デビットカード一覧

Financial Pass Visa デビットカード

Financial Pass Visa デビットカード

スルガ銀行から、Visaデビット機能とANAマイレージクラブの一体型キャッシュカードが登場しました。

スルガ銀行ANA支店というインターネット支店が発行している「Financial Pass Visa デビットカード」というカードです。

Web完結で口座開設ができるインターネット専用の支店なので、全国どこに住んでいる人でもFinancial Pass Visaデビットカードに申込むことが可能です。

このカードの二大メリットは、銀行取引に応じてANAマイルが貯まること海外でもすぐに現地通貨が引き出せることです。

「クレジットカードは苦手だけど、海外によく行くからマイルは貯めたい」という人にもおすすめです。

原則、審査不要で年会費・発行手数料は完全無料なので、誰でも手軽に持つことができるデビットカードです。

Financial Pass Visa デビットカードのメリット

ANA飛行機

Financial Pass Visaデビットカードは、デビットカードの新しい選択肢として生まれました。

ANAマイレージクラブ・銀行キャッシュカード・デビット機能の3つが一体型となった、多機能カードです。

デビットカード機能の面では、決済をしたら銀行口座の残高から即時引き落としされるという、口座直結の支払いが可能になります。

後払いのクレジットカードと違ってお金を使いすぎて破産するリスクがないので、現金感覚で利用できます。

小額決済ならサインや暗証番号入力も不要なので、会計がスムーズに終わり時短にもなります。

銀行取引でANAマイルが貯まる

通帳を持つ男性

Financial Pass Visaデビットカードを発行してスルガANA支店に口座を開設すると、銀行取引に応じてANAマイルが貯まるようになります。

銀行取引におけるマイルの付与タイミングは以下の通りです。

■Financial Pass Visaデビットカード マイル獲得条件(一例)

給与振込口座に設定
毎月50マイル(年間600マイル)
クレジットカードや生保、損保の引落しに設定
一件あたり毎月5マイル(年間60マイル以上)
固定電話・携帯電話の引落しに設定
一件あたり毎月10マイル(年間120マイル以上)
マイル付き定期預金の預入
10万円ごとに60マイル
投資信託を毎月購入
10万円購入ごとに20マイル
カードローン引き落とし
毎月60マイル(年間最大720マイル)
年間100万円以上のデビット支払い
3,000~8,000マイルのボーナス進呈

ボーナスマイルがもらえる「年間100万円以上のデビット利用」という条件はややハードルが高いですが、その他は比較的クリアしやすい取引が多いです。

給与振込口座や携帯電話の引き落としは、一度設定すれば継続してマイルがもらえるのでおすすめです。

ANAマイレージクラブのカード

ANAマイル

さらに、Financial Pass Visaデビットカードは、ANAマイレージクラブのカードとしても使えます。

フライト時でマイルを貯めるなど、スタンダードなマイルの使い方もすべて可能です。

すでにANAマイレージクラブに加入している場合は、Financial Pass Visaデビットカードと会員IDを統合できるので、1枚のカードでマイルを管理できるようになります。

ANAマイレージ番号も引き継げるので安心です。

■ANAマイレージクラブでマイルを貯める方法(一部)

  • 全日空、もしくはスターアライアンス加盟の航空会社でフライトを利用
  • ANA国内ツアーを利用
  • 提携ホテルに宿泊
  • ANA保険に加入(医療保険、傷害保険など)
  • ネットショッピングサイト「マイレージモール」を利用

通販でも海外でも使える

海外ホテルのフロント

スルガ銀行のFinancial Pass Visaデビットカードは、国際ブランドVisaが使えるお店なら、世界中どこでも使えます。

基本的にはクレジットカードと同じように使えて、実際は現金を持たずして現金払いができます。

スーパーやコンビニを利用するような普段使いはもちろん、海外でのショッピングでもVisa決済が可能です。

また、ネットショッピングで使うのもおすすめです。

ネット通販で銀行振込やコンビニ支払いをしていた人は、その分の振込手数料や決済手数料の節約にもなります。

デビットカードで支払った場合でも、決済システムは「クレジット扱い」となるので、手数料が不要になります。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードの違いは、利用代金の引き落としタイミングです。

