住宅ローンの豆知識

【MR.住宅ローンREAL】住宅ローンは窓口で相談したい!低金利のネット銀行は不安?

対面相談

ネット銀行の住宅ローンは業界の中でも低金利ですが、実店舗を持たないため不安を感じる人もいます。

申込手続きが一度も窓口に行かずに完了するので、忙しい人にとっては便利ですが、「大きいお金を借りるのに対面相談なしは不安だ」と抵抗感を持つ人も少なくありません。

そういう人におすすめしたいのが、SBIマネープラザという相談窓口です。

SBIマネープラザでは、特徴の異なる下記2種類の住宅ローンについて、相談することができます。

SBIマネープラザではMR.住宅ローンREALとARUHI フラットの相談ができる

ネット銀行大手の住信SBIネット銀行が販売する「MR.住宅ローンREAL」とは、住信SBIネット銀行の店舗契約専門の住宅ローンです。

ARUHIという金融機関が扱う「フラット35」は、住宅金融支援機構が運営する、いわば国の住宅ローンです。

他にも、保険商品などもトータルで提案をしてもらえるので、お金のことを幅広く相談したい人にもおすすめです。

今回は、SBIマネープラザで扱っている住宅ローンについて解説します。

来店予約はこちら(無料)

お金のプロに相談できるSBIマネープラザ

SBIマネープラザは相談料無料

SBIマネープラザは、全国に店舗を構える「お金の相談施設」です。

全国に店舗があるので、WEB契約に不安を感じる人にとっては、低金利ネット銀行の住宅ローンを、窓口で相談しながら決めることができるというメリットがあります。

お金のプロが住宅ローンや保険、資産運用といったことについて、幅広くアドバイスをしてくれます。

中でも、住宅ローンについては

  • 住信SBIネット銀行 MR.住宅ローンREAL
  • ARUHI フラット35

の2つを取り扱っています。

MR.住宅ローンREALは変動金利に強く、フラット35は固定金利の住宅ローンと、タイプが異なる住宅ローンを取り揃えていると言えます。

タイプの違う2種類の住宅ローンの比較や、どちらが向いていそうかなどを相談したい場合に役立つ店舗と言えます。

住信SBIネット銀行 MR.住宅ローンREAL

住信SBIネット銀行が運営する、変動金利や10年固定金利で業界トップクラスの低金利を誇る住宅ローンです。

ネットから申し込めるネット専用プランとほぼ同じ内容(むしろMR.住宅ローンREALの方が優遇されている場合もある)で、窓口契約でも手数料などは上乗せされません。

以前は住信SBIネット銀行のサイトでも積極的に案内されていましたが、現在はSBIマネープラザを始めとする代理店が中心となって取り扱う商品となっています。

ARUHI フラット35

フラット35は、最大35年間ずっと固定金利で契約できる国の住宅ローンです。業界最低水準の低金利が評判です。

フラット35を販売している金融機関は多くありますが、SBIマネープラザで契約できるフラット35ではフラット35シェアNo.1のARUHIという会社が販売するものです。

ARUHIは元々WEB完結ではなく、対面契約が必要です。その取扱店の一つとしてSBIマネープラザがあります。

どちらも金利の低さや手数料の安さから、口コミでも人気が高い低金利の住宅ローンです。

一方で、保険については15社以上の保険を取り扱っており、SBIグループ以外の商品についても相談することが可能です。

住宅ローンと保険は深い関係性があります。

たとえば、MR.住宅ローンには全疾病保障に無料で加入でき、生命保険と同じようなリスク管理ができます。

よって、住宅ローンを組む際の疾病保障とあわせて、現在契約中の疾病保険を一部見直す人も多いです。

実際、昔から掛けていた生命保険と住宅ローンの団体信用生命保険などが被っていて、ムダに保険料が発生しているケースは多いと聞きます。

保険見直しの結果、今より保険料をより安くできれば住宅ローンの返済も負担が減ります。

このような、お金に関するライフプランをトータルで相談できるのも、SBIマネープラザの良い点です。

SBIマネープラザで契約すると損じゃないの?

