住宅ローン控除とは?家を買う前に知っておきたい3つのこと

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、平成31年6月30日までにマイホームを購入した人が、住宅ローンを利用した場合、所得税の一部が控除される(安くなる)仕組みです。

住宅ローン控除は、「住宅借入金等特別控除」の略称で、ネットなどでは「住宅ローン減税」と言われることも多く、すべて同じ意味です。

住宅ローン控除に関するまとめ

ここでは、住宅ローン控除について押さえておきたい3つのポイントをまとめます。

残高に応じて所得税を控除

住宅ローン残高控除

住宅ローン控除では、毎年の住宅ローン残高に応じて、本来支払うべき所得税が控除されます。
こう言われるとちょっとわかりにくいかもしれませんが、ポイントは2つです。

①住宅ローンを組むと毎月の返済が始まります。
住宅ローン控除は10年間毎年受けることができますが、返済が進むごとにローン残高も減っていくので、ローン残高の減少に応じて、年々控除できる額も減っていくことになります。

②住宅ローン控除で恩恵を受けるのは、あくまでも所得税に対する控除なので、キャッシュバックのようにお金が戻ってくる仕組みではないので注意が必要です。

つまり、住宅ローン控除で所得税が400万円控除できたとしても、あなたの年収が0円だったら、まったく意味のない制度となります。

また、上記の例であなたの年収(所得)が600万円だった場合、住宅ローン控除によって400万円が控除され、所得200万円の範囲にのみ、所得税がかかる仕組みです。

どのくらい控除されるの?

控除の内容は、

となっています。
つまり、住宅ローンを組んだ場合10年間にわたって毎年住宅ローン控除が受けられるのです。

また、対象ローン限度額については、「一般住宅」と「認定住宅」によって少し差が付けられています。

■一般住宅
対象ローン限度額:4,000万円(合計最高控除額は400万円)

■認定住宅(認定長期優良住宅・認定低炭素住宅)
対象ローン限度額:5,000万円(合計最高控除額は500万円)

認定住宅の方が少し優遇されていますね。
まとめると、一般住宅を選んだ場合4,000万円程度の住宅ローン残高があれば、所得400万円の人なら、フルに住宅ローン控除の恩恵が受けられることになります。

適用条件は?

住宅ローン控除を利用するためには、一定の条件を満たす必要があります。

①マイホーム購入後6ヶ月以内に居住し、控除を受ける年の年末に引き続き住んでいること
住宅購入後、途中で引っ越したりすると、その時点で住宅ローン控除が受けられなくなります。

②控除を受ける年の合計所得が3,000万円以下
所得3,000万円以上の、いわゆる「お金持ち」の方は住宅ローン控除が受けられないということですね。

③登記事項証明書の家屋の専有面積が50㎡以上、床面積の2分の1以上が自己居住用であること

④10年以上にわたって分割返済する借入金があること
住宅ローンをはじめ、10年以上の長期ローンを組んでいることが条件です。
ちなみに、勤務先から無利子や1%未満の利率で借りている分や、親族や知人から借りている金額については対象外です。

イオンカードセレクト