住宅ローンを選ぶ時に押さえておきたい5つのポイント

比較のポイント

マイホームの購入は、多くの人にとって一生で一番大きな買い物になると思います。当然、現金一括払いというわけにもいかないので、住宅ローンを活用することになると思います。

住宅ローンを上手に選択するか、なんとなくで決めてしまうかで、利息負担など、その後の生活を大きく左右してしまう可能性があります。

自分自身にとってベストな住宅ローンを選ぶことは、将来の生活においてもベストな選択をすることだ。と言っても、決して言い過ぎではないでしょう。

今回は、住宅ローンを比較するときに「この項目を重視して比較してほしい」と思う5つのポイントを、私なりにまとめました。単純に、住宅ローン金利の比較だけで決めてしまって、本当によいのでしょうか?

住宅ローンを選ぶときにチェックしたい5項目

住宅ローンを選ぶとき、「金利」は多くの人が真っ先に気にする項目です。もちろん、金利は大切な比較ポイントの1つですが、それ以外の要素でも住宅ローンの良し悪しは決まります。

事務手数料

銀行によって意外と大きな違いがあるのが「事務手数料」です。金利プランによっても差がある事務手数料は、場合によっては数十万円以上の差があることも珍しくありません。

例えば、ソニー銀行住宅ローンの金利プランは一律4万円+税の手数料ですが、住信SBIネット銀行の場合は融資額の2%が事務手数料となります。

仮に住信SBIネット銀行で3,000万円の住宅ローンを組んだ場合、2%の手数料は60万円に相当します。ソニー銀行の事務手数料と比較すると、実に56万円もの差があります。

事務手数料は主に、初期費用が多い代わりに返済総額が少なくなる「元金均等返済」か、返済総額は多くなるが初期費用を抑えられる「元利均等返済」によっても、大きく違ってきます。

参照:ネット銀行の住宅ローン取扱事務手数料を比較した結果

保証料

手数料と合わせて気にしたいのが「保証料」です。住宅ローンを組むときに、連帯保証人を用意する必要はありません。それは、「保証会社」が連帯保証人として、もしも返済が滞った時に金融機関に対して代理返済を行ってくれるからです。

連帯保証人がいらない代わりに、住宅ローンを組む時は保証会社の審査に通ることが求められます。その保証会社に支払うための手数料が「保証料」です。

大手金融期間の場合、年数と融資金額によって大きな保証料がかかります。保証料の相場は、1,000万円あたり最大20万円程度なので、融資額によって大きく異なるものの、平均して50万円程度の保証料が必要になります。

保証料は、金利・手数料と合わせて、銀行によって大きな差がある項目です。ネット銀行住宅ローンの場合は、ほとんどが保証料無料(銀行負担)なので、大手銀行と比較するとお得感は大きいです。

繰上返済手数料

お金に余裕ができたら、積極的な繰上返済をすることをおすすめします。繰上返済を活用することで、驚くほど利息負担を圧縮でき、返済総額は減少します。

ネット銀行住宅ローンの多くは、一部・全部ともに繰上返済手数料を無料にしています。大切なのは、「いくらから繰上返済できるのか?」です。

例えば、フラット35の場合は繰上返済は10万円からの受付となっています。また、楽天銀行住宅ローン(金利選択型)は、100万円からしか繰上返済を受け付けていません。

一方で、住信SBIネット銀行新生銀行は、「1円から何度でも手数料0円で繰上返済OK」です。繰上返済の申請はネットから、原則24時間いつでもできます。

ほんの1円でもお金に余裕ができたら、そのつどネットから手軽に繰上返済を進められます。繰上返済手数料0円の銀行を選ぶのはもちろんですが、「いくらから繰上返済できるのか?」は長期的に見ると大きなメリットになり得る項目です。

店舗での相談可否

ネット銀行の多くは「店舗」を持っていません。よって、メールと書類の郵送による「ネット完結」が主流です。住宅ローンの審査から融資実行まで、ネットのみで完結します。

店舗に出向く必要がないので、楽で良いという人も多いです。また、口コミを見てもこれまでネット銀行の住宅ローンでトラブルが起こった話を耳にしたこともありません。ネット銀行は店舗がないぶん、スカイプ相談など、オンラインでのサポートに力を入れているので安心です。

しかし、やはり長期のローンでは返済などのトラブルが生じる可能性がゼロではありません。また、契約変更時にわからないことが出てくるケースも考えられます。そのような場合に備えて「実店舗で対面相談できる環境が欲しい」と思う人が多いのも事実です。

店舗での相談を受け付けているのは、「新生銀行」、「ARUHI」、「イオン銀行」です。また、ソニー銀行も東京駅周辺の住宅ローンプラザで、窓口での相談を実施しています。

おそらく、一番店舗数が多いのはイオン銀行でしょう。イオンモールの店内に、住宅ローンの相談窓口を設けているので、不明点をいつでも相談することが可能です。

金利

上記で、住宅ローンを選ぶ上で重視したいポイントをいくつかご紹介してきましたが、やはり最重要視するべきなのは「金利」です。

金利プランの違いはもちろんですが、住宅ローンは35年など長期間にわたって返済をする人が大半です。ローンは長期になるほど利息負担が大きくなります。

仮に3,000万円を35年ローンで組んだ場合、金利が0.1%違うだけで返済総額に50万円以上の差が付きます

金利は、多くの銀行が毎月1日に更新します。経済情勢も見ながら、ベストな金利水準で住宅ローンを契約したいところです。ちなみに、ソニー銀行では半月前に来月の住宅ローン金利を発表するという面白い取り組みを実施しています。次月の金利を予想する上でも役立つので、おすすめです。

参照:住宅ローン金利予想に使える!ソニー銀行住宅ローンの仕組みが面白い

いかがでしたか?

その他、万が一の保険としてどの程度の「疾病保障」が付くか?も検討することをおすすめします。住宅ローンは長期間の契約を有するものなので、万が一の出来事に備えておくことも大切です。

あまり知られていないのですが、「一見、低金利なのに手数料が高くてトータルでは条件が良くなかった」といったケースも結構あります。自分でシミュレーションをしてみたり、金融機関に相談してみて、いくつかの候補に絞り込むことも大切です。

住宅ローンの審査は100%通るものではありません。もし審査に落ちてしまっても、第二候補、第三候補の金融機関を検討しておけば安心だからです。

審査に落ちて第二、第三候補の銀行で住宅ローンを組むと、多少、条件は悪くなるかもしれません。しかし、マイホーム購入のチャンスは限られていることを考えると、複数の銀行に仮審査の申請を出しておくことは、賢明な住宅ローンを選ぶ上でも大切な方法です。

こちらの記事もおすすめです

イオンカードセレクト