デビットカード一覧

楽天VISAデビットカード

楽天銀行

楽天VISAデビットカードは、審査不要で持てる定番のデビットカードです。

「VISA」のマークがあるお店で使うことができ、使った金額だけがすぐに銀行口座から引き落とされるので、クレジットカードが苦手な人にも、現金払いの代わりとして愛用されています

VISAは国内・海外シェアNo.1のカードブランドです。コンビニやガソリンスタンド、スーパーなど、数多くのお店で楽天VISAデビットカードが使えます。

▼楽天デビットカードに年会費無料のJCB版が登場しました▼

楽天デビットカードの主な特徴

楽天デビットカードが支持される1番の理由は、ポイント還元です。

その他にも、安心・安全に使えるさまざまなサービスが盛り込まれています。

年会費1,000円は簡単に元が取れる

女性

楽天VISAデビットカードの利用には年会費1,000円が必要です。

年会費がかかってしまうことに抵抗感があるかもしれませんが、日常的にデビットカードを使うようになると、むしろお得になるケースが多いです。

なぜなら、デビットカードは現金の代わりに店舗やネットショッピングで買い物ができるので、下記のような節約メリットがあるからです。

■デビットカードで節約できるコスト

ATM手数料
銀行口座から直接支払うので、ATMから現金を引き出す回数が減る
振込手数料
ネット通販などで銀行振込をすると振込手数料がかかるが、デビットカードは「カード決済」扱いになるので手数料がかからない/dd>

1年間に支払っているATM手数料・振込手数料が計1,000円以上ならば、楽天銀行VISAデビットカードの年会費は元が取れる計算になります。

メガバンクのATM手数料は100~200円、振込手数料は300円前後かかることも珍しくないので、すぐに年会費の元が取れる人も意外と多いです。

さらに、コンビニなどの支払いでも小銭を出す手間を掛けずに決済できるようになるので、この「キャッシュレス」の快適さを得られるのも大きなメリットです。

少額の支払いならサインや暗証番号の入力が不要になる場合も多いので、スピーディーに支払いを終えられます。

また、楽天VISAデビットカードは海外でも使えるので、海外旅行で現金を持たずに済むという点も便利、かつ安全です。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天スーパーポイント

楽天VISAデビットカードの大きなメリットとして、使うほど楽天スーパーポイントが貯まる特典があります。

楽天デビットカードでは、利用金額1,000円につき2ポイントが貯まります。

また、毎月25日の「ポイント優待デー」ではポイント還元率が2倍になるので、1,000円につき4ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場などで1ポイント=1円として使えます。

つまり、1,000円の買い物で実質2~4円の値引きをしてもらえるということなので、もし年間100万円の決済をすれば2000~4,000円の節約になります。

ポイント還元によって、現金で支払いをするよりも買い物がお得になるのも、VISAデビットカードのメリットです。

審査不要で16歳から持てる

財布を持つ男女

デビットカードは申込みの際に審査はありません

楽天VISAデビットカードは、楽天銀行のキャッシュカードにデビット機能が付帯しているものなので、口座開設と同時に持つこともできます。

デビットカードが審査不要の理由

デビットカードに審査がない大きな理由は、決済時に利用代金を即時引き落としするからです。

クレジットカードは後払いのシステムなので、ちゃんと支払日に代金を支払い続けられる「信用力」があるかどうかを審査で判断する必要があります。

しかしデビットカードは、銀行口座の残高分しか決済ができないので「信用力」を見る必要がなく(銀行に貸し倒れリスクがない)、審査なしで発行可能です。

デビットカードは、クレジットカードの審査に落ちてしまった人も、楽天銀行の口座を開設できる16歳以上の人なら、誰でも持つことができます。

クレジットカードの審査に受かりづらい人(無職、専業主婦など)も、楽天VISAデビットカードを持つことができます。

中には、「クレジットカードはお金を使いすぎてしまいそうだから持ちたくない」という人が、カード決済を利用するためにデビットカードを持つケースもあります。

利用限度額を設定できる

ストップ

楽天VISAデビットカードは1日の利用限度額が設定できるので、使いすぎを防止できます。

デビットカード自体も口座残高の範囲内でしか使えない仕組みなので、クレジットカードのように「今月は使いすぎて支払いが厳しい」ということは起こりづらいですが、より無駄遣いを減らしたい人に便利な機能です。

利用限度額は1,000円単位で、自由に設定ができます。

※海外利用時は、1日の利用限度額が最大20万円です。もし自分自身で20万円以下の利用限度額を設定していたら、そちらが適用されます(例:1日の利用限度額を5万円にしていたら、海外でも1日5万円までしか決済できない)。

