住宅ローンの豆知識

【低金利】住信SBIネット銀行の住宅ローンにデメリットはあるの?

住信SBIネット銀行

ネット銀行の住宅ローンの中でも、低金利で人気が高いのが、住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

住信SBIネット銀行は、外貨預金金利やATM・振込手数料をはじめ、高スペックなネット銀行として知られており、預金残高も業界No.1となっています。

住宅ローンについても、

  • 保証料・団信保険料0円
  • 全疾病保障が無料で付帯
  • 一部繰上返済手数料も0円
  • 申込から借入までネットで完結

と、いいことずくめな内容となっていますが、デメリットはあるのでしょうか?気になったので、ネットの口コミ情報を元に、住信SBIネット銀行住宅ローンのデメリットについて調べてきました。

住信SBIネット銀行住宅ローンのデメリット

住宅ローンの審査

住信SBIネット銀行は、低金利で保証料や団信保険料も0円、そして全疾病保障も無料でついてくるというハイスペックな銀行です。

特に、通常なら金利に+0.3%ほど上乗せされる「全疾病保障」が無料でついてくるという特典は、住信SBIネット銀行ならではのメリットです。

しかし、住信SBIネット銀行住宅ローンにも、わずかながらデメリットは存在します。

中でも、審査完了までの期間については頭に入れておく必要がありそうです。

手数料が高い

計算

住宅ローンを借りる場合、「金利」を最も重視する方は多いです。しかし、契約時にかかる事務取扱手数料も、初期費用として軽視できない費用となります。

住信SBIネット銀行は、他社に比べて手数料が高めというデメリットがあります。

住信SBIネット銀行の事務手数料は融資金額の2%+税です。

金利プランや住宅ローンの種類に限らず、一律で2%の手数料がかかります。

この「融資額の2%+税」という手数料ですが、住宅ローンの中では一般的な水準です。

しかし、最近は一部の銀行で手数料引き下げの動きが出ていたり、住宅ローンの金利プランによって手数料が安いプランも登場しています。

手数料が安めの住宅ローンの一例
ARUHIダイレクト
フラット35、取り扱いNo.1のARUHI。WEB申し込みなら手数料は1%+税です。
楽天銀行住宅ローン
楽天銀行を返済口座に指定することで、フラット35なら1.3%+税、金利選択型プランなら一律30万円+税の手数料となります。
ソニー銀行住宅ローン
住宅ローン金利プランなら、手数料は4万円+税です。
イオン銀行住宅ローン
定額型プランなら、手数料は10万円+税です。

手数料が低い住宅ローンは、その分金利が高めに設定されていることも少なくありません。

しかし、初期費用とトータル返済額の両方で、金利プランを比較してみることは大切です。

なぜなら、仮に3,000万円の融資を受けた場合、住信SBIネット銀行住宅ローンでは手数料は60万円+税となります。

他社と比較して手数料はやや高めの印象を受けますが、これは「全疾病保障」を無料で付けているため、その分が手数料に反映されていると考えると、自然かもしれません。

対面での相談がおすすめ

どちらの住宅ローンがお得か、手数料・金利・保障などを含めたトータルで比較するのが難しいと感じる方は、対面での相談がおすすめです。

SBIマネープラザでは、住信SBIネット銀行の住宅ローンである「MR.住宅ローンREAL」の取り扱いを行っています。

どの住宅ローンが安くなるのか専門家がシミュレーションしてくれます。対面での相談ですが、相談料などは無料です。

また、住宅ローンの借り換えを検討している方は、モゲチェックプラザの利用がおすすめです。

中立的な立場で、最適な住宅ローンの借り換えプランを選んでくれるサービスです。

固定金利なら、フラット35に強みを持つ「ARUHI」が手数料面で優位に立っています。

また、人気の楽天銀行住宅ローンも、手数料の安さに力を入れている銀行です。

審査時間が長め

オペレーター

ネットの口コミに気になる意見がありました。

◯SBIはあれこれ考える前に申請した方がいい、かなり時間がかかるし、その結果減額だったりするし

住信SBIネット銀行は住宅ローンの審査に時間がかかります。急ぎで住宅ローンを組みたい方にとっては大きなデメリットとなってしまいますが、こればかりは仕方ありません。

審査や融資実行までの期間については、住信SBIネット銀行の公式サイトにも記載があります。

■公式サイトより
申込みから実際の借入れまでにどのくらい時間がかかりますか?

