デビットカード活用法

なぜかあまり普及しないマスターカードデビットカードの存在

mastercard

デビットカードといえば、VISAデビットが圧倒的に有名です。
また、国内ではゆうちょ銀行のキャッシュカードなどで採用されている「J-debit」も比較的知られています。

現在、国内ではVISAが加速的にシェアを伸ばしている状況ですが、実はクレジットカードではVISAのライバルとなる、マスターカードもデビットカードを発行しています。

MasterCardが発行する「デビットマスターカード」は、国内のMasterCard加盟店はもちろん、世界でもネットでも使えます。VISAデビットに続いて、利便性は高いです。

デビットマスターカードの特徴

デビットカード

通常のデビットカードと同じく、使った分だけ即座に登録先の銀行口座からお金が引落されます。

マスターカードが使えるお店ならどこでも利用可能なので、コンビニやスーパーでも使える場所は多いです。

また、VISAデビットで導入されている「補償制度」も完備しています。デビットマスターカードでは、「ゼロライアビリティ制度」と呼ばれる補償サービスが付帯します。

万が一デビットカードが不正利用された場合でも、請求がキャンセルされ、不正利用された金額を補償してくれるので安心です。

なぜか普及しないマスターデビット

考える女性

MasterCardは、クレジットカードの世界では「VISAかMasterCardか?」というぐらいの2強として知られています。

しかし、デビットカードではVISAが圧勝しており、デビットマスターカードは国内ではまったくと言っていいほど普及していません。(使っている人を見たことがありません)

基本的に、デビットカードは銀行と提携して成り立つ場合が大きいので、もしかすると銀行側がMasterCardと提携するよりもVISAと提携した方が旨味があると考えているのかもしれないです。

VISAブランドのデビットカードは続々登場

住信SBIネット銀行VISAデビットカード

マスターカードとは対象的に、VISAはデビットカードの発行に積極的です。

ここ数年で多くの銀行がキャッシュカード一体型のデビットカードを発行しましたが、そのほとんどがVISAブランドとなっています

デビットカードは未成年でも持てる安心・安全な設計になっているため、キャッシュカード一体型で普段から持ち歩いて使えるのがポイントです。

また、即時引き落としで使えるので、未成年がゲーム課金用に使っていることも多いです。これまでクレジットカードを敬遠していた方でも、VISAデビットカードならネット通販や海外旅行でも安心して活用できます。

ネット銀行が発行しているVISAデビットカードの中では、「住信SBIネット銀行VISAデビットカード」が人気です。

住信SBIネット銀行のVISAデビットカードは、カード利用金額に対して0.6%のキャッシュバックが受けられます。

年会費無料で使えるため、はじめてデビットカードを使う方にも使いやすい一枚です。

JCBもデビットカードを発行しはじめた

楽天銀行デビットカード

VISA、MasterCardと続けば次に候補に上がるブランドは「JCB」でしょう。JCBカードは国産のクレジットカードブランドとして知られています。国内では高いシェアを誇っており、海外でも最近は使えるお店が増えてきました。

そんなJCBカードですが、デビットカードの発行にも力を入れ始めています

これまでのVISAデビットカードにはなかった、「年会費無料」「高いポイント還元率」を打ち出し、すでに楽天銀行がJCBデビット機能付きのカードを発行しています

楽天銀行デビットカード(JCB)はクレジットカード並の高ポイント還元率を誇っており、初めてデビットカードを持つ人にもおすすめです。

楽天銀行デビットカード(JCB)の特徴
  • カード利用金額に対して1%のポイント還元
  • 楽天市場でのお買い物ならポイントは2倍に
  • キャッシュカード一体型で使えて年会費無料
  • 盗難補償つきで普段使いでも安心

原則として審査不要で、16歳以上の方であれば誰でも発行してもらえます。学生がゲーム課金をする時にデビットカードを使う流れも出てきており、若い方を中心に利用率が広がってきています。

こちらの記事もおすすめです

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る