疑問

もう一つの疑問として、対面のSBIマネープラザで契約すると損するのではないか?と考える方もいると思います。(私はなんかはその辺かなりシビアなので…)

例えば、対面で相談した場合に「相談料」や「金利の上乗せ」がされるのではないかと思う人もいるかも知れません。

しかし、これについても心配はありません。

SBIマネープラザでの相談は無料で、金利が上乗せされるなどのデメリットもありません。

SBIマネープラザでの相談料は、「住信SBIネット銀行が負担してくれている」と考えればわかりやすいです。

顧客側の負担ではないので、契約者が損することはありません。

振込手数料が毎月7回無料になる特典

通帳を持つ男性

さらに、もし住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREALに契約すると、住信SBIネット銀行の優遇も受けられます。

住信SBIネット銀行には「スマートプログラム」という、ランクに応じて優遇特典が受けられるサービスがあります。

MR.住宅ローンREALなど住信SBIネット銀行の住宅ローンを契約すると、それだけでスマートプログラムの「ランク3」にアップします。

いきなりランク3にステージアップすることで、下記のようなかなり手厚い優遇を受けられます。

■住信SBIネット銀行 スマートプログラム「ランク3」の特典

  • ATM手数料:入金は何度でも無料、出金は毎月7回まで無料
  • 他行振込手数料:毎月7回無料

つまり、住宅ローンの契約期間中はずっと、ATM手数料も他行あて振込手数料も実質無料になります。

ここまで手数料の優遇がある銀行は、同じネット銀行の中でもほとんどありません。

年間のATM・振込手数料を考えると、これだけでもかなり得できると思います。

SBIマネープラザの来店予約はこちら(無料)

MR.住宅ローンREALは変動金利に強い

金利プラン

住信SBIネット銀行が代理店を通じて積極的に販売しているのが、MR.住宅ローンREALです。

これは、住信SBIネット銀行の独自商品で、SBIマネープラザの窓口でしか契約できない住宅ローンです。

現在、住信SBIネット銀行のサイトでは主にネット専用住宅ローンという、三井住友信託銀行の商品を代理販売しいて、MR.住宅ローンREALはネットから申し込めなくなっています。

この理由は後ほど詳しく解説しますが、金利や手数料のスペック面では「ネット専用住宅ローン」とほとんど同じ(むしろMR.住宅ローンREALの方が少し優遇されている場合が多い)なので、気にする必要はありません。

ネット専用住宅ローンをWebから申込んだ方が得、ということは一切ないので安心です。

「窓口で具体的な相談をしたい」と思う人は、SBIマネープラザでMR.住宅ローンREALを選んでもデメリットは一切ありません。

業界トップクラスの低金利

電卓を持つ女性

MR.住宅ローンREALは数あるネット銀行住宅ローンの中でも、業界トップクラスの低金利を誇ります。

住宅ローン金利は毎月変動するものの、最安金利となっていることも珍しくありません。

住宅ローン金利は申込時ではなく融資実行時の金利が適用されます。申込みから契約までに1ヶ月~2ヶ月程度のタイムラグがあることも珍しくないので、最安金利を狙い撃ちするのは実際難しいです。

よって、最安水準の低金利を常に提供し続けている金融機関を選ぶのが、一番良い選択だと私は思っています。

MR.住宅ローンREALは間違いなく、その中の一つだと言えます。

特に、変動金利と10年固定金利、2年固定金利あたりが強いです。

逆に、固定金利で35年ローンを考えているなら、素直にフラット35を選択した方が良いと思います。

MR.住宅ローンREALで35年固定金利、という契約も可能ではありますが、フラット35の方がお得なのでおすすめしません。

全疾病保障も0円

全疾病保障の説明

MR.住宅ローンREALの最大のメリットは全疾病保障が無料で付けられることです。

さらに団体信用生命保険料、保証料も無料なので、手数料面も非常にお得です。

■MR>住宅ローンREAL 無料の手数料一覧

  • 団体信用生命保険料
  • 保証料
  • 全疾病保障
  • 一部繰上返済手数料

MR.住宅ローンREALで全疾病保障を付帯すると、ケガや病気で働けなくなった時に、月々の返済を保証してもらえます。

さらに一定期間以上働けない状態が12ヶ月続くと、住宅ローンが完済扱いになり返済義務がなくなります。

通常、疾病保障は金利に0.3~0.4%くらいの上乗せをして付帯するのが一般的ですが、MR.住宅ローンREALはこの手厚い保障を無料で付けられる点が大きなメリットです。

