンの希望金額よりも減額される可能性もあります。住信SBIネット銀行はスペックも高く魅力的な住宅ローンですが、複数の候補の中の一つとして検討するのが良いのかもしれません。

審査が厳しい

先ほどの、審査期間の長さにも通じる部分がありますが、ネット銀行の住宅ローンは総じて審査基準が高めの傾向にあります。もちろん、ネット銀行の住宅ローンを利用している人もたくさんいますので、他の銀行と比較して特段厳しいわけではありません。しかし、対面での取引がないだけに、審査基準はやや高めに設定しているのかもしれません。

例えば、オリックス銀行住宅ローンなどは審査基準をある程度明確に設定しています。

参考例:オリックス銀行住宅ローンの申込基準

・同一勤務先に3年以上務めていること(自営業は営業開始後3年以上経過)
・前年度の所得が400万円以上であり、返済中も安定収入が見込める
・ローンの支払いにおいて1年以内に延滞がないこと

他のネット銀行がどのような基準で審査をしているのかはわかりません。この点については、とりあえず仮審査に申し込んで結果を見てみないことにはわかりません。

特に、住信SBIネット銀行は審査結果の判定に時間を要しますので、早めに申請をだし、その上でじっくりと検討することをおすすめします。

住信SBIネット銀行住宅ローンに関する記事

イオンカードセレクト