デビットカード一覧

スルガ銀行Visaデビット付きキャッシュカード

スルガ銀行デビットカード

スルガ銀行で口座開設をすると、15歳以上ならVisaデビットが標準装備されたキャッシュカードを持つことができます。

審査不要、年会費も無料で国際シェアNo.1のVisaブランドのデビットカードを持つことができ、国内外のお店やネットショッピングで広く利用できます。

補償や特典が充実している銀行系のVisaデビットには年会費有料のものも多いので、無料でVisaブランドのデビットカードを持ちたい人におすすめです。

また、カード申込時に自動貸越サービスという機能をセットすると、ATMからキャッシングが利用できるようになります。

スルガVISAデビットの特徴

スルガ銀行デビットカードには、利用金額に応じて得られるキャッシュバック特典や、万が一に備えての補償制度が付帯しています。

スルガ銀行の口座を作ることが利用条件となりますが、年会費無料で使えるデビットカードなので、誰でも使いやすい一枚になると思います。

15歳以上なら審査不要で誰でも持てる

財布を持つ男女

スルガ銀行で15歳以上の人が口座開設をすると、原則誰でもVisaデビット機能付きキャッシュカードを受け取ることになります。

審査不要で特別な手続きもなく、アプリやWEBから申し込めます。

※15歳未満の未成年が口座を開設する際は、親権者が店舗窓口で手続きをすることでデビット機能なしのキャッシュカードを発行できます。

デビットカードが審査不要の理由

審査が必要なクレジットカードと違い、デビットカードが審査なしで発行できるのは、信用取引をしないからです。

後払いのクレジットカードと違い、デビットカードは決済をすると銀行口座から即時引き落としとなるので、口座残高以上の支払いができません。

そのため、予算以上のお金を使いすぎて破産するリスクがなく、銀行側としては口座開設ができる人になら誰でも発行できます。

デビットカードは銀行口座から直接支払うような感覚で使えるので、現金感覚で支払えるカードです。

現金派の人や、クレジットカードは使いすぎが怖くて持ちたくない人にも使いやすい決済方法と言えます。

それでも使いすぎが不安な人は、スルガ銀行のデビットカードは1日あたりの利用限度額も自由に設定できるので、「1日1万円」のように支払い上限を設定しておくと安心です。

利用明細が家計簿代わりになる

スマホを操作する女性

デビットカードの利用履歴は、すべてWeb上の「利用明細」に残ります。

基本的には買い物後すぐに反映されるので、いつでもスマホから「いつ、どこで、どんな支払をしたか」をチェックできます。

なので、実質的にはカードで決済するたびに家計簿やおこづかい帳を記録していることになります。

レシートを受け取らなくても自動的に出費を記録していけるので、家計管理も楽になります。

家計簿アプリのマネーフォワードにも連携できます。

また、デビット決済をした時にメールで通知する設定もできるので、万が一カードの不正利用があった時にも気づきやすいです。

その場で「何にいくら使われてしまったのか」を確認し次第、すぐにスルガ銀行のサポートに電話すれば、不正利用補償を受けることができます。

0.2%のポイント還元率

ポイント

スルガ銀行デビットカードで支払いをすると、利用代金の0.2%がキャッシュバックされます。

つまり、デビット決済をすると常に0.2%の値引きになるので、日頃から節約ができます。

しかし、実はスルガ銀行で複数あるインターネット支店のうち、スルガ銀行リクルート支店でデビットカードを作ると、還元率が0.8%までアップするので、還元率重視ならそちらがおすすめです。

0.8%という還元率は、デビットカードの中でも非常に高いです。

スルガ銀行の、ネット申込が可能なインターネット支店は現在5つです。

■スルガ銀行 各インターネット支店の還元率

支店名 還元率 還元されるポイント
リクルート支店 0.8% リクルートポイント
ANA支店 年間利用額が100~200万円未満で3,000マイル、200万円~で8,000マイル ANAマイル
Tポイント支店 0.2% Tポイント
Dバンク支店 0.2% キャッシュバック
ドリームダイレクト支店 0.2% キャッシュバック

