デビットカード一覧

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行では、2種類のデビットカードを取り扱っています。

そのうちの1つがイオン銀行+デビットです。

発行に審査が必要なもう1種のデビットカード「イオンデビットカード」と違い、15歳以上なら審査不要で誰でも発行できるのが特徴です。

年会費無料で持てるので、初めてデビットカードを作る人にもおすすめです。

イオンの電子マネーWAONも使えるなど、イオングループでお買い物をする人にとってもメリットが大きいです。

イオン銀行キャッシュ+デビットの特徴

イオン銀行キャッシュ+デビットの主なメリットは、下記5点です。

手軽に発行できることに加えて、イオングループでの買物がお得になるサービスが充実しています。

■イオン銀行キャッシュ+デビットのメリット

  • 15歳以上なら審査不要で持てる
  • 世界中のJCB加盟店で使える
  • 電子マネーWAON機能つき
  • イオングループのお買物優待
  • ショッピングセーフティ保険がある

それぞれのメリットについて見ていきます。

15歳以上なら審査不要で持てる

学生

イオン銀行キャッシュ+デビットは、中学生を除く15歳以上であれば、審査不要で誰でも発行することができます。

18歳以上で審査に通る必要があるクレジットカードより、低いハードルで持てるのがメリットです。

また、クレジットカードと違い、デビットカードで支払った代金は銀行口座から即時引き落としされるので、預金以上のお金を使い込む心配もありません。

現金のような感覚で使える上に紛失による不正利用補償も付いているので、現金を持ち歩くより安全という理由で子供用に発行する人も多いです(→デビットカードを子供に持たせても安全な理由)。

世界中のJCB加盟店で使える

旅行

イオン銀行キャッシュ+デビットの国際ブランドはJCBなので、JCBのクレジットカード決済ができるお店であれば世界中で利用できます。

クレジットカード国際ブランドの世界シェアは4位ですが(海外シェアはVisaとMasterCardが圧倒的)、国内シェアはJCBの方が高いので、国内メインで利用するのに便利です。

国内のVisa・MasterCard加盟店はそれぞれ約300店舗ですが、JCBは約900万店舗。

日本国内ではVisaの3倍の店舗網があります。

海外で使えるエリアも拡大してきているので、JCBブランドのクレジットカードやデビットカードを持っていないのであれば作っておいても損はないと思います。

電子マネーWAON機能つき

WAON

イオン銀行キャッシュ+デビットはWAONカードの機能も付いているので、電子マネー決済にも利用できます。

イオン銀行のATMでチャージすることもでき、オートチャージ機能もあるので便利です。

そして下記の取引でWAONポイントをどんどん貯めていけるのも、イオン銀行キャッシュ+デビットの利点です。

■イオン銀行キャッシュ+デビットでWAONを貯める方法

  • 買物200円ごとに1WAONポイント
  • オートチャージ200円ごとに1WAONポイント
  • イオン銀行を給与振込口座に指定して毎月10WAONポイント

さらにWAONが貯まりやすい日が毎月あるので、うまく活用するとお得にポイントを貯めることができます。

たとえば、毎月5の付く日は買物で貯まるWAONポイントが2倍になる「お客さまわくわくデー」、毎月10日は5倍になる「ありが10デー」です。

貯まったWAONは、1WAON=1円としてキャッシュバックされるので、使えば使うほどお得になっていきます。

イオングループのお買物優待

イオンモール

他にもイオン銀行キャッシュ+デビットには、イオンモールやマックスバリュ、ビブレなどのイオングループ店舗で買物をする際の優待があります。

■イオン銀行キャッシュ+デビット イオングループのお買物優待

  • ときめきポイントがいつでも2倍
  • 毎月20日・30日は5%オフ
  • 55歳以上の会員は毎月15日に5%オフ

イオン銀行キャッシュ+デビットで決済をすると、WAONと同じように200円ごとに1円ときめきポイントが貯まります。

さらに特定の提携店舗で支払いをすると、このときめきポイントが常に2倍貯まります。

■ときめきポイント 2倍対象店舗(一部)

