豪ドルMMFはお得なのか?外貨定期預金との金利を比較

オーストラリア

高金利な海外通貨として人気の豪ドル(オーストラリアドル)は、外貨預金やFX、そして外貨建てMMFでも評判です。

一般的に新興国の外貨預金はインフレによって円高に振れやすいデメリットがありますが、豪ドルは高金利かつ先進国通貨なので、他の国と比べても安定的に運用できます。

豪ドル建ての通貨を選ぶ場合、

のどちらを選んだほうがお得なのでしょうか。
以前、外貨建てMMFと外貨預金の違い!サルでもわかるMMF入門という記事で外貨預金と外貨建てMMFを比較しました。

その際に、金利(利回り)と為替手数料の両方を考えて選ぶことをおすすめしましたが、今回もその2点を重視しつつ、比較してみました。

豪ドルMMFと外貨預金を比較

金融商品の比較

下記の比較表は記事執筆時点(2016年1月)の情報です。証券会社が扱っているのが外貨建てMMF、銀行が扱っているのが外貨預金となります。

会社名 豪ドル建て利回り(金利) 豪ドル 為替手数料
野村證券 年1.622% 80銭
大和証券 年1.367% 100銭
マネックス証券 年1.538% 70銭
楽天証券 年1.527% 70銭
SBI証券 年1.527% 100銭
ジャパンネット銀行 年0.6% 30銭
ソニー銀行 年0.6% 45銭
じぶん銀行 年0.20% 100銭
楽天銀行 年0.50% 45銭
住信SBIネット銀行 年0.40% 30銭

※手数料は片道です。買付・解約までを考える場合、手数料は表記の2倍になります。

仮に300万円を1年間運用した場合、運用結果は以下のようになります。(為替変動はなかったものと考える)

会社名 運用結果
野村證券 48,660円の利益 – 48,000円の手数料 = 8,660円の利益
大和証券 41,010円の利益 – 60,000円の手数料 = マイナス18,990円の利益
マネックス証券 46,140円の利益 – 42,000円の手数料 = 4,140円の利益
楽天証券 45,810円の利益 – 42,000円の手数料 =3,810円の利益
SBI証券 45,810円の利益 – 60,000円の手数料 =マイナス14,190円の利益
ジャパンネット銀行 18,000円の利益 – 18,000円の手数料 =プラマイゼロ
ソニー銀行 18,000円の利益 – 27,000円の手数料 =マイナス9,000円の利益
じぶん銀行 6,000円の利益 – 60,000円の手数料 =マイナス54,000円の利益
楽天銀行 15,000円の利益 – 27,000円の手数料 =マイナス12,000円の利益
住信SBIネット銀行 12,000円の利益 – 18,000円の手数料 =マイナス6,000円の利益

証券会社の外貨建てMMFは、利回りが高いが手数料も高い
銀行の外貨預金は、利回りは低いが手数料も低い
という特徴があります。

しかし、1年間の運用で結果を見てみると、100%損してしまうケースもチラホラ。。。

外貨預金だからお得だと思ってやってみたら、実は手数料の分だけ損をしていたというのはよく聞く話ですが、中でもじぶん銀行の54,000円の損失はかなり酷いです。。。

このように比較してみると、外貨預金よりも外貨建てMMFの方が良い結果になっていることがわかります。そして忘れてはいけない重要な要素。それが、

手数料は一度きりだが、金利は保有期間が長いほど増える

ということです。
つまり、1年の運用だけで見ると損になっていても、2年3年と運用期間を伸ばしていけば、確実に得するようになっています。例えじぶん銀行のようなスペックでも、長期で運用すれば利益はでます。

長期運用になるほど外貨建てMMFが強い

複利効果

また、運用期間が長くなるほど、「利回りが高い金融機関を選ぶのほうが、利益が雪だるま式に増えやすい」です。

つまり、買付時と解約時に高い為替手数料を支払ったとしても、最も高い利回り(金利)を提供している金融機関を選んだほうが、長期の視点で考えると得策だということです。

仮に、300万円を複利計算で5年運用すると、結果は歴然とした結果になります。

会社名 運用結果
野村證券 251,321円の利益 – 48,000円の手数料 = 203,321円の利益
大和証券 210,733円の利益 – 60,000円の手数料 = 150,733円の利益
マネックス証券 237,906円の利益 – 42,000円の手数料 = 195,906円の利益
楽天証券 236,152円の利益 – 42,000円の手数料 =194,152円の利益
SBI証券 236,152円の利益 – 60,000円の手数料 =176,152円の利益
ジャパンネット銀行 91,086円の利益 – 18,000円の手数料 =73,086円の利益
ソニー銀行 91,086円の利益 – 27,000円の手数料 =64,086円の利益
じぶん銀行 30,120円の利益 – 60,000円の手数料 =マイナス29,880円の利益
楽天銀行 75,753円の利益 – 27,000円の手数料 =48,753円の利益
住信SBIネット銀行 60,481円の利益 – 18,000円の手数料 =42,481円の利益

最終利益はほぼ、利回り(金利)が高い順になっていると思います。

5年運用してまだ損失状態のじぶん銀行、、、実はこういうことも結構あります。これは同社が豪ドルの外貨預金に力を入れていない証拠です。

しかし、他の通貨だと他社よりも良い結果になったり、キャンペーン金利が提供されていることもあり、結局のところ、損か得かは自分自身で計算するしかありません。

ただ、原理原則として私がおすすめしたいのは、「長期運用を考えるなら手数料よりも利回り(金利)が高いところを選ぶこと」です。

また、そのように考えた場合、銀行の外貨預金よりも証券会社の外貨建てMMFの方がメリットが大きくなるケースが多いです。

外貨建てMMFについてもっと詳しく

イオンカードセレクト