楽天VISAデビットカード

楽天銀行

楽天VISAデビットカードは、審査不要で持てる定番のデビットカードです。

「VISA」のマークがあるお店で使うことができ、使った金額だけがすぐに銀行口座から引き落とされるので、クレジットカードが苦手な人にも、現金払いの代わりとして愛用されています

VISAは国内・海外シェアNo.1のカードブランドです。コンビニやガソリンスタンド、スーパーなど、数多くのお店で楽天VISAデビットカードが使えます。

▼楽天デビットカードに年会費無料のJCB版が登場しました▼

楽天デビットカードの主な特徴

楽天デビットカードが支持される理由として、ポイント還元があげられます。その他にも、安心・安全に使えるさまざまなサービスが盛り込まれています。

年会費は1,000円かかりますが

楽天VISAデビットカードの利用には年会費1,000円が必要です。年会費がかかってしまうことに抵抗感があるかもしれませんが、日常的にデビットカードを使うようになると、むしろお得になるケースが多いです。

なぜなら、デビットカードは現金の代わりに店舗やネットショッピングで買い物ができるので、

というメリットがあるからです。
もしあなたが、1年間に支払っているATM手数料と、ネットショッピング利用時の銀行振込手数料の合計が1,000円以上ならば、例え年会費を払ったとしても、デビットカードの方がお得になります。

個人的には、「キャッシュレス」という快適さだけでも年会費以上の価値があるように思います。楽天VISAデビットカードは海外でも使えますので、特に海外旅行に行くときは、現金を持たないことで安全性も高められます。

使うほど貯まるポイント

楽天VISAデビットカードの大きなメリットとして、使うほど楽天スーパーポイントが貯まる特典があります。

楽天デビットカードでは、利用金額1,000円につき2ポイントが貯まります。また、毎月25日の「ポイント優待デー」では、通常の2倍ポイントが付与されるので、1,000円につき4ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場を始め、楽天のあらゆるサービスで1ポイント=1円として使えます。ポイント還元分を考えると、現金で支払いをするよりも、VISAデビットカードを使って商品を買ったほうがお得になります。(1,000円の買い物で2ポイント還元、実質998円で商品が買えるので2円お得)

審査不要で16歳から持てる

デビットカードとクレジットカードは似ているようで違います。デビットカードはクレジットカードのような「後払い」のシステムではないので、申込みの際に審査はありません

クレジットカードの審査に落ちてしまった人や、無職の方、収入がない主婦の方を問わず、誰でも楽天デビットカードを持つことが可能です。

また、審査がない楽天VISAデビットカードは16歳から申込みできます

利用限度額設定が可能

デビットカードは、レジでの支払金額がすぐにあなたの銀行口座から引き落とされる仕組みです。よって、銀行口座残高の範囲内でしか使えないため、クレジットカードのように「想像以上に使いすぎてしまった」という心配がありません。

また、楽天VISAデビットカードでは毎月の利用限度額が設定できます。限度額を設定しておくことで使いすぎを防止できます。

ちょっとコンビニに買い物に行くときも、財布を持たずにデビットカード一枚持って行けば大丈夫なので大変楽です。

VISAデビットカードは「VISA」加盟店で使えるので、近所のコンビニだけでなく、海外旅行に行った時、海外でのショッピングでも同じように利用できます。

万が一の盗難補償

デビットカードは便利な反面、カードを紛失してしまったり盗まれてしまうと大変です。しかし、楽天VISAデビットカードには、あらかじめ盗難補償が付いています。

万が一カードを盗まれても、楽天が損害額を保証してくれるので安心して利用できます。(1口座あたり年間100万円までを補償)

楽天VISAデビットカードを選ぶべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

楽天VISAデビットは、デビットカードの中でも定番の一枚です。審査不要ですぐに発行してもらえるだけでなく、利用金額に応じてポイントも貯まります。

デビットカードの利用には、引き落とし口座となる銀行口座が必要です。楽天VISAデビットの利用には、楽天銀行の口座が必要となりますが、デビットカードと銀行口座を結びつけておけば、自宅のパソコンでも携帯アプリでも、いつでもリアルタイムで利用明細や銀行口座の残高確認ができます。

つまり、デビットカードで買い物をした直後に携帯で残高照会や利用明細を確認をすれば、「今月いくら使ったのか?あとどれぐらい使えるのか?」がひと目でわかります。

楽天VISAデビットカードの口コミ

掲示板の口コミ

■良い口コミ
◯楽天カードはSMART ICOCAに紐付してクイックチャージ。
関西しかこの技は使えないが、Edyとは違って利用ポイントがつく。
ヨドバシで使えばヨドバシの提携カードと変わらない還元率に。

◯デビットは銀行口座のお金から直接引き落とす感じ。Edyみたいにカードへ入金する手間がない。ただ楽天銀行に入金するのが面倒臭い。
キャッシュカード貰ってコンビニ入金か、ゆうちょ銀行と取引通知の書類を出してネット送金なら無料。他の銀行から、楽天へ振り込もうとすれば手数料取られる。

コンビニ入金は3万円未満は手数料取られるぞ
※補足:楽天銀行は会員ランクがある程度なければATM手数料が取られます。詳しくは「楽天銀行」のページを御覧ください)

◯楽天キャッシュとnanacoチャージ専用にするとイイヨ。

◯海外旅行にはゴールドが圧倒的に有利。

◯楽天銀行VISAデビットカードゴールドを作ったは良いが、海外行く時以外にメリットってあんのかね?

1000円で5Pも貰えます、Edy専用カード

■悪い口コミ
◯全然ポイント貯まらんわ
1000円以下の支払いばっかだし、携帯代には使えんし

電子マネー「nanaco」や「SMART ICOCA」のチャージに楽天銀行デビットカードを利用すると、ポイント還元の対象になるのでお得です。

また、海外利用が多い方は「楽天銀行デビットカード(ゴールド)」を利用するメリットが大きいです。ゴールドはポイント付与率が一般カードの2.5倍になるだけでなく、ホテルや旅行に関する優待やサービスが充実しているのが特徴です。

SNSの口コミでは

SNSでの口コミはあまり良くありませんでした。。。
というのも、楽天銀行VISAデビットカードは、一般カードが1,000円+税、ゴールドカードは3,000円+税の年会費が必要です。

年会費無料のデビットカードも存在している現在の状況で、やはり年会費を払ってまで楽天のVISAデビットカードを持ちたいということにはならないのでしょう。

一方で、クレジットカード支払いのみに対応したネットサービスの支払いにも、楽天VISAデビットカードは使えます。クレジットカードが作れない未成年の方でも、有料のネットサービスを利用できるのは、大きなメリットと言えます。

口コミで気になったのは、不正利用に対する対応です。デビットカードは万が一不正利用された場合にも、補償してくれるので安心です。楽天デビットで不正利用にあってしまった方も、無事に補償はしてくれたようですが、実際の支払い処理までに半年の期間を要したとの意見が口コミでありました。

さいごに

定番のデビットカードとして多くの人に親しまれている楽天デビットカード。ネット掲示板などの書き込み数を見ても使っている人は多い印象です。

利用金額に応じて楽天スーパーポイントの還元が受けられるのはメリットですが、やはり年会費がかかってしまうのはデメリットです。

しかし、デビットカードは「銀行口座と結びつけて選ぶことが大切」なので、普段全く使わないような銀行のデビットカードを持つよりは、いつも楽天銀行を使っている人は、そのまま楽天銀行デビットカードを利用した方が、日常生活において便利に使えると思います。

▼楽天デビットカードに年会費無料のJCB版が登場しました▼

イオンカードセレクト