ネット銀行住宅ローンが持つ3つのデメリットをまとめてみた

住宅

ネット銀行住宅ローンのデメリットを公開します。

マイホーム購入のための住宅ローンをネット銀行で組む人が増えています。私自身、家を買う時は、低金利なネット銀行の住宅ローンを利用したいと考えていますが、ネット銀行の住宅ローンに不安を感じている方が多いことも事実です。

ネット銀行住宅ローンを利用した人の意見を見ても、特にデメリットやトラブルはなかったという人がほとんどです。

しかし、ネット銀行の住宅ローンにはデメリットもいくつかあります。

ネット銀行住宅ローンのデメリット

ネット銀行の住宅ローンを利用する上でのデメリットは3つあると私は考えています。

窓口店舗がない

一番のデメリットはリアルの窓口店舗がないことです。こればかりは仕方ありません。

ネット銀行は申込から審査、融資実行まで、すべての手続きをネット、メール、郵送で行います。私なんかは、店舗に行く必要がないのでむしろメリットだと思うのですが、ネット完結に不安を感じる人も少なくありません。

住宅ローンは扱う金額も多いですし、提出する書類や記入方法がわからない部分もたくさんあると思います。そういった意味では、担当者付きで窓口で一緒に書類を記入できる対面の方が、安心感はあります。

しかし最近は、ネット銀行でも、専門の住宅ローンアドバイザーによる「スカイプ相談」でいつでもわからないところを教えてもらえるなど、サポートを徹底して充実しています。

また、イオン銀行の場合はイオン各店に「住宅ローン相談窓口」を設置しています。ネット完結の申込ができるだけでなく、不安な人はイオンの店舗に行けばいつでもわからない点をアドバイスしてもらえるので、イオン銀行の住宅ローンは非常に人気が高いです。

また、住宅ローン専門で、主にフラット35を取り扱っているARUHI(アルヒ)も、全国にあるリアル店舗で住宅ローンの相談を受け付けています。

ネット銀行ならではの低金利と対面による相談の両方を利用したい場合は、イオン銀行やアルヒなどは良い選択肢になると思います。

審査が厳しい

利用者の口コミによると、一般的にネット銀行の住宅ローンは審査が厳しいと言われています。理由はわからないのですが、やはり銀行としての規模が都市銀行などに劣る点や、ネット完結で審査をしなければならないといった理由から、審査基準が高く設けられているのかもしれません。

例えば、オリックス銀行住宅ローンは申込基準を明確にしており、

・同一勤務先に3年以上務めていること(自営業は営業開始後3年以上経過)
・前年度の所得が500万円以上であり、返済中も安定収入が見込める
・ローンの支払いにおいて1年以内に延滞がないこと

となっています。正直ハードルは高めだと思います。

一方で、住信SBIネット銀行の住宅ローンは「派遣でも融資可能」だと明確に回答しています。ネット銀行の場合、審査基準は若干高くなるかもしれませんが、年収や職業に関わらず、誰でも利用できる可能性はあります。

信用面の不安

3つめのデメリットは、信用に対する不安だと思います。

住宅ローンは借りる金額が大きく、返済の年数も長期に渡ります。人生の大半が、その銀行と二人三脚で、長い付き合いになるのが住宅ローンです。

そう考えると、35年間も窓口店舗がないネット銀行で大丈夫なのか、将来倒産してしまうのではないか?といった点で不安になる気持ちはわかります。もしトラブルが生じた場合、窓口がないと不安ですよね。

しかし、自己資本比率を見る限り、ネット銀行は財務健全性が高いので安心です。また、基本的にすべてのネット銀行は、メガバンクなど超大手企業の出資によって誕生しているので、強力なバックがいると思って問題ありません。

例えば、ガン50%団信が無料で話題のじぶん銀行住宅ローンは、三菱東京UFJ銀行とKDDIによって設立されたネット銀行です。

35年の間に倒産しない可能性はゼロではありませんが、その点は地銀も同じです。むしろ、親元なる大手が助けてくれる可能性を考えると、倒産に関してはネット銀行の方が安全と言えるかもしれません。

トラブル時に窓口がないのは、ネット銀行で住宅ローンを組む大きなデメリットだと思います。最初のデメリットでも解説しましたが、この点が気になる方は、イオン銀行住宅ローンのように、窓口があるネット銀行の利用が安心できると思います。

基本的にすべてのネット銀行は、繰上返済手数料を無料にしています。万が一トラブルが起こったり、倒産の不安が生じた場合は、住宅ローンの借り換えによってトラブルを回避することも可能です。

窓口相談ができる住宅ローン

こうやって見てみると、ネット銀行住宅ローンのデメリットは、「窓口がない」の一点に尽きるように思います。そう考えると、対面による窓口を持っているネット銀行は非常に安心感がありますね。

最後に、窓口店舗での相談ができる住宅ローンをまとめておきます。

イオン銀行
イオンの各店舗にて住宅ローンの相談窓口を設けています。

ARUHI(アルヒ)
全国にARUHIのリアル店舗があります。

新生銀行
ネット専業銀行ではないので、窓口で相談が受けられます。

ソニー銀行
JR東京駅近くに「住宅ローンプラザ」という店舗があります。

住宅ローンの情報をもっと見る

イオンカードセレクト