たとえば、リクルート支店のデビットカードを使って年間50万円を使った場合、4,000円分のポイントが還元されます。

リクルートポイントはじゃらんやホットペッパーなどのリクルートのサービスで1ポイント1円で使えるほか、Pontaポイントに交換もできます。

ポンタポイントはローソンなどの値引きに使えるほか、JALマイルやdポイントに交換することもできるので、利便性が高いポイントです。

現金キャッシュバックにこだわらず、還元率重視で選ぶなら、リクルート支店での開設がおすすめです。

もし「ANAマイル」を貯めたいなら、年間利用額が100万円以上だと大きなポイントバックがあるスルガ銀行ANA支店が便利です。


あわせて読みたい:
スルガ銀行ANA支店

ATM・振込手数料が節約できる

銀行ATM

スルガ銀行デビットカードを使うと、ATMに行く機会が減るのでATM手数料を節約できます。

デビット決済は銀行残高から直接支払うので、現金のように使えます。

よって現金を使う機会が減り、ATMに何度もお金をおろしに行くという手間が省けます。

さらに、ネットショッピングで銀行振込やコンビニ払いをしていた人は、それらの手数料も不要になります。

スルガ銀行VISAデビットカードは、VISAカードが使える通販サイトなら「クレジットカード決済」扱いで利用できます。

基本的にネット通販のカード決済は、手数料がかかりません。

銀行振込を選ぶと振込手数料、コンビニ払いを選ぶとコンビニ決済手数料が数百円かかると思うので、それらも節約することができます。

海外でも使える

旅行中の女性

スルガ銀行Visaデビットカードは、「VISA」マークのある海外のお店でも国内と同じように使うことができます。

海外でVisaデビット決済をした場合も、日本の銀行口座から円換算された金額が即座に引き落とされるので、現地通貨を持たずに買い物ができます。

もし現金が必要な場合も、VISAが展開しているATMネットワーク「PLUS」マークのあるATMにスルガ銀行デビットカードを挿れれば現地通貨が引き出せます

自分の円預金の口座から、海外レートに合わせた現金を直接引き出すので、発生する手数料は海外事務手数料(3.0%)や換算レートのコストのみです。

クレジットカードでATMから現金を引き出すこともできますが、その際は海外キャッシング扱いとなるので利息が発生します。

利息の金利は年18.0%ほどになることが多く、消費者金融カードローンと同じくらいの利息を払うことになります。

よって、海外での現金引き出しにおいては、スルガ銀行デビットカードの方が割安です。

両替手数料と比べても、デビットカードの方が手数料はずっと少なく済みます。

不正利用などの手厚い補償

安心

スルガ銀行デビットカードには、万が一のときに備えられる下記2つの補償制度が付いています。

特に、カードを持つことに抵抗感がある人にとって、不正利用補償は大きな安心感になると思います。

お買い物安心サービス
スルガ銀行デビットカードで購入した商品が盗難や破損の被害にあった場合、購入日より60日以内であれば最大30万円までを補償してもらえます。(自己負担額5,000円)
不正利用補償
デビットカードが第三者によって不正利用されてしまった場合、スルガ銀行に不正報告をした日から61日前までさかのぼって不正利用金額を補償してくれます。

不正利用補償があるので、スルガ銀行デビットカードが入った財布を落としてしまった時なども安心です。

その点では、現金を持ち歩くよりデビットカードを使うほうが安全とも言えます。

スルガ銀行の不正利用補償は、カスタマーサービスに不正報告の相談をした日から約2ヶ月前の被害まで補償してもらえるので、カード紛失や不正利用に気付いたらなるべく早く電話することをおすすめします。

また、デビットカードの利用があった時は都度メールで通知が来るので、不正な利用があった場合もすぐに気づけます。

スルガ銀行Visaデビットの口コミ評判は良い

口コミ

スルガ銀行のネット上の口コミを見ていると、「デビットカードのパイオニア的存在」という声が多くありました。

スペック面でも、年会費無料という点やスルガ銀行の優遇について評価する口コミが多く、評判が良い印象でした。

スルガ銀行はデビットカードが便利だったから高校生の時から使ってたけれども、即引き落としの所為で通帳がもの凄く圧迫されるのがデメリット。他のカードは月一で纏められてるから、その心配はない。

— はまのタスケ(非公式) (@ajhjhaf)

スルガ銀行は業界の中でもいち早くデビットカードを取扱い始めたので、「ずっと前からスルガ銀行のデビットカードを使っている」という人も多かったです。

年会費無料で、国際ブランドVisaのデビットカードが作れるという申込みハードルの低さも、スルガ銀行でデビットカードを持ちやすい理由だと思います。

「クレジットカードとは違って前払いだから良い」という声もありました。

一方、決済を頻繁にすると利用明細が長くなってしまうという口コミもあります。

クレジットカードは1ヶ月の利用分をまとめた金額が利用明細に残ることが多いですが、デビットカードは銀行口座と紐づけて使うので、決済のたびに履歴に残ります。

これは「利用内訳がひと目でチェックできてわかりやすい」というメリットでもありますが、見づらいと感じる人もいるようです。

自分に合うインターネット支店を選ぶのがポイント

考える男性

銀行系カードでありながら、年会費完全無料で使える「スルガ銀行のVisaデビットカード」は、十分おすすめできるカードです。

スルガ銀行は以前からデビットカードに力を入れていたので、愛用者も多いです。

ただし、利用に際してはスルガ銀行の口座を開設する必要があります。

スルガ銀行は静岡の地銀ですが、インターネット支店なら来店不要で全国から申し込めます。

より便利にデビットカードを使うなら、複数あるインターネット支店のうちどこで口座開設をするかがポイントになります。

■スルガ銀行 各インターネット支店がおすすめの人

リクルート支店
リクルートポイントやPontaポイントを貯めたい人、ポイント還元率重視の人
ポイント還元率が一番高く0.8%という点が最大のメリット。還元されるのはリクルートポイントなので、リクルートのサービスを利用している人やPontaを貯めている人は手軽に活用できる。
ANA支店
ANAマイルを貯めている人
給与振込口座指定など、特定の取引をするとANAマイルが貯まる。また、全日空で多くフライトを利用していると、ATM手数料無料などの優遇もあり。
Tポイント支店
Tポイントを貯めたい人
給与振込口座に指定、もしくは定期預金を利用すると、さらにTポイントが貯まるようになる。
Dバンク支店
投資信託もしくは定期預金を活用したい人
156銘柄ものノーロード投資信託を取り扱っている。定期預金の金利も高く、貯蓄や資産形成をしたい人向け。
ドリームダイレクト支店
宝くじつき定期預金に魅力を感じる人
円・外貨ともにジャンボ宝くじが付いた定期預金あり。


Tポイントを貯めたい人はこちら:
VisaデビットTカード(スルガ銀行)

関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る