デビットカード一覧

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行のキャッシュカードは、デビットカード機能が標準で付いています。

ゆうちょ銀行の総合口座を申し込んだ際に、デビット機能選択欄に「1」を記入した人は、自動的にデビット機能が有効になっています。

また、申込時に「0」を選択した人は、ゆうちょ銀行の窓口かインターネットバンキング「ゆうちょダイレクト」にてデビット機能を有効にできます。

しかし、ゆうちょ銀行のデビット機能はVisaやJCBといった国際ブランドではなく、J-debit(ジェイデビット)という日本独自のサービスを使っています。

使い勝手は国際ブランドのデビットカードと同じですが、国内でしか使えず普及率も低いことからやや不便なカードです。

ゆうちょ銀行デビットカードには大きなメリットがない

電卓を持つ女性

ゆうちょ銀行デビットカードは特に目立った特典のない、必要最小限の機能だけを搭載したカードです。

基本の機能は、一般的なデビットカードと同じです。

デビット機能を使って支払った金額が、ゆうちょ銀行の口座から即時引き落としとなります。

残高以上の支払ができないので、クレジットカードのように使いすぎる心配がなく現金感覚で支払いができます。

1日の利用限度額を設定すれば、さらに使いすぎを防止することもできます。

はじめは1日の利用限度額が50万円となっていますが、使いすぎが心配な人は、1日あたりの利用限度額を3,000円くらいに設定しておくと良いと思います。

利用限度額はいつでもゆうちょ銀行のネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」から変更可能です。

しかし、これ以上の大きなメリットはなく、むしろ他の銀行のデビットカードよりデメリットが目立ちます。

「J-debit」の普及率が低い

Jデビット

ゆうちょ銀行で採用されているのは、日本デビットカード推進協議会が採用している「J-Debit」と呼ばれるタイプです。

こちらは「J-Debit」のマークがあるお店で使うことができますが、普及率が低いです。

まず、J-debitは日本独自の規格なので、海外では利用できません。

そして国内の普及率も、現在デビットカードの主流になっているVISAやJCBのデビットカードと比較すると、かなり少ないと言えます。

さらに、Jデビットにはオンライン決済機能がないので、ネットショッピングでの決済でも使えません。

ごく一部の国内店舗でしか使えないという自由度の低さは、ゆうちょ銀行デビットカードの最大のデメリットだと思います。

ポイント還元・キャッシュバックがない

ポイント

ゆうちょ銀行デビットカードは、利用代金に応じたポイント還元やキャッシュバックなどの特典はないので、本当に現金払いをするような感覚で使います。

現金をATMから引き出す手間が省ける点はメリットですが、ポイント還元サービスがついているデビットカードが普及している中では、お得感が少ないかもしれません。

VisaデビットやJCBデビットでは、利用代金の0.2~0.5%を還元するのがスタンダードになってきています。

銀行によっては、クレジットカードと同じくらいの還元率を提供するデビットカードもあるので、カード決済が多い人はメリットが多いです。

デビット機能付きキャッシュカードもデザインは変わらない

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行では、デビット機能の有効・無効にかかわらずキャッシュカードのデザインは全く同じです。

カードの外見だけでは、デビット機能の有無を判断できません。

かくいう私も、ゆうちょ銀行のキャッシュカードは持っているものの、口座開設時にデビット機能を付帯したかどうかは覚えていません…

ゆうちょデビットカードの口コミも微妙

口コミ

ネット上でもゆうちょ銀行のデビットカードの口コミをチェックしてみました。

口コミでは「これはデビット機能有効になってるの?」と不安に思っている方が多く見受けられました。

特に気にならない人や、これから口座を開設する人にとっては気にしなくても良い問題かもしれません。

ゆうちょ銀行キャッシュカードがデビットカードになると知らないまま、使い続けている利用者も多そうです。

ゆうちょ銀行デビットカードを選ぶべき?

考える男性

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

結論から言うと、わざわざゆうちょ銀行デビットカードを選ぶ必要はないが、既にゆうちょユーザーなら使っていても損はない、という印象です。

もし、デビットカードを新しく作ろうと思って比較検討しているのであれば、Visaデビット、もしくはJCBデビットを選ぶことをおすすめします。

国内外で利用できるシーンも多く、ポイント還元やキャッシュバックを行っている銀行も多いので、1枚でよりお得に使えます。

しかし、もし既にゆうちょ銀行ユーザーで、国内で時々デビットカードを使う程度であれば、そのまま使っても良いと思います。

もしデビットカード決済を積極的に使っていきたいならば、ポイント還元率やキャッシュバック率が高いデビットカードを選ぶ方がおすすめです。

ゆうちょ銀行の関連記事

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る