JNB カードレスVisaデビット(ワンタイムデビット)

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は国内で初めて、すべてのキャッシュカードにVISAデビット機能を付けた銀行です。現在、ジャパンネット銀行に口座開設をすると、強制的にVISAデビット機能の付いた、JNB Visaデビットカードがキャッシュカードとして発行されます。

一方で、ジャパンネット銀行ではもう一つのVisaデビットを取扱っています。それが、JNB カードレスVisaデビット(通称:ワンタイムデビット)です。

「カードレス」の名の通り、一般的なデビットカードのようにカードは発行されません。また、使える場所もネットショッピングに限定されるのですが、実はこのサービスの安全性がかなり高いです。

ワンタイムデビットの主な特徴

ジャパンネット銀行の発行する、JNBカードレスVisaデビットの特徴についてまとめます。

使える場所はネットのみ

JNBワンタイムデビットは、カードの発行がないため、使える場所がネットショッピングに限定されます。ネットでの買い物だけでなく、オンラインゲームの有料課金や、ニコニコ動画などの有料会員の支払いなどにも使うことが可能です。

ワンタイムデビットはVISAが提供しているサービスなので、国内のネットサービス・海外のネットサービスを問わず、「VISAカード」が使えるサイトなら、どこでも使えます。

使い捨てのカード番号で安全度が高い

ワンタイムデビットの最大のメリットは、「最大4つの使い捨てカード番号が取得できる」ことです。ジャパンネット銀行のサイトから、簡単にカード番号が取得できますが、それらは基本的にすべて使い捨てなので、ネットでの利用が心配な人も、安心して使えます。

カード番号の有効期限は10日限定なので、不正利用される心配がありません。また、使うショップごとにカード番号を設定でき、「取得 → 使い捨て → また新しく取得」といった使い方ができます。(一度に保有できるカード番号は4つまで)

これなら、今まで利用したことのない「怪しいサイト」や「信頼できないサイト」でも、安心して有料の支払いサービスを受けられます。

■同じカード番号を5年使い続けることも可能
例えば、楽天市場のような安全度が高いネットショップでJNBカードレスVisaデビットを使う場合。楽天で定期的に買い物をするのに、そのつど「新規番号を取得 → 使い捨て」では、毎回カード番号を入力するのが面倒だと思います。

楽天市場など、自分がよく利用するサイトで、安全だと思うネットショップでは、カード番号は登録しておいたほうが、支払いがスムーズに行えます。

このような場合は、最大5年間、同じカード番号を使い続けることもできます。一度に保有しておける番号は4つまでですが、カード番号を使い捨てるか、そのまま同じ番号を使い続けるかを、自由に選べます。

また、カード番号をしばらく使わない時は、カード番号ごとにロックをかけることもできるので、ネットサービスでの利用において、クレジットカードの何倍もの安全性を確保できるのが特徴です。

年会費無料で使えます

JNBカードレスVisaデビットは、ジャパンネット銀行に口座を持っている人なら、誰でも年会費永年無料で利用できます。また、ジャパンネット銀行の口座開設手数料や口座管理料なども無料なので、利用にあたって手数料が取られる心配はありません。

また、口座開設者なら原則として誰でも利用できることも、ワンタイムデビットの強みです。ワンタイムデビットは、15歳以上の方なら未成年でも使えます。(クレジットカードは18歳以上でないと持てません)

ネットで買い物をする時くらいしかクレジットカードは使わないという人であれば、JNBカードレスVisaデビットの方が手軽さ・安全性においてメリットがあります。

キャッシュバックモールで1%OFF

ネット通販を利用する時、ジャパンネット銀行が運営する「キャッシュバックモール」を経由して、デビットカードでの支払いをすると、購入金額の1%が返金されます。

キャッシュバックモールには、Yahoo!ショッピングや楽天ブックス、ビックカメラ.comなど大手のネットショップが参加しています。

これらのネットショップで買い物をする時、キャッシュバックモールを経由すると、後日購入金額の1%がジャパンネットバンクの口座にキャッシュバックされます。

特にネットショップでの買い物において、振込手数料などがかからないのが良いですよね。

万が一の保障つき

JNBカードレスVisaデビットはネットショッピングにおいて非常に安全性が高い支払方法だと思います。しかし、不正利用される心配はゼロではありません。

例えば、使い捨ての番号が使い捨てられる前に不正利用されたり、安心できると思っていた大手ネットショップがカード番号を流出させてしまった場合などです。(大手ネットショップがカード番号を流出させても、すぐに番号を捨てれば良いだけなのですが)

このような、「万が一」のことが起こった場合に備え、ジャパンネット銀行では「第三者不正使用保険」を付帯しており、第三者による不正利用において、1口座あたり年間500万円の保障をおこなってくれます。

JNB Visaデビットカードとの違い

カードの現物が発行される、「JNB Visaデビットカード」との違いについて簡単にまとめます。

■カードの有無
単純にカードの有無に違いがあります。もっとも、これからジャパンネット銀行に口座開設をする人には、強制的にVisaデビット機能付きのキャッシュカードが発行されるので、JNB Visaデビットカードとワンタイムデビットの両方を利用できます。

■使える場所
JNB Visaデビットカードは、コンビニやスーパーと言った店舗やネットショップ、また海外ATMから現金を引き出すことも可能です。一方ワンタイムデビットはカードレスなので、ネットショップでの利用に限定されます。

■有効期限
JNB Visaデビットカードの有効期限は10年間ですが、ワンタイムデビットの有効期限は最大5年です。有効期限が来ても新しい番号をすぐに再発行できるので、有効期限が短いからと言って特にデメリットは感じません。

JNBカードレスVisaデビットを活用すべき?

管理人がこのサービスを利用すべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

個人的には、非常に優れた良いサービスだと思います。カード番号をいつでも使い捨てられるので、海外通販など「ちょっと不安だな」と思うサイトで買い物をする時に力を発揮します。

また、未成年でも15歳から使えるので、クレジットカードを持てない年齢の方でも、ネットの有料課金サービスを使う時に活用できます。利用限度額は銀行口座残高の範囲内なので、クレジットカードのように「後から請求が来て大変」ということもありません。

利用金額は、支払いが終わったらすぐに明細で確認できます。

支払いはすべてジャパンネット銀行口座からの即時引落となるため、ジャパンネット銀行への口座開設が必須となりますが、利用手数料などが一切なく、無料で使える点も大きなメリットと言えるでしょう。

ワンタイムデビットを活用している人は多く、口コミでも大変評判のサービスです。

JNBワンタイムデビットの口コミ

イオンカードセレクト