デビットカードは、決済をしたら銀行口座からすぐに利用代金を引き落とすので、口座残高が不足していると使えません。

一方、クレジットカードは当月利用分を翌月に一括請求する形なので、支払い時点で口座残高が0円でも支払いができます。

クレジットカードの発行時に審査が必要なのは、申込者に「利用翌月に一括払いをする、というサイクルを継続できる支払能力」があるか見極める必要があるからです。

デビットカードは即時引き落とし、つまり財布と同じように使うので、口座が開設できる人なら誰でも審査不要で持つことができます。

また、デビットカードを使えば現金を使う機会が減るので、銀行ATMに行く手間とATM手数料の節約にもなります。

海外ATMで現地通貨を引き出す

スマホを持った男性

Financial Pass Visaデビットは、海外ATMでキャッシュカードとしても使えます。

日本のATMで現金を引き出すのと同じように、海外の「Visa」「PLUS」マークがついたATMで現地通貨を引き出せるので便利です。

海外ATMでFinancial Pass Visaデビットカードを使う仕組みは、スルガ銀行ANA支店の円預金から自動的に海外通貨に両替し、出金するという流れです。

ATM利用時の換算レートとATM手数料200円+税、Visaの為替レートに3.00%の手数料がかかるものの、両替所よりはずっと割安にできます。

全国どこからでも利用できる

スマホを持つ男性

スルガ銀行ANA支店はネット専業の支店なので、全国どこに住んでいても来店不要で口座開設できます。

スルガ銀行は静岡の地方銀行ですが、インターネット支店なら東京からでも北海道からでも口座を持てます。

また、利用できるATMの種類も多く、ゆうちょ銀行やコンビニATMなど設置台数が多いATMも利用できるので、全国どこからでも現金の入出金ができます。

近くにスルガ銀行のATMがなくても安心です。

■スルガ銀行ANA支店 提携ATM

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E-net(ファミマなどに設置)
  • タウンネットワークサービス
  • スルガ銀行

これらのATMなら、平日 7:00~18:00、土曜 9:00~14:00はATM手数料は無料です。

また、一定条件を満たしてステージが上がると、ATM手数料が完全無料になります。

上記のATMの時間外手数料、そしてその他の金融機関のATMから出金しても、手数料は一切かからなくなるのでお得です。

旅行保険などの補償が付いていて安心

安心

Financial Pass Visaデビットカードには旅行障害保険お買い物安心サービスというショッピング保険が付帯しており、補償も充実しています。

旅行傷害保険とは

Financial Pass Visaデビットカードには、最高1,000万円の海外旅行保険が自動付帯しています。(国内旅行保険は利用付帯)

旅行代金(航空券など)をFinancial Pass Visaデビットカードで支払うと、旅行先での事故や病気になった際に保険金が下ります。

また、旅行代金をVisaデビットで支払っていると、病気や事故で旅行がキャンセルになった時も5万円のお見舞金を受け取れます。

お買い物安心サービスとは

Visaデビットを使って購入した商品が盗難や破損等の被害にあった時、購入後60日まで補償してもらえます。

盗難の損害金や、壊れた商品の修理費などをカバーできます。

いずれの保険も突然のアクシデントに備えることができるので、現金支払いにはないメリットと言えます。

デメリットはキャッシュバックがないこと

電卓と財布を持つ女性

Financial Pass Visaデビットカードのデメリットは、利用代金に応じたキャッシュバックがないことです。

最近のデビットカードに多い「利用代金の0.2%をポイント還元」のような、日々の支払いに対しての還元はありません。

そのかわり、冒頭でも開設した通り、さまざまな銀行取引でマイルが貯まる仕組みや、ANAマイレージクラブカードとしてフライトなどでマイルが貯まします。

実際は、日頃からマイルが貯まる仕組みがあるので、ANAマイルを貯めたいけどクレジットカードは持ちたくないという人にはメリットがあります。

「ANAマイルが貯まるデビットカード」はスルガ銀行ANA支店だけなので、オンリーワンのデビットカードと言えます。

年会費や発行手数料も一切無料なので、もしカードを使わなくなってもANAマイレージクラブのカードとして利用できます。

関連リンク

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る