高金利でハイリスクなブラジルレアル!外貨定期預金で長期的なリターンが可能

ブラジル

ブラジルレアルは、高金利通貨として人気が高いです。銀行や証券会社のホームページを見ても、ブラジルレアル建ての投資信託や債券が多数販売されています。

しかし、ハイリターンにはハイリスクがつきものです。ただ金利が高いからというだけで、ブラジルレアルを選んでしまうのはちょっと危険です。

ここでは、ブラジルレアルがどのようなリスクを持ち、そしてなぜ高い金利を提供しているのか紹介します。

ブラジルレアルの特徴

ブラジルの通貨

高金利なブラジルレアルは、投資家から大きな注目を浴びています。よって、海外からの資金が大きく流入していることで知られています。

しかし、ブラジルレアルが高金利となる理由は、「ブラジル経済がインフレに悩まされているから」です。インフレを抑えるために、政策金利を段階的に引き上げているのが現状です。

インフレになると金利は上昇します。一方で、インフレになるほど通貨の価値は目減りします。つまり、「為替差益・為替差損」といった為替レートの部分で損失が出やすいということです。

配当金のような定期的に得られる収入を「インカムゲイン」、株式の売却益や外貨預金解約時に発生する為替差益のような一時損益のことを「キャピタルゲイン」といいます。

簡単に言うと、ブラジルの金利は非常に高く段階的に上がっているため、「インカムゲイン」は拡大傾向にあるものの、それに伴って「キャピタルゲイン」では損失が出やすい状態になっていると言えます。(必ずしもこの相関は一致するわけではありません)

かつて、1990頃にブラジルはハイパーインフレを経験し、レアルの通貨が著しく下がったことがあります。新興国(発展途上国)であるが故に、経済は常に不安定な状態で成長を続けています。

ただ、投資家は「高金利(高利回り)」という言葉に弱いことも事実。。。リスクが高いとわかっていても、やはりブラジルレアルは人気があります。

最近、投資信託の中で「通貨選択型」というものが登場しているのですが、その中でもブラジルレアルを選択する人が多く、そのシェアは全体の70%にも及ぶのだとか。。

前述の通り、インカムに強い分キャピタルには弱いケースが目立つのが、ブラジルレアルの特徴です。個人的には、ブラジルレアルは長期的な運用を視野に入れてより金利をアップする「外貨定期預金」と相性が良いと思います。

ブラジル経済について

ブラジル経済

国土面積、人口ともに世界第5位を誇っており、大きく成長ができるポテンシャルを、ブラジルは持っています。

ブラジルは、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国の頭文字を取ったもの)の中の一国として、貧しい新興国ながらも著しい経済成長を遂げてきました。

その地道な努力の結果、2014年にはサッカーワールドカップ開催国となり、そして2016年にはリオデジャネイロ・オリンピックの開催が決定しています。

こういった背景もあり、リスクが高いとわかっていながらも、海外の投資家がブラジルレアルに注目しているのです。

ブラジルは資源大国なので、鉄鉱石などの資源の価格にレアル相場も影響を受けます。また、大豆やコーヒー、オレンジジュースといった農産物の輸出量も多い、農業大国でもあります。あまり知られていませんが、ブラジルは鶏肉の輸出量では世界No.1となっており、輸出によって成り立っている国ということもできます。

紙幣と小銭の種類

ブラジルレアル

ブラジルレアルは、英語表記では「BRL」と表されます。数字の単位で使うときは「R$」を使います。それ以下の単位はセンターボと呼ばれており「100¢ = R$1」となります。米ドルなどと同じですね。

紙幣の種類は6種類。
R$2、R$5、R$10、R$20、R$50、R$100

小銭の種類は6種類です。
R$1、¢1、¢5、¢10、¢25、¢50

ブラジルレアルを外貨預金で扱うネット銀行

じぶん銀行

ブラジルレアルへの外貨預金は日本でも人気が高いです。よって、取り扱っているネット銀行も複数あります。特にソニー銀行は最もブラジルレアルに力を入れているネット銀行だと思います。

■じぶん銀行
ソニー銀行と同様に、片道手数料90銭です。

■ソニー銀行
通常の片道手数料は90銭です。しかしソニー銀行では外貨預金残高に応じて3つのステージを設定しており、ステージが上がるごとに段階的に、80銭、70銭、60銭と手数料が下がります。

■新生銀行
スタンダードランクだと100銭、ゴールドで80銭、プラチナランクで50銭の手数料となります。最上位ランクになると手数料は最も安いですが、新生プラチナはハードルが高いです。

いろいろな通貨に外貨預金してみよう

その他の通貨は「外貨預金」カテゴリへどうぞ。

外貨定期預金に関する記事

イオンカードセレクト