デビットカードのQ&A

Visaデビットカードの引き落とし先口座を変更することはできますか?

支払い

クレジットカードと同じく、Visaデビットカードでも引き落とし先の口座を変更したい時があると思います。

しかし、デビットカードは銀行が発行しているため、銀行口座との結びつきが強いのも事実。デビットカードにおいて、引き落とし口座の変更は可能なのでしょうか?

結論から言うとできません

バツ

残念ながら、デビットカードでは引落口座の変更はできません
これは、どこの銀行でも共通だと思います。

クレジットカード
カード会社が発行しているので、引き落とし口座を自由に変更できる。例えば、楽天カードの請求は、必ずしも楽天銀行で行う必要はない

デビットカード
銀行が発行しているので、楽天銀行デビットカードの請求は、楽天銀行の口座で行う必要がある。引き落とし口座の変更はできない。

引き落とし口座が制限されるのは、デビットカードのデメリットの一つと言えます。

引き落とし口座が変更できないデメリット

悩む男性

具体的なデメリットとしてこのようなことが考えられます。

例えば、あおぞら銀行が発行するデビットカード「あおぞらキャッシュカードプラス」は、年会費無料で使うことができ、更にポイントも貯まります。

年会費無料で使えるデビットカードは意外と少ないので、あなたはあおぞらキャッシュカードプラスに魅力を感じ、カードを発行したとします。

しかし、もしあなたが普段から使っている銀行があおぞら銀行でない場合や、近所にあおぞら銀行の窓口がない場合は、何かと使い勝手が悪くなってしまいますよね。

また、普段よく利用する銀行のデビットカードを使ってみたところ「年会費が有料だった」というのもよくある話です。

引き落とし口座が自由に選べない場合、「普段使っている銀行ではないので使い勝手が悪い」「普段使っている銀行のデビットカードは年会費が有料」という2つの問題が生じてしまいます。

では、

  • 年会費無料で使えるVisaデビットカード
  • 銀行としても使い勝手が良い

この2つの条件を満たす銀行を考えてみると、やはりおすすめできるのは「ネット銀行の発行しているデビットカード」になると思います。

年会費無料で使えて使い勝手の良いカードは?

買い物

仮に北海道に住んでいる人が、いくら沖縄銀行のデビットカードが良いからといってカードを作っても、近くに店舗がなければ使い勝手は悪いですよね。。。

そういう意味で、全国どこに住んでいても高い利便性を提供しているネット銀行は、デビットカードの選択肢として真っ先に考えられます。

以下のカードはいずれも「利便性が高く」「年会費無料で」「お得に使えるデビットカード」です。

ファミマTカード

ファミマTカード

ジャパンネット銀行がファミリーマートと提携して発行しているVisaデビットカード。ファミリーマートをはじめとするTポイント加盟店で威力を発揮する、ポイント還元率の高いデビットカードです。

Tポイントの還元率は最大2.5%とクレジットカード並。しかも年会費は無料で15歳から持つことができます。

ジャパンネット銀行は、自社でもデビットカードを発行しています。現在、ジャパンネット銀行のキャッシュカードすべてにデビット機能を付けているくらいなので、そのセキュリティと保証制度はお墨付き。

もし私がVisaデビットカードを一枚選ぶとすれば、このカードを選ぶと思います。

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行は、VisaデビットとJCBデビットの両方を発行しています。

しかしその中身は全く別物で、楽天銀行デビットカード(JCB)はポイント還元率が非常に高いことで評判です。

しかも年会費無料で使えるので、もしあなたが楽天銀行をメインで使っているなら、JCBブランドのデビットカードを選ぶことをおすすめします。

JCBデビットカードは、全国のJCB加盟店で使えるので、コンビニやスーパーを始め、利用可能な店舗は多いです。(もちろんネット通販でも使えます)

気になるポイント還元率は、通常で1%還元、楽天市場などのグループサイトで使った場合は2%還元となり、デビットカードの中でもトップクラスです。

ちなみに、この還元率はクレジットカードの楽天カードと同等。クレジットカードは18歳以下の方は持つことができませんが、楽天銀行デビットカード(JCB)は、16歳以上の方なら持つことが可能です。

イオンデビットカード

イオンデビットカード

知名度はあまり高くないのですが、イオン銀行もデビットカードを発行しています。イオン銀行なら、全国のイオンモール店舗内に窓口やATMがあるので安心です。主婦層の方を中心に、イオン銀行の口座は普段から活用しているという方も多いと思います。

イオンデビットカードを選ぶメリットは、最近では珍しい紙の明細書を発行してくれることです。最近はWEB明細が中心なので、どこの銀行も紙の明細がもらえないケースが多いです。

しかし、イオンデビットカードでは紙の明細を発行してくれるので、どうしても明細は紙で保管したいという方にとってもおすすめです。

イオンデビットカードは年会費が一切かかりません。また、利用金額に応じてポイントもたまるので、使いやすいVisaデビットカードの一つだと思います。

ネット銀行の口座は1つ持っておくと便利

自動入金サービス

ネット銀行が発行するデビットカードの多くが、

  • 年会費無料
  • お得な特典がついている

という条件を満たしています。

また、一部のネット銀行は「自動入金サービス」を提供しているため、毎月一定金額をメインバンクからネット銀行に移動させることができます。

自動入金サービスは、手数料無料で使えるため、毎月のデビットカード利用額相当を自動入金サービスで設定しておけば、「メインバンクからネット銀行に資金移動 → デビットカード利用額引き落とし」という流れが作れます。

この方法を上手く使うことで、給与振込口座やメインバンクがネット銀行でない方でも、お得なネット銀行デビットカードを使うことができるのです。

次の記事は「手数料無料の定額自動入金サービスが使える銀行リスト!住宅ローン借り換えに」です。

自動入金サービスが使えるネット銀行について詳しく解説します。

デビットカード関連記事

この記事と関連するページ