本当に安全?ARUHI(アルヒ)って銀行なんでしょうか?

ARUHI

住宅ローンを比較していると、誰もが「異色の存在」に気づくと思います。それがARUHI(旧:SBIモーゲージ)です。基本的に住宅ローンは銀行で契約するものですが、アルヒは存在感がありながらも、正式な銀行ではありませんよね。

スペックなどは魅力的に見えても、「銀行ではないアルヒで借りて本当に大丈夫なのか?」と心配をしている方も多いと思います。私も気になる住宅ローン業者の一つだったので、いろいろ調べてみたことをまとめます。

ARUHIの全容まとめ

「銀行」ではないARUHI。
そのようなところで住宅ローンを組んでも大丈夫なのか?
また、アルヒって一体何者なのか気になったので、全容をまとめます。

住宅ローン専門の金融機関

ARUHIは、銀行ではなく、住宅ローン専門の金融機関です。このような業者のことを「モーゲージバンク」と呼びます。

■モーゲージバンクとは?
証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関

日本初のモーゲージバンクとして「住宅ローンは全期間固定金利が絶対に正しい」という信念のもと、2000年に誕生。その後、2001年には国内ではじめて、インターネットを使った繰上返済サービスの提供を開始したのも、アルヒの実績です。

現在は、住宅ローンを専門に取り扱う会社ですが、決算資料などを見ると、将来的には「個人を対象としたリース業」や、「不動産関連事業」を展開していく計画のようです。

金融大手のSBIグループだった

ARUHIは以前、金融大手のSBIグループでした。

SBIグループの企業として代表的なのは、住信SBIネット銀行でしょう。当サイトでもよく取り上げていますが、代表的なネット銀行として知られています。

また、ネット証券では国内No.1の預り資産を抱える「SBI証券」が有名です。私も資産運用で株式投資などを行っていますが、手数料の安さから、SBI証券を使っています。

その他、有名なのはクレジットカードの「SBIカード」や保険業の「SBI損保」、そして最近ではFX取引の「SBI FXトレード」も存在感があります。

金融関連サービスには非常に強みを持つSBIグループ、その中の住宅ローン専門事業として、SBIモーゲージの名前で営業していました。

しかし、SBIモーゲージは2014年の8月に投資ファンドのカーライル・グループに売却されたため、現在はSBIのグループ会社ではなくなり、その後社名も現在のARUHI(アルヒ)に変更されました。しかし、事業売却後も関係性は継続していくようです。(ちなみに、カーライル・グループは世界屈指の大手投資ファンドです)

韓国KOSPI市場に上場していた

※事業売却に伴い、2015年1月に上場廃止されました。

ARUHIは上場企業です。
しかし、上場企業と言っても、東証やJASDAQといった日本の証券取引所ではなく、韓国取引所のKOSPI市場に上場しています。

KOSPI市場への上場は2012年、日本企業としては初の快挙です。

「韓国」と聞いて、なぜ韓国に上場したのか?と思う方も多いと思います。私も気になったのでその理由を調べて見ました。

韓国市場に上場した理由としては、「韓国取引所KOSPI市場上場を足がかりに、韓国における事業展開、国際的な信用力・競争力の向上を図ってまいります」とのことで、ビジネス上の理由であることがわかりました。

現在、韓国にはモーゲージバンクが存在していないらしく、「韓国初のモーゲージバンクの立ち上げを目指している」と決算関連資料には記載されています。なんか、カッコいいですね。

順調な業績

業績の推移

住宅ローンは35年などの長期間にわたり、契約を結びます。もしも赤字の企業だったら、35年後に本当に存在しているのか?といった不安もあります。

しかし、ARUHIの業績を見る限り、その心配はなさそうです。資料から直近の業績しかわからなかったのですが、大幅な黒字企業となっています。

フラット35 シェアNo.1

市場シェアの推移

特筆すべきなのは、毎年連続で更新している「フラット35のシェア」です。アルヒはフラット35シェアNo.1を達成していますが、その比率は年々増加しており、2014年3月期時点では25%を越えています。

つまり、「4人に1人がARUHIでフラット35を申し込んでいる」ことになります。スペックの高さやサービスの良さが、多くの人の支持を獲得しているのだと思います。

住宅ローンの累計実行金額は2014年7月時点で2兆5,000億円に達しています。

住宅ローンの累計実行金額

専門業者であることの安心感

ARUHIについて色々と調べてみましたが、問題なく安心して利用できる金融機関であることは、間違いありません。

銀行で住宅ローンを組むことには安心感がありますが、逆にアルヒのような「住宅ローンの専門業者」でローンを組むことによる安心もあるのではないかと感じました。

ARUHIでは、全国に相談窓口を設置しています。

これらの相談窓口では、住宅ローンのプロによるアドバイスが受けられます。契約書の書き方や、住宅ローンについてわからないことも、窓口店舗で対面による相談ができることで、解決できます。

また、契約後のトラブルについても、窓口があればすぐに対面で話が聞けるので安心です。このような対面での対応が可能であることも、ARUHIが支持されている大きな理由の一つなのだと思います。

イオンカードセレクト