公共料金の支払いにも!デビットカードを使った節約術まとめ

公共料金

デビットカードを上手く活用して節約する方法。

公共料金や携帯電話の支払いは、銀行口座振替やコンビニ払いの他に、カード払いを選択できます。この、カード払いは原則としてクレジットカードのことを指していて、デビットカードは対象外でした。

なぜなら、銀行口座からの即時支払いであるデビットカードは、銀行口座にお金がなければ支払いができないため、毎月継続して発生する取引については使えないルールがあったからです。

例えば、電気料金や水道料金、携帯電話代などはすべて、毎月継続して発生するものです。だからこそ、利用金額に応じてポイントが貯まるクレジットカードなどで支払うと得をするわけですが。。。

しかし、現在は徐々に月額料金の支払いにも、デビットカードが使えるようになって来ています。

水道代や電気代もデビットカードで

以前お伝えした内容は、以下のページで確認できます。
携帯や公共料金も!毎月定額料金でもデビットカードが使えるようになってる

ジャパンネット銀行のデビットカードを使うと、携帯電話料金やネットの月額課金、ガソリン代や新聞代、そして水道光熱費も含めて支払うことが可能です。

デビットカードの大きなデメリットが解消されたことで、現在はクレジットカードとほとんど変わらずに、どのような支払いにも対応できます。

楽天銀行デビットカード(JCB)の場合も同じく、さまざまな場所でデビットカードによる支払いが可能です。下記の表では、デビットカードとクレジットカードだけが唯一、すべての支払いに対応していますね。

公共料金の支払い可否

特に、楽天銀行デビットカード(JCB)は、デビットカードの中でもポイント還元率が高く、利用額に対して1%の還元が得られます。(楽天市場では2%還元)

つまり、

これらをすべて楽天銀行デビットカード(JCB)経由で支払うようにするだけで、年間支払い額の1%が、楽天スーパーポイントでバックされる計算です。

すべてを合計するとおそらく平均で20万円程度にはなりますから、1年で2,000円相当の楽天ポイントが貯まるわけです。

ポイント還元率はクレジットカードに負ける

楽天銀行デビットカード(JCB)はやや例外ですが、基本的にデビットカードのポイント還元率は、クレジットカードに劣ります。

ですので、入会審査はありますが、クレジットカードでの支払いでも気にならないようでしたら、個人的にはクレジットカードの方がよりお得だと思います。

最近は年会費無料で使えて、しかもポイント還元率が高いクレジットカードが増えています。姉妹サイトで年会費無料のカードだけを集めたサイトがあるので、もしよければのぞいていってください。

賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集

なぜ、デビットカードはポイント還元率が低いのでしょうか。その答えは、デビットカードとは?知っておきたい3つのメリット・デメリットという記事に書きましたが、クレジットカードはカード会社が、デビットカードは銀行が発行しているからです。

また、与信審査のあるクレジットカードは、リボ払いやキャッシング、分割払いといった利息による収入が期待できるため、その収益性にともなってポイント還元率も上がるということです。

まとめ

公共料金や携帯電話料金は、誰もが毎月支払っているお金です。

節水や節電をしたり、携帯電話はLINEで通話するなど、利用料金を下げて節約する方法もあります。しかし、カード払いを組み合わせることで、さらに大きな節約に繋がります。

公共料金の支払い方法をお得度順に並べると、

1位:クレジットカード
ポイント還元率は一番高い。しかし入会に審査が必要。また、使いすぎると支払いが困難になる可能性があるので避ける方も。
→詳しくは年会費無料クレジットカード大全集へ。

2位:デビットカード
クレジットカードよりもポイント還元率は劣るが、楽天銀行デビットカード(JCB)のように高還元のカードも。種類によっては年会費が必要になるものがあるので注意。銀行口座の範囲内でしか使えないのでクレジットカードよりも安全、原則として審査も不要。
→詳しくはカード一覧ページへ。

3位:コンビニ支払い・銀行引き落とし
現金払いと同じで、ポイントなどは付かない。

となります。

イオンカードセレクト