ちなみに、MR.住宅ローンREALの全疾病保障でカバーできる範囲は下記のとおりです。

MR.住宅ローンREALの全疾病保障 対象になる疾病
三大疾病
がん、急性心筋梗塞、脳卒中
五大疾病
高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎
その他のあらゆる病気やケガ
精神障害等を除く

日本人の半数以上が3大疾病によって死亡しているという厚生労働省のデータもあり、この保険は住宅ローンの中でも非常に強力な保障です。

また、さらに傷害補償も金利上乗せなしでつけられるので、突然の交通事故などにも備えることができます。

事務手数料などの諸経費は平均的

ビジネス

MR.住宅ローンREALの事務手数料は、借入額の2%+税です。

こちらは、他社と比べても高くも低くもなく、一般的です。

その他、必要になる諸経費は下記のとおりですが、これはどこの金融機関で住宅ローンを契約しても共通で発生する費用です。

■MR.住宅ローンREAL 諸経費

  • 融資内諾証明書:800円+税
  • 印紙税:借入額に応じて2,000円~60,000円
  • 登記関係費用:登録免許税として借入額の0.4%(0.1%になる減税措置あり)
  • 司法書士報酬:登記の手続きを依頼した場合に6~10万円

費用については、借入額などによっても変わってくるので、詳細はSBIマネープラザに出向いた時に対面で聞いてみることをおすすめします。

余談:住信SBIネット銀行が2つの住宅ローンを扱う理由

考える男性

前述のとおり、住信SBIネット銀行は2つの住宅ローン(MR.住宅ローンREALとネット専用住宅ローン)と、フラット35を取り扱っています。

前述の通り、MR.住宅ローンREALとネット専用住宅ローンはどちらもほぼ同じ住宅ローンです。

しかし、前者は店舗窓口でしか申し込めず、後者はネットからしか申し込めません。

このように、住信SBIネット銀行が2つの住宅ローンを使い分けているのには、理由があります。

まず、この2つの住宅ローンは、住信SBIネット銀行のオリジナル商品と三井住友信託銀行の商品という違いがあります。

MR.住宅ローンREAL
住信SBIネット銀行の商品。現在はSBIマネープラザのような販売代理店での展開が中心で、公式サイトではほとんど案内されていない。
ネット専用住宅ローン
三井住友信託銀行の商品。住信SBIネット銀行が販売代理しているが、住信SBIネット銀行だけで取り扱っている専用商品のため、実質的には同社の商品という位置付け。

この理由について、SBIグループの北尾社長が、決算説明会で以下のように語っていました。

住信SBIネット銀行は、あくまでもネット銀行なので、銀行の規模としてはまだまだそこまで多くない。

しかし、競争力の高い住宅ローンを販売した結果、かなり多くの契約数が発生し、住宅ローンの貸出残高が増えすぎている

住信SBIネット銀行にとって、これ以上住宅ローンの貸出残高を増やすことはリスクになるので、収益を分散させるために三井住友信託銀行の商品を代理販売し、手数料を受ける仕組みにした。

つまり、住宅ローンという大型ローンでお金を貸しすぎるとリスクが増える(例:返済できない利用者が出てくるなど)ので、販売元を分散させることでリスクヘッジをしているということです。

銀行は住宅ローンを契約すると、長期間に渡って契約者にお金を貸し出すことになります。

貸出金額があまりに増えると、景気が悪くなった時に住信SBIネット銀行にとっては大きなリスクとなります。

そこで、三井住友信託銀行の住宅ローンを販売すれば、そこでお金を貸すのは三井住友信託銀行なので、住信SBIネット銀行にとってはリスクがありません。

また、販売に応じて三井住友信託銀行から手数料が受け取れるので、資金の回収も早いというわけです。

ちなみに、住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIグループが共同で設立しているので、両社は関係性がある会社です。

SBIマネープラザにはネット予約してから来店する

スマホを持つ男性

SBIマネープラザに来店する際は、事前予約がおすすめです。

多くのSBIマネープラザ店舗ではネット予約ができ、最短30秒で予約が完了するシンプルな予約フォームです。

土日も面談OKの店舗や、夜遅めの20時くらいまで窓口が開いている店舗もあるので、足を運びやすいと思います。

SBIマネープラザのネット来店予約(無料)

ページの先頭へ戻る