また、デビット決済をするたびにメールで通知が届き、利用明細は楽天マイページからいつでもチェックできます。

VISAのタッチ決済に対応

デビットカード

楽天VISAデビットカードは、タッチ決済というスピード決済ができる非接触対応カードです。

電子マネーを使う人なら、楽天Edyで「シャリ~ン」という音で決済する時のイメージを想像すると、わかりやすいかもしれません。

タッチ決済のイメージは、VISA公式が公開している下記動画を見るとわかりやすいです。

タッチ決済は、近年世界中で広まりつつある決済方法で、日本でも少しずつ浸透してきています。

特に海外によく行く人は、タッチ決済を利用する機会も増えると思います。サイン不要ですぐに決済が完了するので、支払いがスムーズです、

日本でも、マクドナルドや関西空港などの大手企業が導入し始めています。

VISA認証サービスでネット通販も安心

カードを持つ女性

楽天VISAデビットカードは、VISA認証サービスも利用できます。

VISA認証サービスとは、ネットショッピングでデビットカードを利用する時に、持ち主が自分で設定したパスワードを入力する認証をはさむようにする仕組みです。

そのパスワードを入力しないと決済に進めないので、不正利用を未然に防ぐことができます。

ネット通販をよく利用する人にとっては、日頃のお買い物がさらに安全になるありたがいサービスです。

万が一の盗難補償

安心

楽天VISAデビットカードには、あらかじめ盗難補償が付いています。

万が一カードを盗まれて不正利用の被害に遭ってしまっても、1口座あたり年間100万円までの損害額を楽天が保証してくれます。

そういう意味では、現金を持ち歩くより安全と言えます。

子供のお小遣い管理でデビットカードを持たせる親が増えてきているのは、このような安全面の理由も大きいと思われます。

楽天VISAデビットカードの口コミ

実際に楽天VISAデビットカードを使っている人の口コミを、ネット上で探してみました。

ネット掲示板ではお得な使い方についての口コミが多々あり、SNSでは年会費に対してのややネガティブな口コミも目立ちました。

掲示板ではポイント2重取りの評判あり

口コミ

ネット掲示板では、楽天デビットカードのお得な使い方についての投稿を多く見つけました。

下記のような、ポイント二重取りやゴールドカードのメリットについての書き込みが多くありました。

■良い口コミ
◯楽天カードはSMART ICOCAに紐付してクイックチャージ。
関西しかこの技は使えないが、Edyとは違って利用ポイントがつく。
ヨドバシで使えばヨドバシの提携カードと変わらない還元率に。

◯楽天キャッシュとnanacoチャージ専用にするとイイヨ。

海外旅行にはゴールドが圧倒的に有利。

◯楽天銀行VISAデビットカードゴールドを作ったは良いが、海外行く時以外にメリットってあんのかね?

1000円で5Pも貰えます、Edy専用カード

■悪い口コミ
◯全然ポイント貯まらんわ
1000円以下の支払いばっかだし、携帯代には使えんし

※2018年現在は、携帯代金の支払いにも利用できるようになっています。

電子マネー「nanaco」や「SMART ICOCA」のチャージに楽天銀行デビットカードを利用すると、ポイント還元の対象になります。

いわゆるポイント二重取りができるので、よりお得に使えます。

また、上記口コミにある通り、海外利用が多い方は楽天銀行デビットカード(ゴールド)の方がメリットが大きいです。

年会費が2,858円+税と少し値上がりしますが、ゴールドカードはポイント還元率が2.5倍にアップする上に、空港での優待サービスやホテルなどの優待サービスが充実しています。

万が一、海外でゴールドデビットカードを紛失しても、日本語対応のオペレーターが24時間対応してくれます。

→楽天Visaデビットカード(ゴールド)の詳細はこちら

SNSでは年会費が高いという声も

口コミ

ツイッターを中心に、楽天銀行VISAデビットカードのSNSでの口コミも探してみました。

ポジティブな口コミもありましたが、全体的にはあまり評判が良くない印象でした。

特に多かったのは、「年会費が高い」という声です。

年会費無料のデビットカードも存在している現在の状況で、年会費を払ってまで楽天のVISAデビットカードを持ちたいと思わない人も少なくないようです。

中でも、個人的に気になったの口コミは、不正利用に対する対応です。

デビットカードは万が一不正利用された場合も補償を受けられますが、実際に楽天デビットで不正利用にあってしまった方が「実際の支払い処理までに半年ほどかかった」という口コミでありました。

本人の手続きが遅れた可能性などもありますが、少し気がかりでした。

JCBデビットの方がコスパが高いか

楽天銀行デビットカード

定番のデビットカードとして多くの人に親しまれている楽天デビットカード。ネット掲示板などの書き込み数を見ても使っている人は多い印象です。

利用金額に応じて楽天スーパーポイントの還元が受けられるのはメリットですが、やはり年会費がかかってしまうのはデメリットです。

そういう意味では、楽天銀行が発行しているデビットカードの中でも、JCBデビットの方がコスパが高いかもしれません。

楽天のJCBデビットは年会費無料で、ポイント還元率も100円につき1ポイントと、VISAデビットより還元率が高いです。

デメリットは、タッチ決済など一部の機能は制限されてしまうことと、国際ブランドの普及率がVISAより低いことなどです。

とは言え、JCBも国内で使う分には十分なカバー率にはなりつつあります。

もし「やっぱり年会費無料のカードの方が安心」ということなら、楽天デビットカード(JCB)をおすすめします。

▼楽天デビットカードに年会費無料のJCB版が登場しました▼

ページの先頭へ戻る