デビットカード一覧

りそなデビットカード(Visaデビット)

りそなデビットカード券面

りそな銀行が発行している「りそなデビットカード」は、VISAマークのお店で使えるデビットカードです。

デビットカードとは、支払い時に口座残高から即時引き落としになるカードで、後払いのクレジットカードのように使いすぎることがないのがメリットです。

「VISA」の加盟店なら、クレジットカードと同じように国内・海外を問わず使えます。もちろん、ネットショッピングでも利用できます。

りそな銀行は、そんなデビットカードを2種類扱っています。

今回はりそな銀行のデビットカードを比較し、主に年会費無料のりそなデビットカード(Visaデビット)について、わかりやすく開設します。

2種類のVisaデビットカード

りそな銀行デビットカード

りそなデビットカードには、2つのラインナップがあります。

1つは、「りそなデビットカード」という、自社オリジナルのポイントが貯まるカードです。

もう1つは、「りそなデビットカード<JMB>」という、自社ポイントの代わりにマイルがJAL貯まるカードです。

いずれも国際ブランドはVisaですが、利用代金に応じてたまるポイントや年会費が異なります。

内容 りそなデビットカード りそなデビットカード<JMB>
年会費 無料 1,000円+税
※年1回以上ショッピングをした人、もしくは25歳以下の人は年会費無料
貯まるポイント りそなクラブポイント JALマイル
ポイント還元率 0.5%
(200円=1ポイント)
0.5%
(200円=1ポイント)
ネット申込 可能 可能

りそな銀行オリジナルの「りそなデビットカード」は、年会費無料とうい点が1番の魅力です。

利用代金に応じて貯まったりそなクラブポイントは、電子マネーnanacoやTポイントなど、さまざまなポイントと交換することが可能です。

一方、りそなデビットカード(JALマイレージバンク)は、りそなクラブポイントのかわりにJALマイルが貯まります。

JALの飛行機によく乗る人は、りそなデビットカード<JMB>を選んだ方がお得です。

年に1回でもデビット決済をすれば年会費は無料になるので、日常的にデビットカードを使う人は実質年会費無料で使うことも可能です。

JALマイルを貯めたい人はJMBタイプを、そうでない方はオリジナルを選ぶと良いでしょう。

りそなデビットカードの主な特徴

デビットカードは銀行口座と結びつけて使います。

よって、普段りそな銀行を利用する機会が多い方にとって、りそなVisaデビットカードは特に使いやすいサービスとなります。

りそなクラブポイントが貯まる

ポイント

りそなVisaデビットカードでは、利用金額に応じてりそなクラブポイントが貯まります。

月間の利用金額1,000円ごとに5ポイントが貯まります。

ポイント還元率はJMBカードと同じですが、JMBカードはJALマイルが貯まります。

JALマイルは1マイル=1.2円相当を言われているので、2枚のカードを比較すると、若干ですがJMBカードの方が還元率は高いです。(JMB:約0.6% オリジナル:0.5%)

オリジナルカードで貯まる「りそなクラブポイント」は、「1ポイント=1円」相当として使えます。

りそなクラブポイントは他社ポイントと交換でき、その交換先もとても多いので自分が普段使うサービスのピントが見つかると思います。

■交換レート1:1のポイント例

  • 電子マネーnanaco
  • ドコモポイント
  • au WALLETポイント
  • Tポイント
  • JTBトラベルポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • 電子マネーWAON(イオングループ)
  • 電子マネーnanaco(セブン銀行)

他にもさまざまなポイント交換先があります

キャッシュバックも可能ですが、1,000ポイントあたり700円と還元率が低いので、なるべく上記のように1:1で還元できるポイントがおすすめです。

いろいろなポイントと交換できるので、使い道には困りません。

15歳以上なら誰でも持てる(審査不要)

財布を持つ男女

りそなデビットカードは、りそな銀行で口座開設ができる15歳以上の人なら、審査不要で誰でも持つことができます。

なぜならデビットカードは、クレジットカードのような「後払い」のシステムではなく、銀行の口座残高が限度額になっているからです。

デビットカードは銀行口座から即時引落される仕組みなので、申込み審査がありません。

そして、クレジットカードのように「カードを使いすぎて払えなくなってしまう」といったことがなく、使いすぎが心配な方でも安心して使うことが可能です。

※ただし、1日の利用限度額は50万円

海外でも使える

海外旅行

VISAデビットカードの良い所は、国内・海外を問わずに「VISA」加盟店ならどこでも使えることです。

国内のコンビニやスーパーで使うことはもちろん、海外のレストランやショップでも支払いができます。

さらに海外で現金が必要になった場合は、VISAが展開しているATMネットワーク「PLUS」マークのあるATMで現地通貨が引き出せます

海外旅行の際にも必要以上の現金を持ち歩かず、現金が必要な時には外貨で出金できるので、安全かつ無駄がありません。

クレジットカードだと、海外ATMで現地通貨を引き出すと「キャッシング」(カードローンのような借金)の扱いとなるので、年率18%ほどの利息が発生します。

デビットカードの海外出勤なら利息は一切発生せず、2.5%の海外事務手数料だけで外貨を引き出せるので、手数料が割安です。

また、海外利用時のショッピング保険が付帯している点も安心です。

りそな銀行のデビットカードを使って海外で購入した商品が、万が一破損や盗難の被害にあった場合、購入日から90日以内であれば年間50万円まで補償されます。(自己負担額5,000円)

