外貨預金でトルコリラが買えるネット銀行は?金利とリスク・リターンについて

トルコ

政策金利の高い「高金利通貨」として、最近注目を集めているのがトルコ共和国の通貨となる「トルコリラ」です。

一度旅行に行くと「ハマる」と言われるほど魅力的な観光都市であるトルコですが、高金利であるがゆえに、最近では外貨預金やFXなどの「投資対象」として購入する人も増えています。

トルコリラを取り扱っているネット銀行はまだまだ少ないです。しかし、近年トルコ経済が安定しつつあることや、投資家の注目を浴びていることから、新しく取扱を開始する金融機関も増えているのが現状です。

今後、トルコリラの外貨預金を扱う銀行は、より増えると予想します。

トルコリラの特徴

トルコの通貨

トルコは新興国のため、先進国と比較して経済が不安定です。よって、トルコリラの為替相場も大きく変動することがあり、値動きが激しいです。

輸入相手国がロシア、輸出相手国がドイツやイギリスとなっていることから、トルコリラはEUやロシアの経済に影響を受けやすいのが特徴です。

また、政策金利に直結するインフレも、トルコリラ相場を左右する上で外せない指標です。トルコ経済の状態が急変すると、政策金利も大きく変動する傾向があります。これはつまり、外貨預金の金利が大きく変動しやすいことを意味します。

残念ながら、トルコリラは「フラジャイル・ファイブ(脆弱な5通貨)」というあだ名が付けられています。これは、米モルガン・スタンレーがFRB(米連邦準備理事会)の量的緩和縮小に伴って下落しやすい脆弱な通貨であるとして名づけた、悪口のようなものです。。。

フラジャイル・ファイブは、ブラジルレアル、インドルピー、インドネシアルピア、トルコリラ、南アフリカランドの5通貨です。いずれも経常収支が赤字であり、新興国でインフレ率が高い国なので、仕方ありません。

トルコリラへの外貨預金は人気が高まっているものの、このような背景があるため、ハイリスク・ハイリターンな通貨という認識は持っておいた方が良いと思います。

トルコ経済について

トルコ経済

トルコは資源に乏しく、どうしても輸入に頼らざるをえない構造になっています。よって、経常収支は赤字が続いています。

トルコが輸出生産している代表的なものは、衣服などの繊維製品でした。しかし最近では、自動車部品などのような重厚長大産業に力を入れ、経常収支の改善を目指しています。

また、トルコは歴史ある建物などが評価される、観光立国でもあります。毎年2,000万人の旅行客が訪れるトルコでは、観光産業による外貨獲得も中核の一つとなっています。

逆に、輸入しているのはエネルギーなどです。トルコの輸入相手として代表的なのはロシアです。逆に、輸出国の中心はドイツやイギリスなどのEU加盟国となっています。

順調に輸入産業が成長し、外貨がトルコに流入してくるようであれば、政策金利は下がっていきます。しかし、外貨がトルコから流出するとなると、政策金利を大幅に引き上げることによって、外貨の呼び戻しを図ることになります。

政策金利の上昇は外貨預金の金利上昇に比例するため、私達にとって好都合と言えますが、一方で政策金利を高めることは「インフレ懸念」が起こるため、トルコリラ相場が下がることに繋がり、為替差損の影響を受けやすくなります。

また、成長が著しい新興国であるため、インフレが起きやすいのもトルコ経済の特徴です。2000年頃にはハイパーインフレを経験しており、当時のインフレ率は100%を超えました。簡単に言うと、トルコリラが無価値に近い状態になったということです。

しかし、インフレ率は近年急速に回復しており、現在は10%以下の水準を維持しています。

紙幣と小銭の種類

トルコリラ

トルコリラは、英語表記では「TRY」と表されます。数字の単位で使う時は「TL」を使います。また、補助単位として「クルシュ(Kr):が使われており「1TL = 100Kr」となっています。

紙幣の種類は6種類。
200TL、100TL、50TL、20TL、10TL、5TL。

小銭の種類は6種類です。(ただし1Kr、5Krはほとんど出回っていません)
1TL、50Kr、25Kr、10Kr、5Kr、1Kr。

紙幣中心の通貨となります。

トルコリラを外貨預金で扱うネット銀行

女性

トルコリラの外貨預金を取り扱っているのは「新生銀行」と「大和ネクスト銀行」の2行です。新興国通貨(マイナー通貨)であるために、比較的資本の大きい大手銀行だけが、トルコリラの外貨預金サービスを提供しています。

気になる為替手数料ですが、どちらの銀行もそれなりに高いです。。。

大和ネクスト銀行の場合、片道2円の為替手数料がかかります。
新生銀行の場合は、会員グレードによって異なります。プラチナランクなら50銭、ゴールドランクは80銭、スタンダードランクは1円(100銭)となっています。

新生銀行のプラチナランクになれば、トルコリラの為替手数料は通常の半額となりますが、正直言ってプラチナランクを目指すのはハードルが高いです。ただ、大和ネクスト銀行の2円(200銭)と比較すると、新生銀行の方が圧倒的に安いことがわかります。

いろいろな通貨に外貨預金してみよう

その他の通貨は「外貨預金」カテゴリへどうぞ。

関連リンク

イオンカードセレクト