動画で見る!3分で理解するデビットカードの使い方や利用シーン

デビットカードの使い方

デビットカードの使い方はクレジットカードと同じく、店員さんに提示するだけです。

注意点としては、J-debitの場合は「デビットカードでお願いします!」と言えばOKなのですが、VISAデビットカードの場合は「VISAでお願いします!」と言った方が良いということです。

なぜなら、VISAデビットカードを知っている店員さんはまだ少ないので、「デビットカードで!」と言ってしまうと、店員さんがJ-debitによる支払いと間違ってしまい、その場でエラーが出てしまいます。

逆に、VISAデビットカードは、クレジットカードのVISAカードが使える端末なら基本的にどこでも使えるので、店員さんがクレジットカードだと思ってVISAの端末にカードを通しても、問題なくデビットカードでの支払いが完了するわけです。

利用シーンはさまざま

VISAデビットは、VISAカードが使えるお店なら基本的にどこでも使えます。
コンビニやスーパー、レストランなど、すでに多くのお店でVISAが普及しているので安心です。

デビットカード(特にVISAデビット)は、

といったメリットがあります。
チロルチョコを買う時にクレジットカードを使うと嫌な顔をされてしまいますが、デビットカードなら全然問題ありません。なぜなら、デビットカードは「現金払いと同じ」なので、元々そういった小額の支払いで使われるものだからです。

どこでも使える

(音声が出ないのがちょっと味気ないですが…)、ジャパンネット銀行が発行しているJNB VisaデビットカードのCM動画です。

コンビニや食事、はたまた競馬でも、VISAデビットカードは使えます。
デビットカードには、もう一つ「J-debit」という種類があるのですが、こちらは普及率があまり高くないので、やはり主流はVISAデビットになると思います。

ネットでの利用もOK

VISAデビットカードの場合は、店舗での利用だけでなく、ネットでも普通に使えます。ネットショッピングやネットスーパーなどでも、「現金払い」ができるのです。

ネットショッピングやネットの有料サービスを利用する時、多くの場合はクレジットカード支払いにしか対応していません。良心的なところだと、銀行振込にも対応していますが、銀行振込だと時間がかかりますし、振込手数料も発生します

しかし、デビットカードの場合は「すぐに商品が買える」、「振込手数料がかからない」といったクレジットカードのメリット+現金払いの恩恵が受けられるので、ネットでも活用しやすいです。

ATMに行く機会が減る

デビットカードは店舗でもネットでも使える便利な「現金払い」のカードです。
よって、デビットカードによる支払いを日常的におこなっていると、「現金を使うシーンがほとんどなくなる」という状態になります。

財布の中の現金がほとんど減らないので、必然的にATMに行く機会が減ります。
すると、ATM手数料を支払う必要がなくなったり、現金を下ろすためにATMに並ぶ必要がなくなり、とても楽です。

未成年や学生でも利用OK

クレジットカードには「18歳以上・学生不可・収入がある方のみに発行」という条件が付いています。しかし、デビットカードの場合は銀行口座の残高の範囲でしか利用できない仕組みなので、「15歳以上・学生OK・収入がない主婦や無職でもOK・審査なしで発行」というメリットがあります。

15歳ぐらいの子どもの場合、現金を持たせるよりもカードを1枚持たせた方が、利用明細がわかるので計画性の面でメリットがありますし、安全面においても良いと思います。

家計簿変わりに使える

デビットカードは、その場ですぐ銀行口座から利用金額が引き落とされます。
そして、すぐに利用メールが届き、明細にも記録されるのです。

特に家計簿をつけている主婦の方だと、レシートをとっておくのが面倒ですよね。
しかし、デビットカードの場合はいつでもWEBで明細が見れるので、「いつどこで何にいくら使ったか?」をパソコンや携帯ですぐにチェックできます。

カード払いでも現金払い以上に計画的な利用ができる、それがデビットカードの魅力の一つだと思います。

イオンカードセレクト