高金利!外貨預金に強みを持つおすすめネット銀行まとめ

外貨

普通預金や定期預金は、どの銀行を選ぶかによって大きな差が生まれます。それは、外貨預金も同じです。少しでも金利が高く、手数料が安いネット銀行を選ぶことで、外貨預金もより賢く運用することが可能です。

今回は、外貨預金に強みを持つおすすめのネット銀行を3社紹介します。各社それぞれ特色があるので、用途に応じて使い分けすると良いと思います。

外貨預金に強いネット銀行

外貨預金に力を入れているのは、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、ソニー銀行の3社です。いずれも、外貨預金だけでなく、その他のサービスにおいてもおすすめしたい、優良銀行です。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

口座開設はこちら(無料)

高金利なのに手数料が安い

ジャパンネット銀行が外貨預金サービスを開始したのは2014年で、業界では最後発です。しかし、競争力の高い外貨預金サービスは評判で、金利・手数料ともに業界トップクラスの実力を誇ります。

外貨預金金利は、他のネット銀行を大きく引き離す高金利を設定しています。さらに、サービスを開始したばかりということもあって、積極的なキャンペーン金利も展開しています。

また、手数料(為替コスト)も業界最低水準に設定しています。どの通貨に外貨預金しても、ジャパンネット銀行を選んでおけば「手数料が高くついた」ということにはなりません。

参照:外貨預金もできるだけ安く、ネット銀行10社の為替手数料を比較

ソニー銀行

ソニー銀行

詳細はこちら

500円からの外貨積立預金

じぶん銀行を始め、多くの銀行では外貨預金をするのに最低1万円が必要です。しかし、ソニー銀行の場合は、たった500円から外貨積立預金ができます。毎月500円からコツコツと貯められるので、小学生のお小遣いの運用先としても活用できそうです。

また、ソニー銀行では米ドルやユーロをはじめ12ヶ国の通貨を取り扱っています。いずれの通貨も500円から積立預金ができるのが大きな特徴です。

例えば、12ヶ国すべての通貨に分散して外貨預金しても、毎月たったの6,000円(500円×12ヶ国)で済みます。飲み会2回分の料金で、12ヶ国もの通貨に外貨預金として積立ができるのは、ソニー銀行だけが実現できる大きなメリットです。

参照:
【評価したい】500円から外貨預金が始められるソニー銀行の凄さ
為替手数料は業界最安水準!ソニー銀行外貨預金のメリット・デメリット

イオンカードセレクト