  • イオン
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • グルメシティ
  • ウエルシア薬局
  • ミニストップ

貯まったときめきポイントは、1ポイント=1円としてオンラインショップで使えたり、他社ポイント(マイルやdポイントなど)や金券、景品などに交換できる独自ポイントです。

他にも、ときめきクラブの優待加盟店でイオン銀行キャッシュ+デビットを利用すると、お店ごとに2~3倍のときめきポイントを貯めることもできます。

■ときめきポイント 優待加盟店例(一部)

  • 日本航空(JAL)
  • 近畿日本ツーリスト
  • コスモ石油
  • ワタミグループ
  • アート引越センター

ときめきポイントが貯まるメリット以外に、イオン銀行キャッシュ+デビットはイオングループ優待カードの役割もあります。

たとえば、CMでも有名なイオンお客様感謝デー(毎月20日・30日の買物が5%オフ)も、イオン銀行キャッシュ+デビットを利用、もしくは提示することで適用されます(WAON支払もOKです)。

ショッピングセーフティ保険がある

コップ

イオン銀行キャッシュ+デビットで購入した商品が破損・盗難・火災によって焼失してしまった場合、下記条件内でイオン銀行が保証してくれます。

■イオン銀行キャッシュ+デビット ショッピングセーフティ保険の条件

  • 1つの商品につき5,000円~50万円
  • 購入から180日以内
  • 年間上限50万円

※原則、商品購入時のお客様控えが必要です

注意が必要なのは、WAONで支払うとショッピングセーフティ保険の対象外になることです。

5,000円以上の大きな買い物をする際は、デビット決済にしておくと安心です。

一部の商品は保証対象外の場合もありますが(貴金属など)、日常で使う商品はほとんどが保証してもらえるので安心です。

イオン銀行のデビットカード、どちらがおすすめ?

考える男性

冒頭でも触れた通り、イオン銀行のデビットカードには、イオン銀行キャッシュ+デビットイオンデビットカードの2種類あります。

名前が似ているこの2種類のデビットカードの主な違いは、発行できる年齢国際ブランドです。

それぞれの特徴から、おすすめの人も異なってきます。

■イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカードの違い

種類 イオンデビットカード イオン銀行キャッシュ+デビット
年齢 18歳~ 15歳~
審査 あり なし
国際ブランド Visa JCB

イオン銀行キャッシュ+デビットが15歳から審査なしで作れるのに対し、イオンデビットカードは18歳から審査に通った人のみ発行できるというやや高めのハードルがあります。

これは、イオンデビットカードに残高不足の時のバックアップサービスがあることも大きな理由です。

会計時に預金残高が不足している場合、10万円までイオン銀行が立て替えをすることで支払いができるというサービスです(→参考:残高不足でも支払いができるデビットカードがあるって本当?)。

このクレジットカード要素の強いサービスを行っているので、立て替えた金額を後払いで支払えるかどうか(支払い能力)を審査します。

また、イオン銀行キャッシュ+デビットの国際ブランドがJCBなのに対し、イオンデビットカードはVisaです。

デビットカードを海外で使う機会が多いなら、海外シェアNo.1のVisaブランドであるイオンデビットカードの方が便利かもしれません。

以上から、それぞれのイオン銀行のデビットカードがおすすめの人は下記のとおりです。

■イオン銀行キャッシュ+デビットがおすすめの人

  • 15歳からデビットカードを持ちたい人
  • 審査なしでカードを発行したい人
  • 国内メインで利用する人

■イオンデビットカードがおすすめの人

  • 18歳以上の人
  • 残高不足の時も支払いができるよう備えたい人
  • 海外でもデビットカードを利用する人

一方、もしイオンデビットカードの条件に魅力を感じる人の中で、クレジットカードを持つことに抵抗がない人は、イオン銀行のクレジット一体型キャッシュカードもおすすめです。

イオンカードセレクトと言い、イオンカードセレクトと同じく18歳以上から発行できます。

デビットカードより優待内容も充実しているので、イオン銀行ユーザーの多くがイオンカードセレクトを利用しています。

イオン銀行 関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る