普及率はやや微妙かも?代表的なジェイデビットの加盟店リスト

ジェイデビット

デビットカードには、大きく分けて2つの種類があります。

どちらも、カードをで支払いをした瞬間に、銀行口座から引落が実行される「デビットカード」としての仕組みは同じです。

しかし、VISAデビットはクレジットカードブランドとして有名な「VISA」が展開しています。
特徴としては、VISAカードが使えるお店なら、リアル店舗でもネットでも、基本的にはどこでも使えるため、非常にシェアが広いです。
VISAカードが使えるお店で利用できるため、海外に行っても活躍の場が大きいメリットもあります。

一方で、ジェイデビット(J-Debit)は日本独自の規格で「日本デビットカード推進協議会」が展開しているサービスです。
使える場所が国内に限定されている他、ネットショッピングでは使えません。
その普及率を考えても、VISAには劣る影の薄い存在となっているのが現状です。

主なジェイデビット加盟店リスト

ジェイデビットの加盟店を調べてみると、2014年4月の時点で28,282件がヒットしました。

しかし、VISAデビットはローソンやセブンイレブンなど、「VISAカード」が使えるお店なら基本的にどこでも使うことが可能です。全国のセブンイレブンとローソンの店舗数を足しあわせただけでも、約27,000店舗になることから、ジェイデビットが使えるお店の数がいかに少ないかわかります。

ちなみに、ジェイデビットは主要なコンビニエンスストアでは使えないほか、大型チェーンのスーパーでも店舗によって使える・使えないが分かれるため、私たち消費者としても気軽に使いにくいというのが本音です。

ここでは、ジェイデビットの主要加盟店をリストアップします。

コンビニ・スーパー・百貨店

書店

旅行・ホテル

自動車・運輸

家電量販店

などなど。

ジェイデビットのメリットも

ジェイデビットとVISAデビットの違いにもう一つ大きなポイントがあります。
それは、「家電量販店などで発生するポイント還元率」の違いです。

例えば、一部の家電量販店では現金払いの場合はポイントがフルに付きますが、クレジットカード払いだと還元が減ってしまいます。

しかし、ジェイデビットを使って支払いをした場合に限っては、デビットカード払いでも「現金払いと同じ扱い」となるため、ポイントは全額付きます。

なぜこのようなことが起こるのかというと、実はVISAデビットはシステム上「クレジットカード扱い」となってしまうためです。

ちょっとしたことですが、「デビットカード=現金払い」とカウントされるのは、ジェイデビットの隠れたメリットと言えますね。

▼J-Debitで最も代表的なのはゆうちょ銀行のキャッシュカードです▼

イオンカードセレクト