デビットカード活用法

【体験記】コンビニではじめてデビットカードを使って買い物してみた

デビットカード体験記

デビットカードを一度も使ったことがない管理人。
実際にどのような感じで買い物をすればよいのか、デビットカードを使って体験してみました。

今回使ったのはジャパンネット銀行のVISAデビットです。
現在、ジャパンネット銀行のすべてのキャッシュカードには、デビット機能が付いています。

デビットカードを使ってわかったこと

実際にデビットカードを使って感じたこと。一言で言うと「すごく楽しい」です。

財布の中の小銭を探すことなく、一瞬で支払いが完了するのでお世辞抜きでかなりおすすめです。

1件目:ローソン

ローソン

私「VISAデビットでお願いします
ローソン店員「VISAですね!

と、勢い良くカードを通してもらったのですが。。

カードを何回通してもエラーが出る。そしてようやく気づいたのは、「デビット機能のついてないジャパンネット銀行の旧カードを持って行っていた」こと。。。

ジャパンネット銀行は2013年12月以降、すべてVISAデビット機能がついたキャッシュカードを発行しています。しかし旧カードにはデビット機能は付いていません。

1件目は私のミスで違うカードを持って行ってしまい、デビットカードを使った支払いはできませんでした。。。

ただし1つわかったことは、VISAクレジットカードだろうと、プリペイドだろうと、デビットカードだろうと、すべて「VISA」で統一されていることです。

つまり、店員さんには「デビットカードで」と言わず「VISAで」といえばOKです。

店員さんには「デビットカード」と言わず、「VISAでお願いします」と伝えましょう。

JCBデビットを使う場合は「JCBでお願いします」と伝えます。

2件目:セブンイレブン

セブンイレブン

ようやくデビットカードを使った買い物ができました。

暗証番号やサインは一切不要で、カードをレジに通した瞬間にレシートが発行されて支払いが完了するので、5秒もあればお会計が終わります。

このスピード感はまさに「感動」の一言。

私は普段、電子マネーで支払いをすることが多いのですが、電子マネーよりも現金で払うよりも、デビットカードでの支払いが1番スピーディーです。(クレジットカードも同様で、小額の支払いについては暗証番号やサイン不要とのことです)

そして、セブンイレブンでの支払いが終わった直後、すぐにスマートフォンで明細が確認できます。デビットカードを使って買い物をしたことがすぐ記録されます。

  • カードを利用したとのメールが届く
  • 銀行の取引明細に記録される
  • デビットカードの取引明細に記録される

銀行明細
こっちが銀行の取引明細です。支払い後、携帯ですぐに見ることができます。

デビットカードの取引明細
こちらがデビットカードの明細です。どこで使ったか?が記載される「利用店名」と金額が書かれています。

取引明細はスマホですぐに確認できます。

1日の利用額を決めておく「使いすぎ防止の設定」もできるので安心です。

3件目:ガスト

ガスト

VISAデビットカードは、VISAが使えるお店なら基本的にどこでも使えます。なので、コンビニでもファミレスでも、使えるシーンはとても多いのがメリット。

ガストで使ったところ、またもやエラーが。。。

今回のエラーの原因は「店員さんがカードを入れる方向を間違った」のが原因でした。

ジャパンネット銀行のデビット機能付きキャッシュカードは、右から入れるとキャッシュカードとしての利用、左から入れるとデビットカードとしての利用となります。

つまりカードを入れる方向を間違えると、当然エラーが出ます。

現状、店員さんは「デビット機能付きキャッシュカードの扱いに慣れていない」ので、間違えてカードを逆に入れてしまうケースも多いと思います。

カードを逆に入れても、エラーが出るだけなので二重請求などの心配はありません。

デビットカードは二重請求が多いと言われます。しかし、きちんと返金してもらえるのでご安心を。

二重請求の詳細は「デビットカードで二重引き落としが発生した時の対処方法」で解説しています。

▼デビットカードはセキュリティ面でも安心して使えます

使ってわかったメリット・デメリット

買い物

実際にデビットカードを使って買い物をしてみた結果、まとめると以下のようになります。

■メリット

  • 支払いスピードが尋常ではないぐらい速い
  • お会計が終わったら携帯ですぐに明細が見れる
  • 「VISAで!」と言えばたいていの店で使える

■デメリット

  • 店員さんがカードを入れる方向を間違えてしまうことも

個人的には、電子マネーをかざすよりも速いことがわかったのは収穫でした。

普段、現金で支払うことが多い人にとって、デビットカードは新しい支払い方法として、大変メリットが大きいのではないかと思いました。

以前は「デビットカードは定額の支払いに使えない」という問題もありました。

しかし現在はこの問題は解消されており、デビットカードでもクレジットカードと同じように定額支払(携帯電話の通信料や水道光熱費など)に使えます

公共料金の支払いにも使いやすいデビットカードについては「公共料金の支払いにも!デビットカードを使った節約術まとめ」で詳しく解説しています。

また、最近は楽天銀行デビットカード(JCB)のように、ポイント還元率の高いデビットカードも登場しています。

楽天銀行デビットカード(JCB)は年会費無料で使うことができ、カード利用金額に対して1%の楽天スーパーポイントが獲得できます。

楽天市場での利用ならポイントも2倍となり、デビットカードとはいえクレジットカードに劣らないスペックを誇っています。

デビットカードは16歳以上の方なら誰でも持てるので、未成年のカード支払い手段として利用されることも多いです。

▼今回使ったカードはこちらです▼

関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る