正式審査書類の到着から実行までには通常1ヵ月~1ヵ月半程度かかります。書類等の状況次第では、さらに日数を要する場合もあります。余裕をもった日程でお申込みください。

なお申込日から借入希望日までには所定の日数が必要です。借入希望日が申込日から「新規」の場合で45日以上、「借換」の場合は30日以上先の場合のみお申込みいただけます。

また、審査の結果、当初申請していた住宅ローンの希望金額よりも減額される可能性もあります。

住信SBIネット銀行はスペックも高く魅力的な住宅ローンですが、複数の候補の中の一つとして検討するのが良いのかもしれません。

住宅ローンの審査は、仮審査の段階であれば複数の住宅ローンに同時申し込みをしても問題ありません。(住宅ローンの仮審査は同時に複数申込んでも大丈夫?

いくつか気になる銀行があり、最も早く審査に通った金融機関で住宅ローンを契約しようと考えている場合は、複数の住宅ローンへの同時申し込みがおすすめです。

「住信SBIネット銀行に申し込んで、審査に落ちたら次の銀行へ…」のようにしていると、審査落ちになった場合、計画的な住宅ローン契約ができません。

仮審査のスピードで定評があるのが、ソニー銀行住宅ローンです。

ソニー銀行住宅ローンは、仮審査にAI(人工知能)を導入しており、最短60分で仮審査回答がもらえます。

もちろん、本審査の手続きにはそれなりの時間がかかりますが、仮審査の結果がすぐにもらえるだけでも大きなメリットがあるはずです。

▼さらに詳しい情報が知りたい方はこちら

また、申し込みから融資実行までを「完全スマホ完結」できるじぶん銀行住宅ローンも人気があります。

じぶん銀行は、郵送での書類のやり取りを改善に廃止し、WEB完結ですべての手続きが終えられます。

この手続方法によって、申込みから融資実行まで「最短10日」で完了します。もちろん、住信SBIネット銀行住宅ローンに負けない低金利なので安心です。

じぶん銀行住宅ローンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

審査が厳しい

チェックリスト

先ほどの、審査期間の長さにも通じる部分がありますが、ネット銀行の住宅ローンは総じて審査基準が高めの傾向にあります。

もちろん、ネット銀行の住宅ローンを利用している人もたくさんいますので、他の銀行と比較して特段厳しいわけではありません。

しかし、対面での取引がないだけに、審査基準はやや高めに設定しているのかもしれません。

例えば、オリックス銀行住宅ローンなどは審査基準をある程度明確に設定しています。

参考例:オリックス銀行住宅ローンの申込基準

・同一勤務先に3年以上務めていること(自営業は営業開始後3年以上経過)
・前年度の所得が400万円以上であり、返済中も安定収入が見込める
・ローンの支払いにおいて1年以内に延滞がないこと

銀行が公開している審査基準については、銀行の住宅ローン審査基準を公開!年齢や健康状態を重視することが明らかにで解説しています。

住宅ローンの審査を突破するためには、年収などの属性を高めるほか、頭金を増やすことや借入額を小さくする、その他ローンを完済するといったことがおすすめです。

銀行が住宅ローンの審査で重視している「返済比率」を基準にした、住宅ローン借入可能額シミュレーションを作成しましたので、無理のない借入かどうか確認してみてください。

審査基準は銀行によってかなり違いがあります。

銀行によっては、夫婦での年収を合算できる「ペアローン」を提供しているところもあります。

口コミによると、住信SBIネット銀行は特に審査結果の判定に時間を要します。

また、万が一の審査落ちを考え、候補として検討できる複数の住宅ローンに同時申し込みをしておくことをおすすめします。

▼住信SBIネット銀行住宅ローンのさらに詳しい情報はこちら

→住信SBIネット銀行 フラット35はこちら

住信SBIネット銀行住宅ローンに関する記事

ページの先頭へ戻る