りそなデビットカードの口コミ

次に、ネット上でりそなデビットカードの口コミをチェックしてみました。

ネット掲示板とSNSでの声を中心に集めましたが、良い口コミが多いのが印象的でした。

掲示板では良い口コミがほとんど

口コミ

りそなデビットカードの口コミをネット掲示板などで探してみましたが、ポジティブな口コミがほとんどでした。

特に、ポイント還元率の高さは「クレジットカード並み」と評判でした。

また、オリジナルのりそなデビットカードか、JALマイルが貯まるJMBタイプか、どちらにするかという議論も多く見受けられました。

■オリジナルかJMBどちらにするか

◯自分はマイルを貯めたいからJMB仕様のままにしとこうと思います

◯<オリジナル>への乗り換えが流行ってるみたいだけど
何が起きてる?のママでもいいんだよね?今まで特に不満は無いが。

オリジナルはりそなクラブポイントが貯まる。JALマイルよりも、使い道が多い。

◯JMBはマイルを貯められる人ならメリットあるだろう。
俺はマイルを交換できるまで貯められないのでオリジナルに乗り換えた。

■ポイント還元についての口コミ

◯ここのポイント還元率は唯一の魅力だよね
利便性はスルガだが、りそなはポイントがクレカ並みってのはすごい

◯オリジナルは還元率が普通のクレカ程度あるからね

りそなカードかりそなデビットの引き落としがあるだけで、10ポイントのりそなポイントが貰える

■利便性に関する口コミ

◯りそなは、りそなクレジットカードがあるのになぜデビカにあえてするんでしょうか

クレカが通らない人や使いたくない人がいるから。

デビカの方が便利だと思う人もいるんだよ。りそなも、即時引き落としの利便性を前面に出しているし。

◯コンビニやスーパーだと近所のダイソー以外は、サインレスだな。ダイソーは暗証パッド出してくる

◯電子マネーはチャージ面倒だから、もう使えるところは全部デビット使ってるよ。サインレスだから面倒でもないし。

■その他口コミ

◯【海外のATMで引き出す際の手数料】
りそな銀行: VISAレート2.5%
あおぞら銀行: VISAレート2.5%+1回あたり210円
楽天銀行: VISAレート2.94% (+年会費1,000円)
新生銀行: VISAレート×4%
スルガ銀行: VISAレート3%+1回あたり210円
シティバンク: CITIBANKレート×3%+1回あたり210円
りそな銀行択一

◯りそなは無職でも作れたから審査なんてないんじゃないかな、スルガは無料だから厳しいのかもね

スルガは無職だと断られた。
りそなは無職でも作れた。ただし口座がTIMOの場合

「オリジナルかJMBか」という議論についてはさまざまな意見がありましたが、全体的にはJMBからオリジナルタイプのカードに切り替えたという意見が多かったです。

年会費が完全無料という点や、りそなクラブポイントの使い道が豊富な点が決め手になっているようです。

しかし、りそなデビットカード<JMB>は年会費が1,000円+税かかるものの、やはりJALマイルを使う機会が多い人にとってはメリットが大きいです。

SNSでも好評、JMBの口コミも

口コミ

次はツイッターなどのSNSで、りそなデビットカードの口コミを調べてみました。

JMBの口コミがやや多めでしたが、SNSでも好評です。

ネット掲示板でも評判が良かった海外利用時の手数料の安さについて、ここでも評価されていました。

前述の通り、VISAデビットカードは海外ATMで現地通貨の引き出しが可能です。

その際には銀行が定めた所定の手数料が取られますが、上記の口コミでも比較されている通り、りそなデビットカードの海外事務手数料は他社に比べても安いです。

最も手数料率が高い新生銀行が4%の手数料なのに対して、りそなデビットカードを使って出金した場合は、手数料が2.5%です。

海外で現地通貨を引き出す時に使うVISAデビットカードとしても、りそなデビットは優秀です。

マイルが不要ならオリジナルのりそなデビットカードを

買い物

りそなVISAデビットカードはポイント還元率も高く、海外ATM利用時の手数料が安いので、優秀なデビットカードです。

りそな銀行の口座を持っていて、デビット機能が付いていないキャッシュカードを使っている人は、りそなデビットカードに変更して損はないと思います。

しかし冒頭でも少し触れた通り、ポイントのお得感でいうと、りそなデビットカード<JMB>の方が少しだけ上です。

JALマイルを貯めていきたい人は、迷わずJMBタイプのデビットカードを選ぶことをおすすめします。

「飛行機にあまり乗らない」「マイルは使わない」という人は、オリジナルのりそなデビットカードの方が結果的にはお得だと思います。

オリジナルのりそなデビットカードで貯まる「りそなクラブポイント」は、電子マネーnanacoやTポイントなど主要な他社ポイントに交換できるので、使い道に困らないと思います。

マイルを貯めて使い道に迷うよりは、りそなクラブポイントを貯めてどんどん使っていった方が、ポイント還元のメリットをちゃんと活用できます。

りそな銀行 関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る