高額な買い物にも使える!Visaデビットカードを使うときにサインは必要?

サイン

Visaデビットはどうやって使えばいいの?

デビットカードの中でも最も代表的なVisaデビットは、基本的にクレジットカードの支払い方法と同じです。ならなら、Visaデビットは全国のVisa加盟店で使えるため、システム上はクレジットカードと同じ扱いになっているからです。

デビットカードはあなたの銀行口座に利用金額相当の預金がなければ使えません。しかし、銀行預金さえあれば、高額な買い物にも使えます

店頭での合言葉は「Visaでお願いします。」これでカードを店員さんに渡せばOKです。

小額の場合はサイン不要

【体験記】コンビニではじめてデビットカードを使って買い物してみたに書きましたが、小さな買い物であればサイン不要な場合が多いです。

暗証番号もサインも入力せずに、店員さんがあなたのカードをリーダーに通したらすぐ、レシートが出てきます。特にコンビニやスーパーではこの方式が普及しているので、小さな買い物でもデビットカードが使えます。

100円の買い物でクレジットカードやデビットカードを使ったら、暗証番号やサインをする手間がかかってしまい、後ろに並んでいる人に迷惑をかけてしまうのではないかと思っている人、多いと思います。

しかし、小額支払いの場合はカード払いが最速です。

高額の場合はサインか暗証番号を入力

基本的な支払い方法はクレジットカードと同じです。「小額」の範囲を超えた場合の支払いには、伝票へのサインか、4ケタの暗証番号を入力します。

サインは日本語でも英語でもなんでも構いません。真似されないように自分しか書けないようにサインするのが理想ですが、現在は筆跡鑑定などもあるので、普通にフルネームで名前を書けばOKです。

暗証番号はVisaデビット発行当初に決めた4ケタの番号です。

サインと暗証番号はお店のシステムによって異なるため、指定された方法で行います。

ネット通販で利用する時

Visaデビットはネット通販でも使えます。

オンラインショッピングの場合は、カード番号や有効期限、名前など、必要事項を入力します。すべてどこにどの番号を入力するか、画面に案内が出ているので初めての方でもつまづく部分はないと思います。

いかがでしたか

Visaデビットの利用には、

の3つのパターンがあります。
サインを求められた時は、普通にフルネームで名前をすれば問題ありません。

イオンカードセレクト