デビットカードの比較

海外で使えるデビットカードを比較してみた結果わかったこと

海外

デビットカードは、海外でも使えます。というよりも、海外ではクレジットカードよりもデビットカードの方が普及率が高いです。

海外旅行に行くとよく、このようなシーンに遭遇します。

  • カードを使って買い物をしたい
  • ATMから現地通貨を引き出したい

このような時に、ほとんどの人はクレジットカードを使います。しかし、デビットカードでも同じようなことができます。

デビットカードの仕組みはこちらで説明していますが、もちろん、私たちの銀行口座からリアルタイムに使った分の金額だけが引き落とされるので、借金にはなりません

海外の場合だと、クレジットカード支払いならまだしも、ATMから現金を出金すると「海外キャッシング」と言って借金になってしまいます

「どうしても借金はしたくない!」という方も多いと思いますが、そういう方にとってはデビットカードを使った海外ATMの利用がおすすめです。

デビットカードにはいくつかの種類があります。海外で使うのであれば、VISAデビットが最も使えます。

海外で使えるVISAデビット

VISA

海外旅行に最も役立つデビットカードは、VISAデビットです。多くの銀行がVISAと提携し、VISAデビットを発行しています。

銀行によっては、入会費・年会費無料で使えるところもありますし、利用金額に応じてポイントが貯まるケースもあります。

VISAデビットは、国内・海外のVISAカード加盟店ならどこでも使えます。海外でもVISAの普及率は圧倒的ですから、利用できるお店は非常に多いです。

海外ATMを使う場合は、「VISA」または「Plus」マークの付いているATMでVISAデビットが使えます。

海外通貨を出金した瞬間に、あなたの銀行口座からその金額が引き落とされるので、借金にはなりません。海外キャッシュカードに似ています。

海外で使うならソニーバンクウォレットがおすすめ

ソニーバンクウォレット

海外で使えるVISAデビットで、特におすすめなのが、ソニー銀行の発行している「ソニーバンクウォレット」です。

ソニーバンクウォレットは、ソニー銀行のキャッシュカードと一体型で、口座開設と合わせて申し込めます。

年会費は無料ですので、めったに海外旅行に行かない人でも、国内でデビット機能を使ったり、銀行キャッシュカードとして使えます。

ソニーバンクウォレットの最大のメリットは、「外貨預金口座にある外貨を、手数料無料で直接支払いに充てることができる」という点です。

外貨から直接支払いできる通貨

円・米ドル・ユーロ・豪ドル・ポンド・NZドル・カナダドル・スイスフラン・香港ドル・南アフリカランド・スウェーデンクローナ

例えば、ソニー銀行の場合、為替手数料15銭で米ドル預金ができます。(会員ランク「Club S」の最高ランクになると、為替手数料は4銭まで下がります)

15銭の為替手数料を支払って、円預金口座から米ドル口座に資金を移しておきます。

そして、アメリカやハワイ、グアムといった海外旅行で、ソニーバンクウォレットによるデビットカード支払いをします。

すると、手数料無料で「米ドル口座からの引き落とし」によって支払いができるようになります。

一般的に、クレジットカードを海外で使うと、数パーセントの手数料がかかります。この手数料はソニー銀行の為替手数料と比較して高くなることがほとんどです。

また、空港などの窓口で両替をする場合、為替手数料は100銭程度になることが多く、こちらもソニー銀行と比較して割高です。

海外ATMから現金を出金する場合

海外ATMから現金を出金する場合も、ソニー銀行のVISAデビットカード「ソニーバンクウォレット」で行えます。

ソニーバンクウォレットでは、外貨預金口座を持っている場合、海外ATMで現金を出金すると、1.76%(税込)の手数料がかかります。

一般的に、クレジットカードの海外キャッシングなどは、2%~4%の手数料がかかることも多いです。

海外ATMで現地通貨を出金する場合で比較しても、ソニーバンクウォレットの方が割安です。

▼ソニーバンクウォレットの詳しい情報はこちらの記事をご覧ください

種類の少ないMasterデビット

mastercardとcirrus

マスターカードが提供しているデビットサービスが「マスターデビット」です。

Masterデビットは、世界各国のマスターカード加盟店であれば、原則としてどこでも使うことが可能です。

海外ATMで現地通貨を引き出す場合は、「MasterCard」または「Cirrus」のマークがあるATMを使います。

マスターカードはVISAと並んで普及率が高いクレジットカードです。当然、海外でも役に立ちます。しかし、国内でマスターデビットを発行している銀行は今のところ存在していないです。

つまり、手に入れたくても手に入らないので、マスターデビットは今のところ海外に持って行くには適していません。

Jデビット

J-debit

Jデビットは、日本が作ったデビットカードの仕組みです。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードなどに搭載されているのですが、正直言って普及率は高くありません

銀行口座からの即時引落という仕組みは、VISAやMasterと同じです。しかし、国内でも使える場所は限られているため、人気は薄いです。

そしてもちろん、海外では全く使えません

デビットカードを使ったら海外で買い物ができたり、海外ATMから現地通貨が引き出せるからと言って、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持って行っても役に立ちません。

海外キャッシングが嫌な人におすすめ

海外ATM

海外でATMを使って現地通貨を引き出す方法は3つあります。

  • 海外キャッシング
  • デビットカード(即時引落)
  • 海外キャッシュカード

いずれも所定の手数料がかかります。短期間での利用を想定しているのであれば、この中で一番安いのは、実は海外キャッシングです。

海外キャッシングには金利が付くので、返済が遅れると手数料は膨らみますが、短期間で返済するなら一番安くなります。

しかし、「借金は絶対に嫌、海外キャッシングも使いたくない」という方はやはり多いです。そのような場合は、デビットカードによる即時引落か、海外キャッシュカードを使うことをおすすめします。

この2つで比較すると、デビットカードの方が手数料が安いです。また、海外キャッシュカード(国際キャッシュカード)はあまり普及しておらず、デビットカードを使って現地通貨を引き出す方法の方が一般的です。

▼海外キャッシングに関する情報はこちら(姉妹サイト)

ネット銀行が提供するデビットカードの一覧はこちら。

ネット銀行 デビットカード一覧

こちらの記事も読まれています

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る