ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行のキャッシュカードには、標準で「デビットカード」の機能が付いています。ゆうちょ銀行の総合口座を申し込んだ際に、デビット機能選択欄に「1」を記入した人は、自動的にデビット機能が有効になっています。

また、申込時に「0」を選択した人は、ゆうちょ銀行の窓口かインターネットバンキング「ゆうちょダイレクト」にてデビット機能を有効にできます。

ゆうちょ銀行デビットカードの主な特徴

J-Debit

現在は、「VISAデビット」が主流です。しかし、ゆうちょ銀行で採用されているのは、日本デビットカード推進協議会が採用している「J-Debit」と呼ばれるタイプです。

こちらは「J-Debit」のマークがあるお店で使うことができますが、利用可能なお店はVISAデビットと比較してかなり劣ります。

また、デビット機能の有効・無効にかかわらずキャッシュカードのデザインは全く同じなので、外見ではデビット機能の有無を判断できません。口コミでも「これはデビット機能有効になってるの?」と不安に思っている方が多く見受けられました。

利用機能は至って普通

ゆうちょ銀行デビットカードは特に目立った特典のない、必要最小限の機能だけを搭載したカードです。

J-Debitマークのあるお店で使った場合、現金いらずでゆうちょ銀行のキャッシュカードを使ってお買い物ができます。

デビット機能を使って支払った金額は、即時ゆうちょ銀行の口座から引き落とされます。銀行の口座残高の範囲でのみ使えるので、クレジットカードのように「後払い」ではなく、使いすぎる心配はありません。

あくまでも、銀行口座から直接現金払いができる感覚です。原則として1日の利用限度額は50万円までとなっていますが、利用限度額の引き下げはいつでもインターネットバンキングから変更可能です。

1日あたりの利用限度額を3,000円に設定しておけば使いすぎる心配もないでしょう。これで、いざ財布の中に現金がなくてもゆうちょ銀行ATMに走ることなく、デビットカードでスマートに支払いができます。

ゆうちょ銀行デビットカードを選ぶべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

多くの銀行が国内・海外での利用範囲が広いVISAデビットを採用していますが、ゆうちょ銀行でもキャッシュカードに標準で付帯しているデビット機能が使えます。

特に特典などはなく、デビットカードとしての最小限の機能だけを搭載しているので、日常的にゆうちょ銀行を利用している人にとっては、この機能の存在を知っているとATMを利用する機会はかなり減ると思います。

限度額3,000円程度に設定しておけば、いざという時に役に立つと思うので、その他のデビットカードと合わせて持っておいて損はないと思います。

ゆうちょ銀行で使えるのは「J-Debit」と呼ばれるタイプで、利用範囲は狭いのがデメリットです。

ゆうちょデビットカードの口コミ

イオンカードセレクト