使うほど貯まるデビットカードのポイント還元は本当に魅力的なのか

ポイント還元率

一部のデビットカードは、利用金額に応じてポイント還元があります。
クレジットカードでよくあるポイント還元と内容はほとんど同じなのですが、デビットカードの場合は「キャシュバックによる還元」が多いという特徴があります。

ポイント還元」という点について考えた場合、デビットカードは本当に魅力的だと言えるのかどうか、メリットやデメリットをまとめてみました。

デビットカードにポイント還元は期待できるのか?

デビットカードのポイント還元には、メリットとデメリットの両方が混在しています。

ポイント還元率は低い

まず、クレジットカードと比較するとポイント還元率は低いです。
クレジットカードの場合は、1%はあたりまえ、場合によっては3%相当のポイント還元をしてくれるものもありますが、デビットカードのポイント還元率は1%なら良い方です。

後払いシステムであるクレジットカードは、簡単に言うと借金(その時お金がなくても物が買える)です。当然、「お金がなくても買える」状態の方が流通金額は大きくなるので、カード会社は儲かりやすくなります。だから、顧客にポイントを多めに還元しても問題ないのです。

それに対してデビットカードは、「今、銀行口座にあるだけのお金」しか使えないので、流通金額はクレジットカードに劣ります。よって発行会社の利益も小さくなり、ポイント還元も行いにくくなります。

デビットカードにはポイント還元が一切ないものも存在するので、「ポイント還元があるカード」というだけでも、デビットカードを選ぶ上での重要な部分になります。

また、最近は楽天デビットカード(JCB)のように高ポイント還元率のカードも登場しています。

利用用途に困らない

デビットカードのポイント還元は、キャッシュバックで行われることが多いです。
クレジットカードの場合だと、

といったデメリットがあります。
ポイント還元率の高いカードを持っていても、使う機会が少なければポイントは貯まることなく、いずれ失効してしまうのです。

それに対してデビットカードの場合は、たとえ小額でも使えば、次月にキャッシュバックによって還元されるので、ポイントの有効期限や使い道に困りません

クレジットカードと同じく、貯めたポイントを商品交換によって消費するデビットカードもありますが、デビットカードの場合はキャッシュバックで対応してくれるカードが多いのが嬉しいです。

J-debitは現金扱い

デビットカードはクレジットカードのような後払いシステムではなく、「現金払い」と同じです。よって、一部の家電量販店など「ポイントカードがあるお店」でデビットカードを使った場合、現金払いと同じだけのポイントが付くメリットがあります。

一部の家電量販店ではクレジットカード払いするとポイント還元率が減少する。

現金・J-debitでの支払い:10%還元

クレジットカードでの支払い:還元率が減少

しかしこれは今のところ、ゆうちょ銀行キャッシュカードなどについている、「J-debit」だけで適用されており、VISAデビットカードは端末の関係上、クレジットカード扱いとなり、ポイントカードの還元率も悪くなってしまうので注意が必要です。

イオンカードセレクト