外貨預金でスウェーデンクローナを扱っているお得な銀行はあるの?

スウェーデンクローナ

ノルウェーと並んで、北欧の代表的な国であるスウェーデンで使われているのが「スウェーデン・クローナ」です。スウェーデン、ノルウェー、そしてデンマークの3つの国を「スカンディナヴィア諸国」と呼びます。

首都はストックホルム。国土面積は日本よりもやや広いのですが、人口は約1,000万人程度の小さな国です。

しかしながら、北欧を代表する国として、名だたる企業を輩出しています。スウェーデン発の代表的な企業は、「H&M」、「イケア」、「ボルボ(VOLVO)」、そして掃除機などで有名なエレクトラックスや、通信機器メーカーの「エリクソン」など。いずれも北欧らしい、オシャレ感のあるメーカーばかりです。

スウェーデンクローナは、よく「スウェーデンクローネ」と言われることもあるのですが、Google検索に聞いてみたところ、「クローナ」の方が正しいようです。(おそらく呼び方はどちらでも正解だと思います)

スウェーデンクローナの特徴

スウェーデンの通貨

スウェーデンクローナの値動きを語る上では、「ユーロ」が欠かせません。同じヨーロッパ地方の国であり、スウェーデンはEU加盟国でもあるからです。

ただ、2003年の国民投票の結果、ユーロの導入は見送る結果となり、EU加盟国でありながら、通貨に関してはスウェーデンクローナを継続して使っています。

値動きがユーロと連動しやすいだけでなく、政策金利もEU諸国に連動しやすいのがスウェーデンの特徴。現在はマイナス金利に突入しており、外貨預金の「金利」としての旨味はありません。

スウェーデンクローナを取り扱っているネット銀行でも、外貨預金金利は「0.001%」と日本の円普通預金よりも低い金利です。。。

ただし、北欧通貨の中では一番取引されているので、ユーロ圏の経済が回復するに従って、スウェーデンクローナも見直されていく可能性は高いです。

スウェーデン経済について

スウェーデンの通貨

前述のように、ユーロとの連動性が高いのですが、スウェーデンの国自体は非常に豊かです。経常収支は毎年黒字を続けており、北欧メーカーに代表されるように、製造業の輸出が盛んです。主な貿易相手国となるのは、やはりEU諸国です。

製造業の他に農業も活発で、その他に鉄鋼製や木材の資源類も豊富。輸入・輸出のバランスがとれた良い国だと思います。

ノルウェーと同じく、消費税は25%と非常に高いのもスウェーデンの特徴です。高い税率を掲げるかわりに、社会福祉を充実させるのは北欧諸国によく見られる傾向です。

ただし、すべての品目に25%の税率が設定されているわけではなく、生活必需品となる食料品は12%とやや低めです。一方、贅沢品のゲームなどは消費税が高く設定されています。

社会福祉はかなり充実していて、所得が低い人でも十分生きていける国家です。

また、子育てに対する支援も手厚いです。

スウェーデンが子育てをする女性に対する手厚い支援を行う背景には、女性の労働参加率が高いことにあります。男女共同参画社会を実現しているスウェーデンでは、女性の労働参加率が76%に達しています。(ちなみに日本は48%)

また、公務員の数が全体の3割となっているのも特徴です。(日本は1割未満)

稼いでも税金でかなり引かれてしまいますが、それでも日本では考えられないぐらい社会福祉が充実しています。

紙幣と小銭の種類

スウェーデンクローナ

韓国ウォンは、英語表記では「SEK」と表されます。補助単位はノルウェーと同じ「オーレ(Ore)」です。

紙幣の種類が5種類。
20、50、100、500、1,000SEK。

小銭の種類は4種類で、すべてに王冠のマークが刻印されています。
スウェーデンの「クローナ」は王冠という意味だからです。
50Ore、1、5、10SEK。

スウェーデンクローナを外貨預金で扱うネット銀行

ソニー銀行

ネット銀行でスウェーデンクローナの外貨預金を扱っているのは「ソニー銀行」だけです。こういったマイナー通貨に預金できるのは、外貨預金に力を入れているソニー銀行ならでは。

ただし前述の通り、スウェーデンの政策金利の低さから、今のところ高金利は期待できず、あえて外貨預金をするメリットは低いです。。

為替手数料は、1スウェーデンクローナあたり9銭です。ただし、外貨預金残高に応じて3つの上位ステージがあり、それぞれ8銭、7銭、6銭と段階的に手数料が引き下げられます。

ソニー銀行は、その他にも対米ドルのスウェーデンクローナに外貨預金できたり、ブラジルレアルや中国人民元を扱うなど、外貨預金には強いです。

また、すべての外貨に対して500円からの積み立て預金ができるので、お子様でもムリなくコツコツと貯めて行くことも可能です。

いろいろな通貨に外貨預金してみよう

その他の通貨は「外貨預金」カテゴリへどうぞ。

イオンカードセレクト