住信SBIネット銀行Visaデビットカード

住信SBIネット銀行Visaデビットカード

住信SBIネット銀行のキャッシュカードは、Visaデビット機能付きのものが選べます。Visaデビット付きのキャッシュカードを選択すると、クレジットカードと同様に、キャッシュカードを使って買い物をしたり、ネット通販で買い物をすることができます。

利用した金額は原則として即座に住信SBIネット銀行の口座から引落されます。銀行口座残高の範囲内でしか利用できない仕組みなので、使いすぎて後で支払いが大変。。。といった心配はありません。

年会費は無料となっており、15歳以上の方であれば誰でも申し込めます。(すでに住信SBIネット銀行のキャッシュカードを持っている人でも切り替えが可能です)

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、利用金額に応じてポイントが貯まります。また、デビットカードを発行することで、銀行取引の状況によってランクが決まる「スマートプログラム」でも有利な条件になるので、新規発行や切り替えによるデメリットはありません。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの特徴

住信SBIネット銀行は通常のキャッシュカードも選択できますが、Visaデビットカードにすることで、さまざまなメリットがあります。

イメージとしては、銀行口座をカードの中に入れて持ち歩くという感じです。セキュリティはしっかりしており、万が一カードが紛失・盗難の被害にあってしまっても、住信SBIネット銀行による補償が付いているので、安心して持ち歩くことが可能です。

利用金額に対してキャッシュバック

例えば、ネット通販で買い物をする時に、銀行振込で支払うよりもVisaデビットで支払う方がお得、店頭で買い物をする時に、現金よりもVisaデビットで払う方がお得になります。

なぜなら、Visaデビット機能を使って買い物をした場合、月間の利用金額に対して0.3%相当のポイントが貯まるからです。また、利用金額が大きい場合、最大で17,500ポイントのボーナスがもらえます。

ためたポイントは、1ポイント=1円としてキャッシュバックしてもらえるので、Visaデビット機能で買い物をするだけで、実質的には支払い額よりも0.3%値引きを受けられることになります。

一枚のカードで多彩な支払い方法

デビットカードによる支払いは、クレジットカードと似ています。現金を使わなくてもカードを使ってスピーディーに支払いができるのが特徴です。しかし、クレジットカード払いとは「後払い」か「即時払いか」という点で大きく違います。

クレジットカードはその時に(銀行口座を含めて)お金を持っていなくても買い物ができるので、後から多額の請求が来て大変。。。ということになる可能性があります。一定の支払い能力がある人でなければ使えないので、クレジットカードは18歳以上の人だけが持てるカードです。

一方で、デビットカードは、その時に銀行口座にお金があれば買い物ができます。支払った瞬間に銀行口座からお金が引き落とされるので、後から多額の請求が来る心配もありません。また、銀行口座にお金がなければデビットカード自体が使えないので、安心です。このような仕組みから、デビットカードは15歳から持つことができます。

Visaデビットカードのシステムを提供しているのは、世界的に有名な「Visa」なので、コンビニやスーパー、ネット通販など、Visaが使えるあらゆる場所で、デビットカードによる支払いが可能です。例えば、中学生や高校生の方であれば、ゲーム課金の支払い手段としてもおすすめです

また、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、Visa payWave(Visaペイウェーブ)にも対応しています。Visaペイウェーブは、電子マネーと同じような支払い方法で、専用端末に住信SBIネット銀行Visaデビットカードをタッチするだけで、すぐに支払いが完了します。

国内ではまだVisaペイウェーブの普及率は高くありませんが、利用できる場所であれば、店員さんにカードを渡さなくても、タッチするだけでデビットカード支払いをすることが可能です。

継続課金の支払いに使える

支払い

これまで、デビットカードは「継続課金には使えない」点がデメリットとしてあげられてきました。

継続課金とは例えば、携帯電話料金の支払いや水道料金・電気代、保険料といった毎月継続的に発生する費用のことです。

しかし、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは原則としてすべての継続課金に登録できるので、クレジットカードを持たなくてもあらゆる支払いにデビットカードを活用することができます。

継続課金への支払い対応が実現したことで、Visaデビットカードのデメリットは大きく改善されます。

実際、この部分がネックとなりデビットカード使っていなかったという人も多いので、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは継続課金などの定期支払にデビットカードを使いたい方にもおすすめです。

米ドルによる支払いに対応

ニューヨークやロサンゼルスなど、アメリカに旅行・出張する機会はありませんか?

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、米ドル支払いにも対応しています。

例えば、アメリカで海外ATMを使ったり、クレジットカード支払いをすると手数料がかかります。両替所で米ドルを入手しても為替手数料は非常に高いですよね。しかし、住信SBIネット銀行Visaデビットカードを使うことで、圧倒的に安い手数料で米ドル支払いができるメリットがあります。

その手順は以下のとおりです。

1.まず、住信SBIネット銀行の外貨預金口座で米ドルを買い付けます。
為替手数料は1ドルあたりたった15銭です。例えば、両替所で両替すると普通に100銭や200銭の手数料がかかります。

2.外貨預金口座に米ドルがある状態で、住信SBIネット銀行Visaデビットカードで支払います。
外貨預金口座から手数料無料で直接、米ドル支払いができます。

スマートプログラムで有利に

住信SBIネット銀行は2016年からスマートプログラムを導入しました。これは、取引状況に応じてランクが4段階に設定され、上位ランクになるほど、ATM・振込手数料の無料回数が増えるというものです。

ランク別の特典は以下となります。
ATM手数料、振込手数料ともに最大で毎月15回まで無料になります。
スマートプログラム特典

そして、ランクアップの条件がこちら。
スマートプログラムランクアップ判定表

かなり複雑なのですが、「住信SBIネット銀行Visaデビットカードを月1万円以上使う」ことで、「ランク2」に昇格しやすくなります。ランク2になると、ATM利用手数料は毎月5回、他行あて振込手数料も毎月3回無料となるので、ネット銀行の中でも利便性がかなり上がります。

管理人が住信SBIネット銀行デビットカードを斬る

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

ネット銀行各社が次々とVisaデビットカードを導入しています。

もちろん、これまでのデビットカードとは違い年会費無料で作れるキャッシュカード一体型なのでお得。万が一のトラブルに対してはしっかりと補償が付けられているので、クレジットカードやキャッシュカードを持ち歩くのが怖いという方でも、安心して普段使いができます。

通常のキャッシュカードからデビット機能付きのキャッシュカードに切り替えることで、ポイント還元が受けられたり、スマートプログラムのランクが有利になるので、デメリットはありません。

個人的には、すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている人、これから新しく口座開設をする人も含めて、選んで損のないカードだと思います。

イオンカードセレクト